とある銀座のBarが自分の人生を変えたお話

私が写真のどこにいるか当ててみて下さい!笑顔が素敵な男性です!w


社員恒例の入社ブログに私の順番が回ってきたので、入社から4ヶ月経った今の思いも含めて記事を書いていきます。

私がITプロパートナーズに入社した理由を先にお伝えすると
①圧倒的に自己成長ができる
②人材紹介業
この2つが入社理由に該当すると思います。

本日は、どの様な経緯で上記の思考にたどり着いたのかをお話できればと思います。

私は社会人4年目の年でITプロパートナーズに中途入社しました。
大学卒業後、新卒入社した会社は200名規模のベンチャー企業で、毎日300件以上のテレアポは当たり前。泥臭く営業力を身につけるために、日々自分磨きと思い、目の前の業務に真正面から向き合ってきました。
しかし入社して3年が経つ頃、ある程度成果も残せ、マネージメントも経験していましたが、ふと「このままの自分でいいのかな」と思うようになりました。成長が止まっているように感じたのです。

また、同時に「自分がやりたいことは何だっけ」とじっくり考えるようになり、少しずつ新しい道を模索し始めました。このタイミングしか無いだろうと思い、自分が「本当にやりたいこと」に向き合い、本気で自分の将来について考えました。
そして、自分の人生を振り返った時に、

【一期一会】

私の座右の銘でもあるこの言葉が頭をよぎりました。
そして考え抜いた先に、

『人を繋ぐ』『人に繋いでもらう』

この連鎖があって今の自分が存在するのだ、という結論に至ったのです。
「目の前にいる人の幸せを自分が作り出したい!」
「身近な人から自分に関わる人、自分に関わってくれたその先にいる人全てを幸せにしたい!」
そう思いました。
元々人が好きということもあり、転職をするなら人に大きく関われる人材業界で働きたいと徐々に転職の方向性が固まっていったのです。

・・・・・


転職活動は約4ヶ月かかりました。人材業界を軸としながらも、そうではない業界も見たり、大手企業からベンチャー企業、幅広い視点で様々な企業を約20社ほど見ました。

そのなかで何故ITプロパートナーズに入社を決めたのかというと・・・


代表の木村と初めて話した時に、自分は絶対ここに行くべきた!と感じた、それに尽きます。


人材を扱うの企業は数えきれないほどあるけれど、ここに行けば、私が求めている環境が全て揃っていると思ったからです。「成長が止まっている」そう感じていた自分の不安は、この環境でやりきれば払拭される、そう思いました。

【圧倒的に自己成長ができる】

ITプロパートナーズはそう思える環境ばかりでした。
まだまだ30名規模のITプロは、仕組みという仕組みが出来上がっていないアーリーフェーズの会社。
自ら動いて会社の仕組みを作ったり、自分の出した成果が会社の成長に直結したり、そんな厳しい環境で、自分がどこまでやれるかをチャレンジしたいと思いました。
自分が圧倒的に成長できる環境はここだ!既に1回目面談で心は決まっていました。

・・・・・


早く入りたい!そう思っていたのに、その後なんと合計4回も面接をしました(笑)
4回って面接多いな!!!!!と心で思いながらも、不思議なことに面接を重ねるごとに、より一層入社して早く働きたいという気持ちが大きくなっていきました。
それは、面接で出てくる人出てくる人がみんないい人だったから。(ここで少しゴマをすっておきます)



・・・冗談は置いておいて、社員全員が持っているビジョンが一緒で、意思統一がされている会社だと思いました。誰に会ってみても、目指す方向が一緒でした。


【ITプロパートナーズとの出会い】

ここで皆さんが気になっているであろう、タイトルに触れていきたいと思います。
実は、ITプロパートナーズに出会えたのは、あるBarでの出会いがきっかけだったのです。
当時、その店は名前もない小さなBarでした。(今は正式にお店の名前決まってます)そのBarで知り合った、二人のエージェント(大手人材会社出身)がITプロパートナーズを繋いでくれたのです。今振り返ると、あの時そのBarに行ってなかったら、ITプロパートナーズと出会えてないので、私の人生は「人の繋がりでできている」心の底から思います。

そんな私の転職支援をしてくれたお二人に一貫して言えることは、とにかく「本気」!
自分の人生のように、本気で私の転職に向き合ってくれました。人の為に、ここまで出来る人はそうそういないと思います。まだまだ二人の足元にも及ばないですが、対等、そしてそれ以上に活躍出来る人材になりたいと思って、日々の業務に向き合っています。

まずは一番の恩返しとして、ITプロパートナーズで圧倒的な成果を出すことで「りょうたを支援して良かった!」そう言ってもらえるようにここから右肩上がりに成果出して行きます!そして、何より私の入社を歓迎してくれた、ITプロパートナーズの皆さんに楠田(だっくす、くっすー)を採用して間違いなかった!と思っていただけるように頑張ります!

最後に


ITプロパートナーズには6つのバリューがあります。

・圧倒的な当事者意識
・家族に誇れるサービス
・尊敬と感謝
・本気でぶつかる
・個人の成果 < チームの成果
・挑戦者への賞賛


特に私が入社して感じているのは
【圧倒的な当事者意識】【本気でぶつかる】
こちらです。全社員が同じベクトルで動いております。

この記事を読んでいただいて何か感じる方がいらっしゃれば、積極的に仲間を探しておりますのでご連絡下さい!



応募お待ちしております!!!

株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)'s job postings
とある銀座のBarが自分の人生を変えたお話
Ryota Kusuda
株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ) / インサイドセールス
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more