1
/
5

日本未発売のAIカメラ AWS DeepLens で優秀な学生たちとキャッキャ(´∀`*)ウフフした話

AWS DeepLensはAmazonが開発者向けに作ったAIカメラです。去年11月にラスベガスで開催されたAWS re:Invent 2017で発表されて、気になっていた方も多いのではないでしょうか。

AWS DeepLens により、開発者は文字どおり完全にプログラム可能なビデオカメラ、チュートリアル、コード、および深層学習スキルを向上させるよう設計された事前トレーニング済みのモデルを使った深層学習を利用できます。
ハードウェア – 400 万画素のカメラ (1080P ビデオ)、2D マイクアレイ、Intel Atom® プロセッサ、デュアルバンド Wi-Fi、USB およびマイクロ HDMI ポート、モデルおよびコード用のメモリ 8 GB。

企画

9月にAWS DeepLensを使った二日間のインターンシップを開催しました。実は募集開始段階では、何をやるか深く考えていませんでした。それもそのはず、この時まだ現物が届いてもいなかったんです。CTO「今度、DeepLensっていうAIカメラが届くんですよー」「面白そー」「それでなんかやってみましょー」という見切り発車でした。そこから講師をしてくれた磯谷さんと「2日間でどんな事ができますかねー」みたいな打合せを何度かして、長期インターンのRuanちゃんがうまくまとめてくれた感じです。まだ学生なのにすごい能力です。


開催当日

まずはリンクバルにおけるAIチームの取組や成果を紹介。100万円の賞金を出してアルゴリズムのコンテストを開催した話(↓)や、今後の野望についても触れました。


続いてAWSDeepLensで何ができんの?って事でこの辺をおさらい。


ワークショップ風景



カメラは3台しかないのでみんなで仲良くシェアしました。


成果

顔が真っ黒に。ホントは顔部分にアニメ顔を乗せたかったそうですが、これはこれでインパクト大。これがモニタに移った瞬間、一同大爆笑でした。Ruanちゃんの顔だけ認識されず赤面。


こちらは人間の目を検知して該当箇所に黒塗りされます。顔を斜めにすると、ちゃっかり見えてしまうのはご愛敬(TOP画像)。こちらもRuanちゃんはなかなか顔認識されず、この後カメラの前から逃亡してしまいました。


これはアニメ風に変換しています。写真だと分かりにくいのですが、動きも滑らかで面白かったです。これを進化させたらイベントの中継みたいな事もできそうだと感じました。参加者は顔バレしないからプライバシーを気にしなくてよいし、視聴者はイベントの雰囲気が分かって楽しい。結果として、イベントへの参加意欲向上に役立てば素晴らしい事です。


これは手話(英語)を読み取ってSlackにメッセージを送ってます。なかなかの精度で識別~送信まで出来ていましたが、どうしても識別が難しい文字はありました。


こちらは人間の顔を判定し画像を保存、WebhookでSlackに通知を飛ばしています。テスト用のチャンネルを用意したのですが、ものすごい勢いで最初はスパムかと思いました。これを進化させたら過去にイベントで問題を起こした人物を検知したり、この情報を開催者へ通知する事も出来そうです。ユーザーの安心感UPになるでしょうか。


懇親会

最後はオシャレなおつまみとビールでお疲れ様。写ってないですがY君は懇親会中もビール片手にdeployを継続。最後まで名残惜しそうでした。参加者のみんなホントに超優秀でした。正直、半日×2日でここまでできるとは思ってなかったです。ぜひ、また遊びに来てほしいです。

リンクバルには、この半年くらいで超優秀な学生さんが長期インターンで続々と入っています。学生でもハイレベルな実務をじゃんじゃん任せます。見切り発車で成長したい方はぜひ。

株式会社リンクバル's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings