1
/
5

RPAエンジニアって何? 必要なスキルを解説します

この5年くらいで急速に注目が集まっている、RPA(Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション)。完全にブームが来ています。

特に日本はRPA先進国で、世界のRPAベンダーの売り上げのうち25%が日本市場、単純計算でRPAを導入している企業の4社に1社が日本企業という状況です。AIやIoTは米国が中心ですが、RPAは日本が中心という声も聞かれます。実際、NTTグループのNTTアドバンステクノロジの「WinActor」など、日系企業の製品開発も活発です。

このようにRPAへのニーズが高まるにつれ、注目を集めている職種があります。それは、ずばり「PRAエンジニア」です。今回は、そんなRPAエンジニアについてご紹介いたします。

目次

1. RPAとは?

2. RPAエンジニアとは? どんなスキルが必要?

3. 未経験でもRPAエンジニアになれる?

4. RPAエンジニアの将来性は?

5. まとめ:RPAエンジニアはコンサルティングスキルが重要

RPAとは?

RPAエンジニアについて、ご紹介する前に、そもそもRPAについてご紹介いたしましょう。

RPAのRはロボティック、つまり自動化ですが、RPAの本質は「人間がマウスとキーボードを使って操作していたパソコンの操作を、自動的に再現してくれるアプリケーション」です。ただ操作を再現するだけでなく、プログラミングやAIを組み合わせて“既定を満たす数値のときは[OK]をクリック、満たさないときは[却下]をクリック”といった動きを付けることも可能です。

日本でRPAは流行するきっかけになったのは、メガバンク三行が相次いでRPA導入成果を公表したことです。銀行では“間違いなく処理”していくことがもっとも重視されます。お金を扱う以上、正確無比な業務が求められるのは当たり前ですよね。

とはいえ、どれだけ気を付けていても、人間は失敗する生き物です。そこでヒューマンエラーを防ぐ仕組みとして、RPAが注目を集めたのです。

銀行業界第4位のりそな銀行では、一歩進んでRPAとリンクするロボットアームの導入を行っていることが明らかになっています。従来、PRAに伝票などの紙資料を読み込ませるのに、人間がスキャナー(OCR)の操作をする必要がありましたが、このロボットアームのおかげで、その作業も自動化し、まったく人手を必要としないRPAを実現できるとのことです。

金融機関以外でも、「繰り返しエクセルの出力結果を加工する」だとか「経費申請を許可または却下する」など日々の定型業務の負担を減らす特効薬として、各業界で導入が進められています。

RPAエンジニアとは? どんなスキルが必要?

RPAについて理解できたところで、いよいよRPAエンジニアについて説明いたします。RPAエンジニアとは「RPA導入・構築・運用に特化したエンジニア」です。

RPAも結局のところ、一つのシステムです。他のシステム、例えば、androidアプリの開発や、お店の会計ソフトの導入と、RPAの導入との間でプロセスの違いはありません。そのプロセスは以下の通りとなります。

クライアントの話を聞いて、どういうRPAにするのか考え、要件定義(基本方針の確定)をします。

要件に合うように設計します。

設計内容に問題がなければ、実際に作ってみます。

作成後、テストをしてみます。

テスト結果に問題がなく、お客様とも合意できれば納品します。

必要に応じて、納品後、お客様が使っていく中で、なにかあればサポートします。

このようにプロセスに分けて考えると、RPAエンジニアのスキルは、次の3つと言えそうです。

A)クライアントがどういう課題を抱えていて、RPAでどういう風に解決できるか考えるコンサルティングスキル。

B)実際にRPAを開発するテクニカルスキル。

C)クライアントが実際に使っていて感じた疑問や課題に応えるサポータースキル。

気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more