Salesforceの資格を徹底解説 何から始めれば良いの?

エンジニアとして働いている方は働く上での自分自身のキャリアについて考えてたことある方が多いと思います。キャリアアップの方法としては様々なものがあります。一番のキャリアアップの方法としてはエンジニアとしての技術力を上げることでしょう。

現在は人手不足で多くの企業がエンジニアを採用しようとしており、一人のエンジニアを4社や5社が奪い合っている状態と聞いたことがある方が多いと思います。しかし、企業が求める技術力を持っていなければ、企業からオファーを貰える可能性は低いです。そのため、エンジニアとしての技術力を上げることはキャリアアップにおいて非常に大事になってきます。

ただ、自分自身の技術力をどうやって企業が評価するのかと疑問の方がいると思います。企業が求人者を評価する方法は面接の中で技術の質問を問うことで判断するという方法が多いですが、一方でどのような資格を保有しているのかということも見られます。

資格を持っていることよりも実務経験が重要だと言う方もいるかもしれませんが、資格はある程度の技術は理解しているということの証明になるので、相手からすると求職者の能力を図る際に非常にわかりやすい指標になります。

特にSalesforceを用いて開発をしている方が自分自身の技術理解力を証明するために有効な資格がSalesforceが提供する資格となります。今回はこのSalesforceの資格に関してどのような試験なのか? どういう対策をすれば良いのか? 持っているとどう役に立つのか? という点に関してお伝えします。

Salesforceの資格とは?

Salesforceの資格とは、アメリカ合衆国カルフォルニア州に本社を置くSalesforce社が提供する資格となっています。Salesforce社は顧客関係管理ソリューション(CRM)を中心としたクラウドコンピューティングサービスを提供する企業となっています。

Salesforce社の製品ラインナップは多岐に渡り、「見込み客の開拓や新規顧客の獲得、スピーディな商談成約から、スマートな営業、カスタマーサービス、マーケティングまで、さまざまな側面からビジネスの革新と成功をサポートします」と公式ホームページには記載されています。ビジネス面で様々なソリューションを打ち出しています。

近年では、Salesforce社のソリューションを利用してアプリケーション開発をすることが多くなっています。というのも、Salesforce社のソリューションを利用することで、既存のテンプレートを利用し開発をすることで、短時間での開発を実現でき、また一般的なシステム開発に比べて初期費用が少なく済みます。

また、Salesforce社の信頼できるデータセンターを利用することで、セキュリティ面での不安もないですし、ITについて詳しくない方でもUIの変更を画面上ですることができるので、非常に利用しやすいシステムとなっています。

そのため、Salesforce社のソリューションは至るところで使われており、アプリケーション開発でSalesforce社のソリューションを利用する場合はSalesforceの資格を持っておいた方がお客様から信頼されやすいと言えるでしょう。

Salesforce社の資格は範囲が広く、様々な知識を持っていなければ合格することが難しいと言われています。また、Salesforceの資格は基本資格と上位資格に分かれています。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more