楽演祭 Sponsored by Nicosys 企画を新年一発目にやらせていただきました!

どうも〜、ニコシスの中の人 Bob です!

みなさん、

【楽演祭】(@gakuen_sai)


というイベントの事はご存知でしょうか?


「別冊カドカワ」

   ×

「昭和音楽大学」

   ×

「A.C.P.C.(一般社団法人コンサートプロモーターズ協会)」


が共催して立ち上げた

エデュテインメント

(エンタテインメント + エデュケーション(教育)が融合した

音楽の楽しさを "学び" & "体感" できるライブイベント)


で、毎回2アーティストを迎え、昭和音楽大学・短大各在学生への


<音楽をテーマにした対談講義>


と、さらに一般のオーディエンスにも解放する両アーティストによる


<アコースティック・ライブ>


を学内の劇場


「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」(約1300人収容)

で開催するというイベントなのです。



(学校がこのような素晴らしい劇場を持っているなんて、昭和音楽大学の生徒は羨ましい!)





さて、2018年の1/11にVol.1が始まり、

今回Vol.4を迎えレギュラー化も見えてきた大人気イベント


【楽演祭】


ですが、一度本格的な


<入場者アンケート実施>


および


<協力者へのお礼としてノベルティをプレゼント>


をしようという企画が立ち上がり、


"頑張る若者を応援する"

株式会社ニコシス@nicosys


は、このイベントの趣旨に賛同し、前回の


TEDxKyotoのアンケート


での経験を活かしシステムサポートとして協力させていただく事になりました。



今回ニコシスがお手伝いさせていただく

楽演祭 Vol.4

の出演アーティストは

・KAN(@_kimumaKAN

  &

・山崎まさよし(@official_yama

  ↓

YAMA-KAN

という、


三度目の再結成と同時に解散するという怒涛の勢い


のオリジナル曲もある本気のコラボレーション・ユニットです!



KAN と 山崎まさよし

で青春時代を過ごしたと言っても過言ではない

わたくしBobとしては、まさに夢の激アツな組み合わせです!


みなさんにも是非この

YAMA-KAN

の熱量を感じ取っていただきたい!

  ↓

music review site 「Mikiki」 インタビュー

KAN × 山崎まさよし=YAMA-KAN、奇跡のコラボ作をたっぷり語る 「2人だったら何かできるんちゃうかなって」


YouTube

【楽演祭 vol.4】YAMA-KAN(KAN×山崎まさよし)コメント


こ、これは

ドキがムネムネして本番まで待ちきれない!!!


取り乱してすみません

m(_ _)m





システムサポートの企画が決まるなり、

弊社のCFO石山城(@joe_i)に作って頂いた会場ロケハンレポートを元に準備開始。


去年「TEDxKyoto」システムサポートの担当をした弊社の社員にも当時のフローについて教えてもらいながら必要なツールを作成していく





メインのアンケートは紙版とWeb版の2種類を準備。






Web版はスマホから簡単にアクセスできるようにQRコードも作成。




ノベルティはTEDxKyotoの時に好評だったペンを

「楽演祭」仕様に

リデザインしたものを弊社CTO深水拓郎(@TakuroFukamizu)が海外まで発注



なんとこのノベルティはボールペンに

・LEDライト

・レーザーポインター

・スマホ用スタイラス

が合体した優れモノ!




海外から到着したペンは1000本以上



猫の手も借りたいほどの圧倒的物量の検品作業…






そして会場で掲示する「アンケートとノベルティのプレゼント」を告知するポスターは、

イベントの公式ポスターを

トンマナを合わせてデザイン


完成したポスターの受け取りも完了



去年の年末からたくさんの方々の協力を得てツール類を揃え、いよいよ本番へ







会場の昭和音楽大学「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」があるのは小田急 新百合ケ丘駅があるオシャレな街





やってまいりました昭和音楽大学



今回の会場「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」

大学の施設とは信じられないくらい立派なホールです。



元気な学生さんたちが会場の準備中



そして各所へ挨拶を済ませニコシスもアンケートブースの準備



ツール類を所定の位置へ並べブースの準備完了、あとは本番を待つのみ!



ところが、ここからが事件の始まりでした…


開場と同時にアンケートブースにお客が

殺到

して、あまりの勢いに写真を撮る余裕がないほどの大盛況!


400枚用意したアンケート用紙は本番が始まる前に全部無くなり、


それでもさらに殺到し続けるお客をWebアンケートに誘導しまくるという嬉しい誤算でした。






本番後もお客がブースに殺到し続ける状況が閉館直前まで続き、

配ったアンケート用紙をほぼ全部回収するという

驚異の回収率!



おかげさまで用意したノベルティがもう少しで足りなくなるところでした。


Web版のアンケートと合わせて、

想像以上に来場者が協力していただけたおかげで次回以降の

楽演祭 Vol.5 ~

に向けてたくさんの貴重なデータが取れました。

(膨大な量なのでレポートにまとめるのが大変そうですが…)


"頑張る若者を応援する"


ために活用できる良いレポートにしたいですね!





PS

いや〜、とても良かったです。

YAMA-KAN


※権利の関係で会場の写真がお見せできないので、みんな大好き「いらすとや」のイラストで…


ユニットのオリジナル曲も素晴らしい出来。

曲の合間にはショートコントのような楽しいトークとネタを挟み、

会場の学生や一般のお客は

大爆笑!



極めつけはそれぞれのメガヒット・チューン

KAN - それが一番大事

山崎まさよし - セロリ

まさか生で聴ける日が来るとは思いませんでした。


(そして再結成と解散を見届けました…)


こんなアーティストに授業が受けられる昭和音楽大学の学生は本当に羨ましいです。


【楽演祭】

とても素晴らしいイベントでした。

ライブ公演の部は一般の方でも参加できるので、

みなさんも機会があればぜひ行ってみて下さい。



控えめに言って

超おすすめです!


それではまた(Bob)

株式会社ニコシス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more