1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

全メンバー参加型の方針共有会!「ルーツキャンプ」を実施しました。

こんにちは、メンバーズルーツの武田です。
4月になり、新しい期を迎える事になりました。昨年4月に立ち上がった、メンバーズルーツも、今月から2期目に入り、新しいメンバーも2名ジョインをして、活動を開始することになりました。今回は、4月に実施をした、『ルーツキャンプ』という、方針共有会についてご紹介させていただきます。

『ルーツキャンプ』って何?

メンバーズルーツは、東京、仙台、神戸、北九州と、全国のメンバーが在宅(リモートワーク)をしながら、企業のデジタルマーケティングの支援を行っています。
対面で会えない代わりに、毎日朝会で顔合わせをして、タスク確認を行ったりはしているのですが、半期に1回、ルーツキャンプと題しまして、西日本、東日本の拠点を決めて、各メンバーが対面で集まり、期の方針の共有や、チームの目標を立てるワークショップを開催しています。残念ながら、今回に関しては、新型コロナウィルス(まん延防止等重点措置)の影響で、リモートで開催をしました。

去年行った方針検討MTG(コロナがなければ対面で実施します)

※上記は昨年実施を行った、ルーツキャンプの写真です。

具体的にどんな内容の話をしたの?

今期のルーツキャンプでは、カンパニー社長の神尾より『今期の方針・目標』について共有を実施。
その後、各メンバーより、『スキル育成・教育』『マーケティング施策』『稼働マネジメント』についての方針の共有を行いました。
これらを受けた上で、2チームに分かれてワークショップを行い、今期行うべき施策の洗い出しと、優先順位決めなどを行いました。

ワークショップのチーム発表の場面です。

参加した人の声を教えて

ルーツキャンプを受けて、メンバーはどう感じたのか、感想を聞いてみました。

・前期の良い部分だけ話すのではなく、ちゃんと反省や振り返りなどを踏まえた上で、今期の施策に落ちてきたという部分がわかったので良かった。
・神尾さん(カンパニー社長)だけが話すのではなく、さまざまなメンバーが、方針を考えて、話している部分が良いと感じた。
・拠点が離れていて、仕事に絡むことがない人と、ワークショップなどで話すことができたことは良かった。
・4月からジョインしたばかりだが、話しやすく、風通しのよさを感じられて良かった。

最後に

メンバーズルーツには、様々な環境や地域で働くメンバーがいますが、「デジタルクリエイターを、地方・中堅企業の力に」という想いは一つで活動をしています。これからも、地方企業のマーケティングを変え、心豊かな社会を創っていくため、カンパニーメンバー一同協力をして頑張っていきますので、よろしくお願いします。

同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう