1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【メンバー紹介】「教育者に,教師とは本来何のために存在しているのかを考え直す機会を与える教師になりたい」

①自己紹介をよろしくお願いします!

こんにちは。2020年10月からモチベーションアカデミア自由が丘校に勤めております浜瀬理紗子と申します。主に、数学の個別授業と生徒の学習習熟度の基準となる診断ツールの作成などに携わっております。また、採用育成領域で、生徒と対峙したり組織をつくるメンバーを迎え、育てる仕事にも関わり始めています。

②現在モチアカで活躍されている浜瀬さんですが、どんな思いでモチアカに入社しましたか?

私にモチアカに入社するきっかけをくれたのは、大学のサークルの先輩でした。高校生のころから教員という仕事に憧れ、大学でのバイトはもちろん塾講師を!と思っていました。

そんなとき、モチベーションアカデミアを紹介してもらいました。アルバイトとしてではなく、指導スキルの習得のために塾講師を探していた私にとって、受験勉強に留まらず、その先を見据えたモチアカの理念はまさに「学校」に似ており、心にグッと刺さりました。また、入社後の研修が手厚い点も非常に魅力的で、ブランクに不安を感じることなく、安心して応募することができました。

入社に対する思いですが、入社前は、漠然と「いい講師になりたい」としか考えていませんでした。そうした漠然とした思いが、佐々木さんとの面接で、明確な「こうありたい」というイメージが生まれました。生徒の変革しか頭になかった私に、佐々木さんが「変革できるのは生徒だけではなく、教員も同じ。教員を変えることができれば学校が、学校が変われば、自分が教えられない生徒までも変革できる」と言ってくださり、心高鳴りました。この面接を通じて、「教育者に,教師とは本来何のために存在しているのかを考え直す機会を与える教師になりたい」という思いが生まれ、教科指導はもちろんのこと、教育者教育についてもモチアカで学ぼうという気持ちで入社しました。

③モチアカに入社される前はどんな活動をされていましたか?

モチアカに入る前は、飲食で3年間バイトさせて頂いていました。飲食で働いて学べたことは以下の二つです。

・相手の目線から物事を考える姿勢

→飲食業界において、お客様は神様だとよく言います。まさにその通りで、自分だったらどう思うは関係なく、お客様からみた世界が絶対なのです。そうすると、年齢層、お客様同士の関係、来店理由などがとても大事になってきます。お客様同士の関係や来店理由は、すぐには分からないので、会話内容や食事の速度から判断します。(従業員って意外に会話にそば耳立ててるんですよ笑)例えば、年齢は30代前半、男女二人、会話は敬語、男性はオシャレをしている、というお客様の場合、男性側がデートに誘っており、女性側と仲を深めようとしていることがうかがえます。その場合は、お客様の食べるペースよりも若干遅めになるように料理を出していきます。デートで緊張している時、食事のペースは速くなってしまいがちですが、ゆったりとした雰囲気で食事を楽しんもらいたいので、わざとゆっくり出すわけです。このようにお客様を観察する習慣をつけたことによって、相手の立場にたって物事を考える習慣が身に付きました。

相手の目線から物事を考える姿勢は、生徒指導であれば、生徒と自分とを切り離して考える習慣に結びついています。自分の経験に基づいた指導ももちろん大切ですが、生徒と自分は違う人生を歩んでいることを忘れず、生徒一人一人に寄り添った指導ができるように心がけています。

・手際

→私の勤めているお店は、かなり混雑することが多く、手際よくしなければ、仕事が終わりません。どの順番で仕事をこなせばよいのか、空き時間に早めにできることは何なのかなどを常に考えることによって、かなり仕事の手際が良くなりました。

手際は、日常業務の効率に結びついています。色んな日常業務をこなす上で、どの業務からすれば効率がよいのかを事前に考えてから業務に取り掛かるようにしています。こうすることで、同じ時間で、より多くの価値を世の中に生み出せるように頑張っています。

④モチアカでは現在のどのようなことをされていますか?

主に、数学の個別授業と、採用育成の仕事を行っております。

採用育成では、その名の通り、インターンの採用、及び育成を行っています。「モチアカの魅力を伝えるにはどうすれば良いのか」「インターンのモチベーションをいかにして上げていくのか」「研修をどうのように効率化いくか」などを日々議論しています。グループの方々が的確で建設的な議論を繰り広げているので、議論に参加して思考するだけでも、語彙力、異なる視野が入ってくるので、日々成長を感じています。

私は、まだ入社したばかりで、先輩方の背中をひたすら追いかける日々ですが、今後、モチアカの掲げている「自立型人材の育成」について徹底的に追求したいと思っております。私自身、将来、教師、生徒とも変革できる教師になりたいと思っているので、採用育成のお仕事では、対教師について。個別指導においては、対生徒について学んでいきたいと思っております。吸収できるものを貪欲に吸収していきます!



⑤浜瀬さんにとってのモチアカの魅力って何ですか?

モチアカの一番の魅力は、大学受験という枠を超えて、その先にある生徒の将来を見据えた教育をしていることです。

生徒一人一人に担任が付き、生徒が何を目指しているのかをもとに、今何をしなければいけないのかを探る。また、生徒の興味関心をもとにした研究のサポートを行うサービスや、外部から講師を招いて視野を広げる機会を設けたりと教科の学習を超えた学びを提供しています。

インターンの職場としての魅力は、成長できる機会が多くあるということです。バイトとして目的がなく入ってきている人がいないので、インターン生のレベルがとても高く、日々感化され続けます。また、インターン、社員関係なく、自分の意見が言える環境で、企画や運営などを任せてもらえるので、全力で仕事に向き合いたいと思えるし、それができる環境が準備されています。バイトとしてではなく、仕事として何かに全力で向き合いたい、成し遂げたいという人には絶好の環境です。


教育インターン(企画・講師)
点数より人生!自ら未来を切り拓くチカラを育む本気の伴走者、求ム!
「自立的・主体的に学ぶ個人を育て、支える」  私たちモチベーションアカデミアは、「社会で活躍できる人財を育む進学塾」です。 画一的な集団学力授業ではなく、ひとりひとりの夢や目標、抱える課題に合わせ、解決策を提示していく、「完全オーダーメイド型」の指導を行います。  様々な困難に向き合う生徒たちに親身に寄り添い、徹底的に向き合った上で「ひとり立ち」ができるようサポートするのが、モチベーションアカデミアの特徴です。  テストの点数向上はあくまで「通過点」。夢に向けてモチベーション高く日々を生きる…そんな個人をひとりでも多く世の中に輩出するために、弊社独自の技術「モチベーションエンジニアリング」を用いて、日々生徒に向き合っています。
株式会社モチベーションアカデミア
株式会社モチベーションアカデミアでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング