これから社会に出る若者には絶対に教えたくない、すぐに仕事ができそうに見えるビジネス用語

みんな、ごきげんよう。
別れの3月出会いの4月。来月から社会に出る勇敢な若者も多いだろう。

でもビジネスマン同士の会話は難しいもの。

「は?何言ってだこいつ」とならないよう、今からビジネスシーンに合わせた用語を覚えておこう!

さ、レッツスタディ!

会議室

「やあトム、ミーティングをはじめようか」
「やあジニー、すまない、少し外で待っていてくれないか?すぐ終わる」

にこやかに笑うトム。

「OK、もちろんさ」

5分後

「OK、ジニー入ってきてくれ。他のメンバーもだ」
「はは、相変わらず忙しいねトムは」
「すまないみんな。さっそくだが、今日のアジェンダを」

アジェンダ:ミーティングなどでの議題

「これが今日のアジェンダです」
「ふむ。君にアサインして正解だったよ、スミス。さっそくプレゼンを始めてくれ」

アサイン:割り当てる、任命する

「今日はこの新規事業についてです。マツリカはフルリモート可能な会社です。それを活かして、地方創生にリソースを割けないかと」

リソース:資源。この文脈だと時間やお金

「いいね。いやスミス、すまないが1つ前のスライドに戻ってくれないか?」
「失礼、こちらです」

黙って見つめるトム。しかし、特に何も言わない。

「よし、次に進んでくれ」
「……では次に」

5分後

「いいビジョンだね。けど、これはスケールするかな?」

ビジョン:将来のある時点でどのような発展を遂げていたか、成長していたいかなどの構想や未来像。またそれらを文章などで描いたもの。
スケール:由来はスケールメリット。スケールメリットとは、事業規模が大きくなることによって売っている商品やサービスの生産平均単価が小さくなること

「ベータ版登録者はすでに7000人です」

ベータ版:正式版を公開する前にユーザーに試用してもらうためのサンプル

「ユーザ7000人?東京都のとある離島と同じ規模だな。プライオリティ高めでもいいかもしれない」

プライオリティ:優先順位

「ではこれでフィックスを……」

フィックス:確定、固定、決定。ITエンジニアでは「修正」の意味を含む

「まってスミス、トム。これはジャストアイデアなんだが、もっとビジョンにバリューを付加価値としてつけてみてはどうだろう」

バリュー:価値・値打ち。対価

「そうだな、そのジャストアイデアは、ドラスティックにこの計画を変えてくれるかもしれない」
「そうさ。必ずシナジーを生むよ」

ドラスティック:改革的に、思い切った、劇的な
シナジー:相乗効果

「例えるならそう……コーヒーにミルクを入れるような、そんなものさ」
「アグリー。あとはユーザからコンセンサスを取るだけだね。そこはどうする予定だい?」

アグリー:同意する、支持する
コンセンサス:合意

「いい質問だね。けど、その疑問が果たして正しい疑問か、疑問に思うべきじゃないかい?」
「なんだって?」

苛立つトム。

「まあみなさん落ち着いて。いったん冷静になりましょう?ミスターナカタニもまだこのミーティングには来ていないのだし、ね?」
「ナナリーがそこまで言うなら」
「アグリーだ。しかしミスターナカタニが最後までこないようなら、このミーティングはまたリスケでもいいんじゃないか」

リスケ:リスケジュール。日程の再調整

「いや……あのっ「スミス、ちょっとストップ」
「え、はい」
「なあみんな、スミスが今から大事なことを言うから、ちゃんと聞くんだ。さ、スミス、続けてくれ」

「えっ、はい。このスライドを見ていただいてわかるとおり、プロジェクトのスキームは整っているはずです。まだまだイシューも残っているし、エビデンスに基づいたフィジビリを考えて、リバイズする必要もあると思います。しかし、私はどうしてもこのプロジェクトのローンチをしたい」

スキーム:枠組みを伴った計画
イシュー:問題、課題、論点
エビデンス:証拠
フィジビリ:フィジビリティスタディ。実現可能性
リバイズ:修正する
ローンチ:公開する、立ち上げする

「LGTM」

LGTM:Looks Good To Me. 俺的にOK

「ゼロベース思考のおかげだね、フレキシブルでいいサジェスチョンだ。エージも気に入ると思うよ」

ゼロベース思考:白紙の状態から考えること
フレキシブル:柔軟に
サジェスチョン:提案
エージ:マツリカのCo-CEO

「じゃ、グランドデザインのシェアもできたということで。今日のミーティングはクローズといきますか」

グランドデザイン:全体像
クローズ:終わる、閉じる。セールス用語で「クロージング」があるが、そちらは「受注」「締結」の意味

黙ってメモの写真を取るナナリー。満足げだ。

「そうだ、ナナリーとスミス、このあとちょっと残ってくれるかい?」
「え?俺は?」
「ジニーは退室してOKだ。ありがとう」
「……」

みんな、覚えられたかな?

参考URL


※実際のマツリカでは、このような中身のない会議はしません

株式会社マツリカ's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more