1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【PAJP記事】マカイラ 藤井宏一郎:パブリックアフェアーズで社会の停滞を解消する

マカイラ株式会社では、パブリックアフェアーズのコンサルティング以外にもパブリックアフェアーズに関するさまざまな事業を行っております。その1つであるパブリックアフェアーズ専門メディア「PublicAffairsJP(PAJP)」の人気記事をご紹介いたします。

【PAJP記事】マカイラ 藤井宏一郎:パブリックアフェアーズで社会の停滞を解消する

Q:パブリックアフェアーズ分野で活躍するには、どんなスキルが求められるのでしょうか?

A:どんな仕事でも、パブリックアフェアーズに全く絡まない仕事というのはほぼないかと思います。官僚、メディア、弁護士、議員、議員秘書、NPO・NGOのキャンペーン担当者、戦略コンサル、産業アナリスト、広報・メディアリレーションズなど、自分の仕事をパブリックアフェアーズだと認識している人はまだ少ないかもしれませんが、私は、みんな仲間だと思っています。

具体的には、当該産業のヴィジョンを描き、マルチステークホルダーがwin-winになる仮説を立て、法や制度を設計する。そのために、OSINT(open source intelligence、公開情報を解析して提言をまとめる)と、HUMINT(human intelligence、非公式の情報を得られる人的ネットワークを有する)の能力が求められます。

パブリックアフェアーズ専門メディア「PublicAffairsJP」
https://publicaffairs.jp/interview_kofujii_01/

こちらもご覧ください!

マカイラ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング