エンジニアの経験を活かして、プロダクトマネージャーの道へ

今回お話を聞くのは、マツリカのプロダクトマネージャーとして、クラウド営業支援ツールSenses(センシーズ)にまつわる意思決定全般を担当する隅田歩(Ayumu Sumida)さん。

隅田さんのキャリアのスタートは、システム開発のエンジニアでした。エンジニアからプロダクトマネージャーへ。どのような道のりを歩み、どのようにキャリアを築いてこられたのでしょうか。その道のりを伺いました。


起業ノウハウを学ぶため、創業間もないベンチャーへ

ー隅田さんのこれまでのご経歴を教えてください

大学時代からITベンチャーでインターンをしていました。この頃からプログラミングに没頭してましたね。大学卒業後は東芝情報システムに入社し、医事会計システムの開発、電子カルテの構築などの仕事をしていました。

在職中に良いアイデアが浮かんだので2年で退職したんです。そのアイデアを形にしようと起業準備をして調達を試みたんですが失敗しました。そのときに、いまの自分がアイデアを形にするためには起業ノウハウを学ぶ必要があると痛感したんです。それから創業期のベンチャーを探しはじめ、創業間もないマツリカに出会いました。共同代表の黒佐、飯作と会って話したその場で意気投合し、1時間後には握手を交わしていました。

▶︎代表の飯作の記事はこちらからお読みいただけます


マツリカに入社してからは、フルスタックエンジニアとしてプロダクト開発に携わりました。とはいえ人がいなかったので、 エンジニアの仕事だけじゃなく営業からカスタマーサクセスまで、とにかくなんでもやっていましたね(笑)その時期を経て、現在は、AIメールアシスタントツールNotia(ノーティア)の事業責任者とクラウド営業支援ツールSenses(センシーズ)のプロダクトマネージャーをしています。

未来を想像し、理想を描き、形にする方法を考えるのがPMの仕事

ーエンジニアからプロダクトマネージャーになるまでの経緯を教えてください

プロダクトマネージャーの道に進むきっかけになったのは、2018年7月に本格的に始めた、 AIを使ったメールアシスタントツールNotia(ノーティア)の開発です。私一人で開発していたので、営業もカスタマーサクセスも、もちろんプロダクトマネージャーも自分です。

そのとき、「プロダクトマネージャーは絵を描ける仕事」だと感じたんです。エンジニアとしてプロダクトに関わっていた時に感じていた「作る」おもしろさとは別のおもしろさがあるな、と。プロダクトマネージャーは、プロダクトの未来を想像し、理想を描き、形にする方法を考える、とても創造的な仕事だと思います。Notiaの開発経験を活かして、Sensesの開発にもより貢献したいと思い、Sensesのプロダクトマネージャーもやることになりました。

ーSensesのプロダクトマネージャーとして、どんなお仕事をしているのでしょうか

Sensesの開発では、機能ごとにチームをつくって動いています。 プロダクトマネージャーは各チームの管理者でもあるので、プロジェクトマネジメントの側面もあります。 スムーズに開発を進められるよう、メンバーの作業を阻害する要因を取っ払ってあげることも私の役割の一つです。

担当者と一緒に改善策を考えたり、必要があれば営業やカスタマーサクセスのメンバーにヒアリングしたり、ありとあらゆる手段を駆使してプロジェクトを前に進めます。

僕はここに、エンジニアの経験がすごく活きていると思うんです。エンジニア経験があるからこそ、技術的なアドバイスができるし、「後々こういうことが起こると思うからこうしたほうがいいよ」と先の見通しを伝えることができます。

万が一、開発が道を逸れてしまいそうな時には、軌道修正の具体的な道筋を見せてあげたり、自分がエンジニア出身だからこそできることがたくさんありました。


ーSensesのプロダクトマネージャーに求められることは何でしょう?

「なにを、なぜ作るのか?」という視点を持つことだと思います。Sensesが目指すのは、お客さんの営業利益を最大化すること。「お客さんの営業利益を最大化するために、なにを開発するか?」という視点は常に持ち続けています。また、ユーザーの要望を理解するために、営業やカスタマーサクセスからフィードバックをもらったり、営業同行もします。競合調査や他社との機能比較も欠かせません。あと、先ほども話した通り、円滑に開発を進めるために、話しやすい雰囲気づくりを意識したり、調整力も必要だと思います。

ーSensesのプロダクトマネージャーに興味を持ってくださった方に一言お願いします

事業を成長させたいという気持ちがあれば大歓迎です!開発と設計の経験があれば、なおよしって感じですね!お待ちしています!


>>> Ayumu Sumida さんのTwitter・Githubもぜひご覧ください

Twitter: @walkersumida
Github: WalkerSumida


▶︎▶︎インタビュー全文はこちらからチェックできます!




マツリカでは、現在プロダクトマネージャー、メンバーを積極的に募集しています!

興味がある方、話だけでも聞いてみたい方、ぜひお気軽にご連絡ください!

隅田さんも、マツリカの全員も、お待ちしています!


プロダクトマネージャー
未来を想像し、理想を描き、形にする方法を考える!プロダクトマネージャー募集
【営業組織全体を進化させ、売上に直結する、新しい営業支援ツール】 マツリカは、クラウド営業支援ツール「Senses」の開発・提供をおこなっています。   Sensesは営業の案件・顧客管理だけでなく、組織のナレッジ活用に着目した次世代の営業支援ツール(SFA/CRM)です。   営業におけるコミュニケーションをはじめとした情報、個々の営業パーソンに属人化している知見・スキルを蓄積し、「組織の資産」とすることで、 お客様の営業成果の最大化を目指し、強い組織作りと多くの課題解決、そして事業成長を実現します。     【年間1,000兆円の営業データを集め、営業の世界に変革を起こす】 更に、マツリカは「Senses」プラットフォームに「営業ビッグデータ」を蓄積していきます。 国内のBtoB企業だけでも、年間の取引高は1,000兆円に上ります。この莫大な営業データを蓄積・活用することで、これまで誰も実現しえなかった、営業の新しい世界を実現します。 (この先に何を考えているかは面談の際にお話します!)     【外部評価サイト:SensesとSalesforceの比較】https://www.itreview.jp/categories/sfa/compares/salesforce-sales-cloud_vs_senses   【プロダクトサイト】 https://product-senses.mazrica.com/
株式会社マツリカ

▼現在、積極募集中の職種はこちら▼
【営業】営業の世界にインサイトを与える!急成長スタートアップのセールスリーダー募集
【プロダクトマネージャー】SaaSビジネスを加速させ、事業をリードするプロダクトマネージャー募集!
【データサイエンティスト】AIの力で営業を変える!最先端Sales Techのデータサイエンティスト
広報自由にココロオドル広報を!注目のSaaS/BtoB事業をPR×働き方を選ぶ

▼Twitterやっています!▼
株式会社マツリカ
https://twitter.com/mazrica_jp
クラウド営業支援ツールSenses
https://twitter.com/Senses_mazrica
働くあなたを祭り化するメディア「マツリカタイムズ」
https://twitter.com/mazricatimes

株式会社マツリカでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社マツリカ's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings