マツリカに入社した理由?”自分が実現したい世界がそこにあったから”


マツリカの人たちを紹介していくシリーズ。

今回は大手企業から転職してきた3人のSalesメンバーの座談会から、転職のきっかけやマツリカへ入社を決めた理由「なぜあなたはマツリカに?」を取り上げます☺ 

スタートアップ転職にまつわるリアルな声を聞きたい人にはぜひご一読ください〜!


\座談会メンバーはこちら!/



左から順に...

木村玲奈(きーちゃん):今回はインタビュアーを務めています!

新卒で東京海上日動火災保険株式会社に入社。法人代理店への損保・生保拡販に向けての提案、コンプライアンス遵守のための提案等、法人代理店への営業に従事する。その後株式会社ビズリーチを経て、2019年9月マツリカへ入社。

久保 文誉(ちゃんぷ)

新卒でソフトバンク株式会社に入社。法人営業部門で新規開拓の直販営業に従事し、約3年半中四国エリア(広島・愛媛・鳥取・香川)を担当。2016年8月、マツリカに参画。2019年10月、VPoP(プロダクト責任者)就任。

笠本 修平(ぺー)

新卒でNTT東日本に入社。2年間、法人営業組織でPBX(電話交換機)の営業と受注後の構築業務に従事。その後、営業企画、サービス開発と異動。通算11年在籍した後、2019年、マツリカに入社。

丸山 隼平(マティス)

リクルートグループの求人広告事業で営業部門を10年、企画部門を5年担当した後、2019年9月、マツリカに参画。前職では日本全国のエリアを複数担当し、新規・既存と営業からマネジメントまで従事。


企業規模は関係ない。"やりたいことができるか”

ー転職のきっかけとマツリカへの入社理由


\ちゃんぷさん編/

インタビュアー:ちゃんぷさんがソフトバンクから転職する時、選択肢はスタートアップやベンチャーに絞っていたんですか?

ちゃんぷ:企業規模よりも、“自分で創り出したい”をどうやって叶えるか考えていました。だから起業も選択肢にあったし、ベンチャー・スタートアップという括りで探していたわけでもないんです。

実は、僕がソフトバンクを辞めてマツリカに行きますって言うまで、6日しかかかってないんです。もう転職活動じゃないですよね(笑)

しかもマツリカに初めて行った時、面接を受けに行ったんじゃなくて、自作のアプリを見せに行ったんです。アプリを見た代表の黒佐に「これ全然だめだな」って言われたのがマツリカとの最初の出会いでした。



インタビュアー:そうだったんですね!

ちゃんぷ:でもそれをきっかけに、自分のやりたい「営業に対するコンプレックスを解消する」ことと、マツリカのやりたい「営業を祭り化する」ことが一致していると知って一緒にやることにした。僕の転職はそんな感じです。



インタビュアー:ソフトバンクは、社内からさまざまな新規事業が立ち上がっていくイメージがあります。その中でご自身の事業を立ち上げるという選択肢もあったんですか?

ちゃんぷ:社内のビジネスコンテストやアイデアコンテストにもチャレンジしていました。だけど、大企業のタイムラインは長くて、やっていることがやりたいことと擦り合うまでの時間を待てなかった。なので、自分でやってみることにしました。


\ぺーさん編/

ぺーさん:自分はもともと、いいもの・いいサービスを世の中に届けたいと思っていました。その思いを、限られたリソースの中で叶えるスキルを身につけたかったんです。

マツリカのSensesというサービスを見た時、「これは間違いなくいいものだ」と感じました。と同時に"この価値をまだ決して規模が大きいとは言えないマツリカがどのように世の中に届けていくんだろう"と興味が湧きましたね。



インタビュアー:転職を決めたのはなぜですか?

ぺーさん:僕の場合、転職は自己成長のため。もう少しいうと「生き方を選ぶ」ことだと考えているからです。安心して働ける環境を捨ててでもやりたいことをやる生き方を選択したいと思ったので転職を決めました。



インタビュアー:改めてマツリカのどこがぺーさんに刺さったんでしょう?

ぺーさん:マツリカはエージェントさんから紹介を受けたのですが、直感的にいい会社だなと感じたんです。その場でHPを見せてもらったんですけど、途中から「マウス貸してください」って奪い取ったくらい(笑)

自分が知っているいわゆる会社や組織とは違う、”ワクワクするカオス感”があったんですよね。あと、間違いなく何かいいものを作ろうとしてる人たちだと感じた。そこらへんが、自分の求めているものとマッチしたんです。


\最後はマティスさん!/

マティス:僕は、”営業や販売の生産性を上げることが会社の生産性を上げるど真ん中”だと思っています。そこに向き合っていきたいんですよね。

リクルートの事業や自分の関わっていた仕事はいまでも素晴らしいものだと思っているし、いまでもやりたいです。だけど、自分のやりたいことをやるために外に出ると決めた。僕も起業を考えたけど、同じことをやりたいと思っている会社が見つかったらそこでやるのもありだと思っていました。

そこで見つけたのがマツリカ。自分の考えている事業ドメインと、マツリカの「営業を祭り化する」というビジョンが合致したから選びました。



インタビュアー:そういうビジョンを持った、もう少し規模の大きな会社があったらそこも選択肢に入ってきたのでしょうか?

マティス:そうだと思う。僕も会社規模では選んでないですね。

重視していたのはビジョンと自分がやれる職種。まずはやりたいことをやると決めた後、半年ほど自分で事業をするなら何をするか考えました。それから、自分と同じ考えを持つ会社があるかもしれないと思い、いくつもの会社を見て、紹介・斡旋の人にもたくさん会いました。

だけど、ビジョンが合う中で、営業やレベニューの領域をやらせてくれようとしたのはマツリカだけだったんです。マツリカは、その人が何をしたいかを尊重してくれました



インタビュアー:転職活動中5社に会われて内4社はあまり刺さらなかったとのことですが、マツリカは何が違ったのでしょう?

マティス:やってることが一緒でも、目指す世界やビジョンが違えば全然違うと思うんです。

マツリカは「マネタイズするためにこういうものが売れると思う」ではなく、「これによって提供する価値がこうなっていくと思う」というビジョンだった。偶然マツリカと目指す世界が合ったんですよね。


\座談会本編では、、、/

・なぜ転職?きっかけは、、、

・大企業に居続けるリスクって?

・やりたいことは大手にいたらできない?

等盛りだくさん!続きは以下からご覧いただけます!



現在、マツリカでは、共に「営業を祭り化する」Salesメンバーを募集中!

興味のある方、話だけでも聞いてみたい方、ぜひお気軽にご連絡ください!


営業マネージャー
国内SFA市場トップを目指し世界へ!本気の営業マネージャーWanted!
【営業組織全体を進化させ、売上に直結する、新しい営業支援ツール】 マツリカは、クラウド営業支援ツール「Senses」の開発・提供をおこなっています。   Sensesは営業の案件・顧客管理だけでなく、組織のナレッジ活用に着目した次世代の営業支援ツール(SFA/CRM)です。   営業におけるコミュニケーションをはじめとした情報、個々の営業パーソンに属人化している知見・スキルを蓄積し、「組織の資産」とすることで、 お客様の営業成果の最大化を目指し、強い組織作りと多くの課題解決、そして事業成長を実現します。     【年間1,000兆円の営業データを集め、営業の世界に変革を起こす】 更に、マツリカは「Senses」プラットフォームに「営業ビッグデータ」を蓄積していきます。 国内のBtoB企業だけでも、年間の取引高は1,000兆円に上ります。この莫大な営業データを蓄積・活用することで、これまで誰も実現しえなかった、営業の新しい世界を実現します。 (この先に何を考えているかは面談の際にお話します!)     【外部評価サイト:SensesとSalesforceの比較】https://www.itreview.jp/categories/sfa/compares/salesforce-sales-cloud_vs_senses   【プロダクトサイト】 https://product-senses.mazrica.com/
株式会社マツリカ

▼Twitterやっています!▼
株式会社マツリカ
https://twitter.com/mazrica_jp
クラウド営業支援ツールSenses
https://twitter.com/Senses_mazrica
働くあなたを祭り化するメディア「マツリカタイムズ」
https://twitter.com/mazricatimes

株式会社マツリカ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings