This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

気持ちをひとつに。2016年下期社員総会

ノヴィータ広報担当 中根です。

度々このブログでも触れていた通り、社員総会の準備に追われていたのですが、先日無事に終了いたしました。社員総会は半年に1回行っていて、会社の方向性を伝えるための最重要行事として捉えています。その時々の会社の状況や課題などを踏まえ、メッセージや伝え方を毎回変更していますが、今回は「伝えたいこと」が社員にきちんと伝わった実感を持ち、非常に有意義な時間となりました。

今日のブログでは、2016年下期社員総会で発表した内容とその考え方、雰囲気などについてお伝えできればと思います。

会社の状況を、客観的に・身近なもので感じる

ノヴィータは今、変化の時を迎えています。事業の戦略見直し、新しい取り組み、社員の増加。今まで上手く行っていたやり方が上手く行かなくなったり、新しい取り組みにうまくスイッチできていない状況が生まれています。そのため、今までと同じことをして、進化しない状態はリスクでしかありません。ある意味「踏ん張り時」ですし、逆に言うと「会社がもっと進化するチャンス」とも言えます。

そのような会社の状況の一部は、日々の社員の振る舞いが大いに影響していること。上層部が管理上「この方法をやって」と伝えてやってもらっていたことについても、なぜ必要なのかを改めて説明しました。また、これまではあまり開示していなかった売り上げや部門ごとの比率など、数値化したデータをもとに現在の状況を客観的に伝えることで、会社の全体像把握につながり納得感が得られたようです。社員が身近で感じたものごとや、ゆるぎない数字を材料としストーリーを伝えていくと、やはり理解しやすいのだなと実感しました。

軸を伝え、やりたい・やるべきことを考えてもらう

今回の社員総会で、社員に感想を聞いたところ「発表を聞きながら、自分がノヴィータでやりたい・やるべきことを見つけることができました」というコメントが多く寄せられました。前述の通り、社員が理解しやすい流れ・切り口で説明することで、こんなにも自分ごととして聞いてくれるのだと自社の人間ながら少し驚きました。

このような感想をもらえた理由の一つに、発表内容を聞いて、会社の考え方と取り組みに一貫性が見えたことが挙げられると考えています。

今まで、各事業部の発表については完成の判断を事業部長に委ねていました。個性も出ますし事業部の細やかな状況が各々のストーリーに反映されている一方で、会社として見た時に発表のフォーマットが統一されておらず、ロジックに穴があいてしまい、解釈が社員それぞれの視点に左右されるところがありました。今回は、それぞれの事業部長が発表する情報を作成した後に、いったん全部を取りまとめるフローを踏み、確認する過程できちんと発表内容のロジックを埋め、ストーリー性を強化していきました。各事業部の色(個性)が薄くはなってしまいましたが、一方で、全社で見た時に曖昧だったところがなくなりました。更には、軸が通っているので会社の状況や足りないところが明確になり、社員自身が課題感を持ち対応策を考え、結果、モチベーションにもつながったのだろうと思います。

コミュニケーションのやり方次第で、伝えたいことが伝わり、やってほしい方向に動いてもらうことができるのだなと、個人的にも新たな発見でした。

会社をよりよくするために発表した来期の方針

その他、社員総会でお話したことについては、以下に少し抜粋させていただきます。まだまだ課題はありながら、前向きに取り組んでいけるようにメッセージを込めてお話をいたしました。

クライアントさまの状況を知る重要性。それで初めて先方が求めている提案ができる。

クライアントさまが求めているのは「運用しやすいサイト」。これの提案・受注のため、ノヴィータはどういう戦略をとっていくのか。

・よりクオリティの高い納品物をつくる施策の方向性。

・これらを実現するための社内体制、各部署連携の仕方。

・現在策定中の人事制度の進捗。どういう組織にしたくて、どういう課題があるのか。

・今期(2016年1月~2016年12月)やった取り組みの目的と結果。そして来期取り組み予定のもの。

これからの課題。上がった熱量を継続させること

手前味噌ながら社員が口々に「熱量が上がった」と申していた今回の社員総会。ただ、この熱量を持ち続け、やろうと宣言した取り組みを実際に行い続けないと意味がありません。忙しくしていると、半年など振り返る間もなくあっという間に過ぎてしまいます。ここにはまだ課題があるので、この半年、私(広報・間接部門)としても何か取り組みを行っていければと個人的には考えています。

そして実行の過程で、発表内容に対する社員それぞれの解釈が間違っていたということも発生すると思います。さらには、流れの早いIT業界なので、半年経たずして状況が変わり、すべき対応を変える必要も出てくるかもしれません。その時は、今回の社員総会の熱量や、内容の軸を思い出しながら、改めてやるべきことを整理したりコミュニケーションを取りながら、進めていければと思っております。

クライアントさまや、社会にもっと価値の高いものをご提供していくために、これからも精進してまいります!

株式会社ノヴィータでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
B16c95aa a545 4d7a a46b f0808c24b84a
6cbe0f21 6e78 4b8e ad7c 28819ea096ba
Picture?height=40&width=40
11 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
B16c95aa a545 4d7a a46b f0808c24b84a
6cbe0f21 6e78 4b8e ad7c 28819ea096ba
Picture?height=40&width=40
11 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon