エンジニアの悩み 全て答えます

エンジニアに限らず、ビジネスマンとして働いている方には仕事に対する悩みというのは尽きないと思います。どうしたら年収を上げることが出来るのか?どうしたら会社から評価される人材になれるのか?どうしたらお客さんに信頼してもらえるのか?など様々な悩みがあると思います。

また、エンジニア特有の悩みとしては技術周りでの悩みや、プロジェクトのメンバーとのコミュニケーションの取り方など、こちらも様々な悩みがあると思います。

やはり、悩みがありながら仕事をしていては最高のパフォーマンスは発揮しづらいので、悩みを解決した状態で仕事をしたいものです。そこで、今回はそんなエンジニアの皆さんの悩みに全て答えます。

Q:単価が上がりませんどうすればいいですか?

A.単価アップを目指して交渉する

現在の仕事に対しての単価に不満足している方は多いと思います。これは会社員の方もフリーランスの方もそうだと思います。しかし、単価は黙っていて上がることは少ないです。自ら単価アップを目指して交渉する必要があります。

フリーランスの方はお客さんに指定された単価でお仕事を請け負う場合が多いと思います。しかし、自分で単価アップの交渉をしない限り、単価は上がりません。

一般的に単価はお客さんの会社の財務状況と、その人が持っているスキルに寄ります。

業績の良い企業でしたら、システム開発に大きなお金をさけるため、高品質なシステムを開発できるスキルの高いエンジニアの方にお仕事の依頼がいきますし、仕事の単価も高いです。

一方で、業績の悪い企業でしたら、システム開発に大きなお金をかけられずに、品質を落としてでも安くシステム開発をしたいと思うはずです。そうすると、スキルが高いエンジニアでも低い単価で仕事を請けることになってしまいます。

また、自分自身のスキルとして、開発ができるだけでは単価アップに繋がりにくいです。プロジェクトマネージャーとして、現場のSEの要員管理やコスト管理、メンバーのマネージメントや、お客様とのコミュニケーションなどができると、プロジェクトの最も上流工程を担当することになるので、単価が上がりやすいです。

以上見てきたように、お客さんとして業績が良く、システム開発にお金をさける企業を見つけ、同時に自分自身のスキルが高い状態で仕事を請け負うことが単価アップでは大事になってきます。その状態で、単価アップの交渉をお客さんに持ちかけることが大事です。

Q:このままSEを続けていて良いでしょうか?

A.自分自身のスキルを高めることが出来れば、続けても心配なし

SEを続けようか迷っている人は多くいると思います。そのようにSEを続けるか迷う理由は人それぞれで様々な理由があると思います。

よくあるSEを続けようか迷う理由としてはSEの職が安定しているのかどうなのかという不安があると思います。結論から言うと、SEは今後ますます人手不足となる職業であり、需要に対して供給が追いつかない状態となるので、不安定ではないと言えるでしょう。

現在では、複数の企業が一人のエンジニアを奪い合う状態が続いており、この傾向は今後ますます強くなっていくと予想されています。

特にITの分野では、AI,VR,AR,IoTなどの分野がトレンドとなっており、これらの分野では研究開発が進んでいますが、一向に製品やソフトウェアの開発や設計をするSEは足りていない状況にあります。

また、アナログで行っていた作業がデジタル化し、機械に代替する作業もSEが担うことになります。例えば、単純なデータ入力作業を機械に代替する等です。

このような案件は数多くあるもののSEの数が足りていない状況にあります。ただ、継続的に案件を受注したり、待遇の良い企業に転職するためには自分自身のスキルが非常に大事になってきます。そのため、しっかりとスキルを上げるための取り組みをしていれば安定は自ずと掴めると言えるでしょう。

気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more