1
/
5

ローレンス・レッシグの『CODE』からエンジニア視点で考える、これからのKitchHike【社内勉強会レポート】

こんにちは!KitchHikeの新米インターンエンジニア、mihoです。

週1で開催される社内勉強会。今回は、サーバーサイドエンジニア・小川が講師を担当した会に参加しました。本稿では、その様子をお伝えしたいと思います。

勉強会のテーマは「レッシグの『CODE』から考えるKitchHike」。最初は「レッシグって誰?コードって、いつも書いてるやつのこと…?」という状態でしたが、エンジニア視点でKitchHikeを深く考えられる良い機会になりました!

▼講師:小川の紹介

▼今回の参考図書

*最新版としてVERSION2.0もあります。

『CODE』でレッシグが主張したこと

著者でありハーバード大学の法学教授であるローレンス・レッシグ。彼は法学者でありながら民主主義を体現しており、「クリエイティブ・コモンズ(CC)」の創設者の一人としても有名です。その彼が、自由なインターネット(サイバースペース)にこそ、法規制が必要だと主張しています。

『CODE』が発行されたのが2001年。「再読したところ、20年近く経った今でも参考になる点が多かったので勉強会のテーマにしました。」と、小川は言います。

ここで追加で紹介されたのは、レッシグの定める規制の4つのモードです。
そのうちの1つが、表題にもなった「コード」なんですね。


参考までに、「たばこ」を例にあげて、喫煙を規制する場合を4つのモードで考えてみましょう。

①法律....年齢により喫煙を禁止する法律を制定する。

②規範...喫煙はマナー違反であると提唱し、社会的ルールとする。

③市場...たばこの価格を高額にする。

④アーキテクチャ(コード)...喫煙スペースに鍵をかける、などの物理的・環境的な制約を設ける。*インターネットにおいては、コードでこのような環境を構築する。

以上を踏まえ、レッシグはサイバースペースでのコードによる規制は強固で、見ず知らずのうちに行われ得るものだと指摘します。例えば、SNSのフィードを考えても、どうフィルタリングされているのか自分では把握していないことってありますよね。つまり、コードを書く側の都合で、ユーザーが意図しないフィルタにかけられている可能性があると言うのです。

コードは法律に比べて透明性がない。だからこそ、法による規制が必要なのです。

KitchHikeに置き換えてみると?

*KitchHike「みんなの食卓」に集まったCOOKとHIKERのみなさん

コードによる規制は、インターネットユーザーを「生かすこと」も「殺すこと」もできるものです。

例えば、KitchHikeではユーザーさんにFacebookアカウント認証を推奨しています。こうすることで、COOKとHIKERは事前に会う前にお互いのことを知ることができ、安心してPop-Up(ごはん会)を開催・参加することができます。

これもコードによる規制の一例と言えますが、これは最も正しい方法といえるのか?最適解は、時代とともに常に変化しています。私たちはその変化に合わせて試行錯誤をしながら、コードを書く必要があると思いました。

今後さらに、ユーザーが増えていくKitchHike。1人でも多くのユーザーさんに気持ちよくサービスを利用してもらえるよう、私たちはどんなコードを書くべきなのか。私もエンジニアの一人として、KitchHikeのこれからを考えるきっかけになる、とても有意義な勉強会でした!

************************

KitchHikeでは現在、一緒に未来を変えたいメンバーを募集しています!ご興味をお持ちの方はご連絡くださいね。お待ちしております!

インターンエンジニア
腹が減ってはコードは書けぬ。腹ぺこな第二期インターンエンジニア募集!
【2019年12月にMistletoe・MTG Ventures・OPENSAUCEから、2.5億円の資金調達を完了しました】 キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"コミュニティサービスです。 イメージしてください。 自分たちの創ったサービスが、 毎日この世界のどこかで誰かが使っていて、その人楽しませている。 キッチハイクは2013年に始まって、いまでは毎日誰かが使っているサービスになりました。 ■「食べるのが好き!で集まろう」 食べ歩きが趣味になるグルメアプリ「キッチハイク」を運営しています。 ▼キッチハイク https://kitchhike.com/ ■2019年12月にMistletoe・MTG Ventures・OPENSAUCEから、2.5億円の資金調達を完了した急成長中のスタートアップです。少しでも興味を持ってくれた方はお気軽にご連絡ください! ▼ 採用向け会社紹介スライド https://speakerdeck.com/kitchhike/recruitment
株式会社キッチハイク
Railsエンジニア
食のスタートアップで世界と自分を健康にしたいエンジニア募集!
【2019年12月にMistletoe・MTG Ventures・OPENSAUCEから、2.5億円の資金調達を完了しました】 キッチハイクは、博報堂メディアパートナーズ出身の山本雅也と、野村総合研究所出身の藤崎祥見が創業した、“食でつながる暮らしをつくる"コミュニティサービスです。 イメージしてください。 自分たちの創ったサービスが、 毎日この世界のどこかで誰かが使っていて、その人楽しませている。 キッチハイクは2013年に始まって、いまでは毎日誰かが使っているサービスになりました。 ■「食べるのが好き!で集まろう」 食べ歩きが趣味になるグルメアプリ「キッチハイク」を運営しています。 ▼キッチハイク https://kitchhike.com/ ■2019年12月にMistletoe・MTG Ventures・OPENSAUCEから、2.5億円の資金調達を完了した急成長中のスタートアップです。少しでも興味を持ってくれた方はお気軽にご連絡ください! ▼ 採用向け会社紹介スライド https://speakerdeck.com/kitchhike/recruitment
株式会社キッチハイク
株式会社キッチハイク's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings