1
/
5

なにをやっているのか

新卒・第二新卒・キャリアの方など、積極採用中!
多様な経歴の社員が在籍!地方創生の実現のために、『志』を持ってお客様や仕事に相対しています。
ITをはじめとする先端技術で地方創生の牽引役を目指している会社…それが私たちLASSICです。 場所に依存せず未来の明るい『仕事』を大都市圏から地方へ移管すること、そして新たに創り出すことにより『地方に雇用を生み出すミッション』に本気で取り組んでいます。 私たちは、過疎化が進み、地方が元気を失った主たる原因は「雇用」だと考えています。 地元では「やりたい仕事」「未来が明るい仕事」を見つけられないと思った若者が、次々と仕事を求めて地元を離れてしまったからです。地方に雇用を生み出せば、地元を離れる人も減り、地方へ移住できる人も増える。人が増えれば、財もサービスも増え、良い循環が生まれる。そうすれば、きっと地方は活気を取り戻していけると信じています。 そのためにLASSICは東京や大阪などの都心と地方を、人と企業を結び、雇用を生み出す様々なソリューションを展開しています。リモートワーク(遠隔開発)によるIT・AI等の先端技術を駆使したシステムインテグレーション事業や、企業に最適な人材を提案する人材紹介事業、特許も取得している感情解析技術を活用した次世代ソリューションの開発、自治体や企業の地方創生支援・ビジネス支援事業などがそれです。 LASSICは、2006年の創業以来、「リモートワークのリーディングカンパニー」「地方創生をビジネスで牽引する企業」を目指し、実績を積み重ねてきました。 今後も「ITで、地方創生」という理念のもと、人と企業、都心と地方を結び、日本の豊かな未来創造に貢献するために、企業として成長を続けています。 そしてそんな未来をともに創っていける仲間探しをしています。

なぜやるのか

代表取締役社長:若山幸司
副社長:西尾知宏
東京の大手企業で働いていた創業者は、地元・鳥取に帰郷するたび、活気がなくなっていくのを感じていました。地元のために何かしたい。子供たちが誇りに思う地元でありつづけてほしい。 誰もが、愛する土地で、心豊かに働ける日本を創るために。 創業時のこの「想い」は、LASSICを支える「志」として、会社に、LASSICで働く仲間たちに引き継がれ、さらなる成長への動機づけ(モチベーション)となっています。 LASSICの創業者が鳥取県でLASSICを創立した時、「日本で最も人口の少ない土地」で事業を行うことを疑問視する声もありました。しかしあえて鳥取県でIT企業を創業したのは、都会と地方との「リモートワーク」の可能性を探り、そのロールモデルを築く土地として、ビジネスの難易度が高い鳥取県はむしろ最適だと考えたからです。 今では、その鳥取で培った経験とノウハウ、実績と、完成度を高めたリモートワークのビジネスソリューションを、東北から九州まで広がる地方拠点から、都心のお客様へとご提供しています。 LASSICでリモートワークソリューションを提供するメンバーは、「働く豊かさ」を得ながら「地方移住」や地元に住み続けることを実現しています。リモートワークソリューションを提供することは、都心の人手不足を解消するだけでなく、地方の雇用創出にもつながっています。

どうやっているのか

鳥取本社(旧鳥取高等農業学校跡地をリノベーションして活用)
女性マネージャーも多数活躍!時短勤務や在宅勤務(テレワーク)を活用し業務量や勤務時間を調整している社員もいます!
地方に魅力的な雇用を増やすことを『地方創生』として定義し、場所に依存せず未来の明るい『仕事』を大都市圏から地方へ移管すること、そして新たに創り出すことにより『地方に雇用を生み出すミッション』に本気で取り組んでいます。 【事業内容】 ■システムインテグレーション(SI)事業 https://www.lassic.co.jp/recruit_career/ 運用保守に特化したIT資産運用のコンサルティングサービスを展開。創業の地である鳥取県から全国に拠点を拡張し、地方在住の優秀なITエンジニアを集めて、通信・生活インフラを支える巨大企業をはじめ、大手企業のIT資産運用を最適化するSIサービスを提供しています。 ■Remogu(リモグ)事業 https://remogu.jp/ リモートワーク特化型人材エージェントサービス『Remogu』を展開。全国のリモートワーカーと、大都市や地方の企業をつなぐエージェントサービスで、どこにいても仕事ができ、どこにあっても世界から人材を調達できる『選択できる社会』の創造を目指しています。 ■感情解析研究開発事業 ■地域イノベーション支援事業