1
/
5

【スキルアップ】第4回「NVSのCCNP講座」1日目レポート(お試し問題も掲載!)

こんにちは!
NVS(ネットビジョンシステムズ) 広報部です。

2021年12月4日(土)より、第4回CCNP研修がスタートしました。

今回のCCNP研修のレポートは、スクール講師メンバーにてお届け致します!

■以前の研修内容についてはこちらをご覧ください。
ネットビジョンシステムズ株式会社 ブログ一覧(CCNP研修)
-------------------------------------------------

皆さん、こんにちは。スクール講師のMです。
本日は4度目の開催となる、CCNP研修の1日目(12/4[土])をご紹介をさせて頂きます。


CCNPを学習するのがおススメの人は?

CCNAで基礎を学び、現場で使えるスキルを身に着けたい方にはCCNPがおススメです。

直近CCNPの問題傾向として、機器の設定や構成図をみて答える問題が多いです。
ですので「実務のトラブルシューティング」でも役に立つような内容が学べると言えます。
また、CCNAの上位資格ということもあり、基礎を前提として「Cisco機器の設定・確認」「トラブルシューティング」などに特化した内容となっています。

ベンダー色は強めですが、Cisco機器を業務で使っているNWエンジニアであれば取得することで大きく視野が広がるかと思います。

特に、要件提案、(0からの)基本・詳細設計などに関わる方は、プロトコルの動作は前提として
・Cisco機器のどの表示を見れば状態がわかるのか?
・どのコマンドを打てば設定を変更できるのか?
などが求められていきます。

CCNAでざっくりと概要を学習してきたことが、CCNPではより詳しく学ぶことができます。

結論として、「Cisco機器の操作をさらに極めたい」「Cisco機器を使った設計・構築に携わりたい」と言う方には、必須レベルで必要になる資格です。
上記の目的がある方はチャレンジしてみると良いでしょう。


Day 1 講義内容

①IPv4 & IPv6 Addressing
DHCPv4、IPv6 SLACC、DHCPv6を学習しました。

・DHCPv4
主にCCNAの内容の復習行いました。
Discover、Offer、Request、Ackの流れ、Relay-agentの設定方法、showコマンドの確認などの学習を行いました。
リレーエージェントはよく使用するので、ぜひ覚えておきたいですね!

・SLACC
IPv6のアドレス自動設定のSLACCの設定について、RAの抑制方法、リンクローカルアドレスの扱いなどについて学習しました。
CCNAでもSLACCは出てきますが、1歩踏み込んだ内容となっています。
同じネットワークに複数ルータ存在する場合のRAの抑制方法、同一のリンクローカルアドレスが存在する場合のスタティックルーティングの設定方法など、実務でもトラブルとして解決として役に立ちそうな内容を学ぶことができました!

・DHCPv6
DHPv6にまつわる設定、showコマンドを学習しました。
IPv6の割り当てでは、DHCPv6とSLACCが一緒に使用されることもあり、SLACCでIPv6アドレス、プレフィックス、デフォルトゲートウェイを割り当て、その他情報を割り当てる方法があります。
これを「ステートレスDHCPv6」と言います。具体的にステートレスDHCPv6の設定方法を学びました。CCNAよりもディープに学ぶことができますね。


②EIGRP

・EIGRP
EIGRPの基礎、EIGRPの設定コマンド、EIGRPのトラブルシューティングについて学びました。
EIGRPの基礎ではネイバー確立条件などを確認していきました。更に、Helloパケットの詳細(発信はするが、確立条件を満たさないとネイバー関係を組まないなど)を学びました。
サクセサ、フィージブルサクセサが両方ともダウンした場合のルートの決まり方など、より複雑な構成におけるEIGRPの動きを確認しました。
実機では、実際に設定を変更し「ネイバーが成立しない」条件の環境を作成しました。普段やることはないですよね…実機ができる環境ならではかと思います!変化や経過を観察することでより理解を深めることができます。

1日目確認問題!!


Q1.CiscoルータでIPv4DHCPリレーエージェントを設定するコマンドは?
A.(config-if)#ip helper-address
B.(config-if)#ip dhcp-relay
C.(config-if)#ip dhcp-relay <ネクストホップのアドレス>
D.(config-if)#ip helper-address <ネクストホップのアドレス>

▼Q1.答え
答え a
上記コマンドを設定すると、DHCPリレーエージェントを設定することが可能です。
尚、DHCPのブロードキャストを受け取るインターフェイスで設定します。
※<参考>https://www.infraexpert.com/study/dhcpz2.html


Q2.CiscoルータでRAを抑制するためのコマンドは?
A.(config-if)#ipv6 nd ra suppress all
B.(config-if)#ipv6 nd rs suppress all
C.(config-if)#ipv6 ra suppress all
D.(config-if)#ipv6 rs suppress all

▼Q2.答え
答え a 上記コマンドを設定すると、ルータからのRAを抑制することが可能です。
※<参考>https://www.infraexpert.com/study/ipv6z5.html


Q3.ステートレスDHCPの設定をおこなうために必要なコマンドは?
A.(config-if)# ipv6 rs other-config-flag
B.(config-if)# ipv6 ra other-config-flag
C.(config-if)# ipv6 nd other-config-flag
D.(config-if)# ipv6 na other-config-flag

▼Q3.答え
答え c 上記コマンドを設定すると、SLAACによって、IPv6アドレス、プレフィックス、デフォルトゲートウェイの情報をDHCPによってその他情報を取得することが可能です。
※<参考>https://networklessons.com/ipv6/cisco-dhcpv6-server-configuration#:~:text=The%20ipv6%20nd%20other%2Dconfig,server%20after%20they%20used%20autoconfiguration.



Q4.EIGRPの隣接関係を形成するために一致させなければならない項目は?
A.メトリック、AS番号、K値、ネットワークマスク
B.プロセス番号、ルータID、ネットワークマスク、認証の値(使用時のみ)
C.AS番号、K値、ネットワークマスク、認証の値(使用時のみ)
D.AS番号、Helloの送信間隔、K値、ネットワークマスク

▼Q4.答え
答え c 
EIGRPでは、ネイバー関係を確立するためにAS番号、K値、ネットワークマスク、認証の値(使用時のみ)を一致させる必要があります。尚、Passiveインターフェイスなどで、Helloを受信できない場合ももちろんネイバーを築くことができません。
※<参考>https://www.infraeye.com/2017/01/14/network011/


Q5.下記表示のRouter1のFa0/1がダウンしたが、Fa0/0にフィージブルサクセサが切り替わらない。どうすれば問題解決できるか?

A.Fa0/0のルートのFD値を大きくする
B.Fa0/1のルートのFD値を小さくする
C.Fa0/0のルートのAD値を大きくする
D.Fa0/1のルートのFD値を大きくする

▼Q5.答え
答え c 上記はshow ip eigrp topologyの表示です。
(FD値/AD値)の順に書かれています。EIGRPではFD値が最も小さいルートがサクセサ(プライマリールート)、FD値よりもAD値が小さいルートがフィージブルサクセサ(バックアップルート)となります。
よって、上記の選択肢であれば、Fa0/1のルートをFa0/0のADよりも大きくすることで、フィージブルサクセサとして登録することができます。
※<参考>http://atnetwork.info/ccna1/eigrp9.html


※参考サイトはあくまで参考までにご確認下さい。正確な情報などはCiscoのコマンドリファレンスなどを参照して下さい。


最後までありがとうございました!

■当スクールを詳しく知りたいという方は、こちらの記事もよければご覧ください。
NVS自慢の『自社サービス』 ITスクールのご紹介

■CCNP取得支援サービスもあります。受講者の声や詳細、授業のお申込みはこちらから。
NVS QUEST | ネットビジョンシステムズ株式会社

講師は、現場経験のある社員が担当しているため、現場ので小話やアドバイスなども共有しています。
また、多くの実績から得たノウハウから、躓きやすいポイントや受験にあたっての注意などもお伝えしているので、自信をもって受験できると思います!

以上、第4回「NVSのCCNP講座」1日目レポートでした!
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

=========================
現在、IT業界は人材不足の課題を抱えています。
第4インフラのネットワークを支えるネットワークエンジニアを育て輩出し続けることが
NVSのビジョンです!

NVSには業界未経験で入社し、エンジニアとして活躍する社員が多く在籍しております。
研修の講師もエンジニアなので、技術面のサポートにも力を入れております。

未経験からでも学習欲があれば活躍できるのがネットワークエンジニアだと思っています。
NVSで一緒にネットワークエンジニアとして成長しませんか?

=========================

今後もNVSのことや、業界のことを色々発信していく予定ですので、
引き続きよろしくお願いいたします。

この記事を読んでくださった 皆様に
NVSやネットワークエンジニアへの興味をもっていただければ、幸いです。

【アンケートのお願い】
※アンケートは匿名でご回答いただけます※
★記事リクエストアンケート★

ぜひ皆さまの「知りたい」「興味のある」ことについて教えていただけると幸いです!
記事リクエストお待ちしております!

ネットビジョンシステムズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
ネットビジョンシステムズ株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?