1
/
5

KUJIRA Interview #9 「ただ仕事ができる大人より楽しくカッコよく働いてる大人になりたい」

今回は、入社するまで自分に自信が無かったという小林昂太さんにインタビューしてきました。

どんなひと?

ー簡単に自己紹介をお願いします。

大阪市立大学経済学部を卒業し、現在入社3年目の小林昂太です。

ー大学ではどんなことしてましたか?

ほとんど勉強しかしていなかった大学生活だったと思う。積極的にゼミ活動を頑張り始めたのも3回生くらいからだし。あとは、1回生の時に社会問題に対して討論するサークルに入ってたけど1年で辞めたし、本当に思い返すと4年間通してひたすら真面目に講義受けてたな(笑)

ーちょっと突っ込んだ質問です!何でサークルを辞めたんですか?

サークルを辞めたのは、社会問題に関心はあったんだけどただ討論するだけじゃ何も変えられないし、実際に行動してみないと分からないなと思ったから。

ーインターンを始めたきっかけを教えてください。

もともと自分に自信がなくて、このまま社会に出てやっていけるんかな?と2回生の頭ぐらいから考えてたから。そこから色々調べて2回生の夏ぐらいに休学して留学して、海外インターンもやっちゃおうと考えていたけど、自分に自信がなかったからやっぱり国内で経験を詰んでから海外に行こうと思った。それで国内のインターンを探し始めて、2回生の秋ぐらいからIT系の会社でインターンをし始めた。そこの会社の新規事業に代表の矢野さんも関わっていて、その縁もあってクジラでインターンを始めた。

こんなことやってました!

ーインターン中の業務を教えてください。

インターンを初めて半年くらいで会社の通帳を渡されて、会社のお金の管理を任された。あとは、売上の確認や取引先への支払い、会計ソフトへの入力もやった。当時、事業にこんなに大きな額のお金が動いてるんだと驚いたし、学生からすると普段扱えないような金額を取引先に振り込んだりもして、毎回かなり緊張したのを覚えてる。今でも緊張するけどね。他人がまとめたPL(損益計算書)やBS(貸借対照表)をもとに会社のことを議論するのではなく、実際に動いているお金を管理したことで、会計や会社におけるキャッシュフローの感覚を身につけさせてもらった。数えきれないくらい失敗もしたけど。

ーインターン中に1番頑張ったことを教えてください。

んーあんまり思いつかないかな、頑張ってはいたけどね(笑)めちゃくちゃこれ頑張りました!っていうのが結局思い出せないんだけど、率先してやるってところは頑張ってた。結構誰かがやってくれるんじゃないかなっていうのが、仕事でもサークルでも学生団体とかでもあると思うんだけど、インターン中は自分でボールを取りに行くことをすごく大切にしてた。



ーインターン中に1番印象に残ってることを教えてください。

月に1回インターン生同士の投票で選ばれる月間MVPがあるんだけど、このMVPに選ばれたことと、初めて矢野さんに銭湯に連れて行ってもらった時に、無給から有給インターンに昇格したと聞いた時かな。当時の心境としては、どう頑張ったらいいんかな?とか仕事って何なんやろう?ってもやもやしながらがむしゃらに頑張ってて、「これって本当に意味あるんかな」とか、「これって本当に頑張れてるんかな」とかを考えていた中で周りに認めてもらえたんだと感じてすごく印象に残ってる。

ーさきほど自分に自信がないと仰っていましたが今ではそんな風に全然感じません。変われたきっかけは何ですか?

自分のよりどころを知ったことかな。クジラは個性を活かす仕事の任せ方をしていて、実際チームで仕事する中で「この人はここが得意なんだな」とか「ここが苦手なんだな」とわかったり、「自分が得意な部分ってここなんだ」とか、その時はすごくぼんやりだけど見つかった。それで、自分のどこをよりどころにすればいいのかわかったのが、きっかけとして大きかったかな。当時は頑張っていたけれど、自分にはスキルないしとかマイナスな事ばっかり思ってたから。でも、クジラは多様性や個性を大切にする会社だから、チームで働いたり、矢野さんからフィードバックをもらう中で自分の芯となる部分が見えてきた。

ークジラのインターンで楽しかったことは何ですか?

チームを組んで仕事をして、仕事以外の時間もすごく大切にしてること。俺自身元々、日常に娯楽が無くても全然大丈夫なタイプだったけど、クジラは休みの日に遊びに行ったりすることが多くて、色んな時間の過ごし方にこだわってるから、そこが自分とってはすごく新鮮で楽しかったかな。



入社してみて

ー何でクジラに就職したんですか?

今でこそ言語化できてるけど、当時は内定もらった所に就職することにすごくもやもやしてた。で、大きく分けると3つあって、1つ目は困りごとを解決する仕事に関わりたかったから。もちろん大手企業も世の中に対して価値を生んでるんだけど、便利なものをより便利にしている会社が大半で、クジラは誰もやらないところに着手してるっていうのが、インターンを通して矢野さんと長い時間を過ごして伝わってきた。2つ目は俺が入社したときに社員は6人しか居なくて、尊敬してる矢野さんと近い位置で時間を過ごせると思ったから。最後は、ただ仕事ができる大人になりたいというよりかは、「楽しくカッコよく働いている大人になりたい」と思ってたから。

ー実際に入社してみてどうですか?まずは今の業務内容を教えてください。

結構色々な業務をやってるかな。今はSEKAI HOTELの全体のことを見てる。あとは、富山にSEKAI HOTELを出す準備をしたり、フランチャイズ事業に取り組んでる。細かく言うと、売り上げの管理をしたり、現場のオペレーションの改善や新しい提携店のことやイベントを考えたりしてる。SEKAI HOTELの目指すべき姿に近づけていく作業が中心になってくるかな。

ーやりがいを感じるときはどんなときですか?

昔、すごく小さかった事業や会社がある程度しっかりとした形になって、いろんな方に喜んでもらえるモデルになっていると感じたとき、やりがいを感じる。ただ単にSEKAI HOTELに泊まってもらってお客さんだけに喜んでもらうんじゃなくて、地元の人にも喜んでもらえるし、投資家の方や関わってくれてる人たち、このモデルっていいよねってところから社会的な側面に目を向けてくれる人が増えているとき、この事業をやっていて良かったと思うね。

ーお仕事していく中でどんなことを心がけていますか?

自分は世の中に価値を生みだせているのかなとか、自分が今やっていることは本来の目的をとらえられているのかなとか立ち返るようにしてる。常に考える事は意識してる。考えてるようで過去のパターンにあてはめてるだけだったりするから。

ーSEKAI HOTELの魅力を教えてください。

意義のある事業を行っていること。あとは、部活っぽい感じなところ。学生の時の文化祭や体育祭の準備をしている感じ。良くも悪くも公私混同していて、誰かが失敗して落ち込んでたらみんなでカバーしたり、ご飯に行ったりとか、そういった時間の過ごし方を意義ある事業を行う中でできているってところが個人的には良いなって思う。


最後に!

ー学生にメッセージをお願いします。

色んな大人に実際に会ってみて欲しい。その中で、すごくカッコいいとか素敵やなと思った人と時間を過ごせる努力、そのコミュニティに入れる努力をしてほしい。人ってそんな簡単には変われないし、そこに答えは無いから。就活でも、インターンでも、学生生活でも、何でもしっかり自分の頭で考えて行動してほしいと思う。


過去のインタビュー記事



クジラ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう