Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

デジタルマーケティングノウハウを強みとした事業を展開しています。
Web・アプリのマーケティングノウハウを活かして、自動車領域での新規事業に挑戦してます。
当社は「社会に根付く仕組みを作り、人々を幸せにする。」社会の前提となる事業創造を目指すデジタルマーケティングカンパニーです。Web/アプリ領域を中心とするデジタルマーケティングのノウハウを強みに、今後も新しい事業創造に挑戦し続けていきます。 ■デジタルマーケティング事業 「顧客への本質的価値提供を通じ、より良い情報体験に溢れる社会を作る」を事業ミッションとし、SEO、コンテンツ、データ解析などのソリューションを用いて、ベネッセ様や三井住友カード様などをはじめとする大手企業さまのデジタル課題解決を支援しています。 ■スマートフォンメディア事業 「毎日に、至福のエッセンスを」を事業ミッションとして便利なスマホアプリの発見や最高に面白いマンガとの出会いなどスマホを通じて人生にちょっとした感動を与えてくれる体験を提供しています。 ・Appliv:https://app-liv.jp/ ・Appliv Games:https://games.app-liv.jp/ ・Appliv マンガ:https://manga.app-liv.jp/ ■新規事業 全世界的に超巨大マーケットでこれから大きな変革が起きていく自動車領域で、マイカーを”買う”から”必要なだけ使う”に当たり前の概念を変えようとする挑戦をしています。 ・ネットで新車、月定額「マイカー賃貸 カルモ」:https://car-mo.jp/ ・メディア掲載 日経新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25627210S8A110C1TJE000/ ・その他 掲載実績:NHKおはよう日本/TBSテレビ/Yahoo!ニュース/日刊自動車新聞/TechCrunch/ASCII etc.

なぜやるのか

代表取締役の高橋です
オフィスエントランス風景です
□■ナイルの経営理念■□ -ミッション「社会に根付く仕組みを作り、人々を幸せにする」 -ビジョン「デジタルマーケティングで社会を良くする事業家集団」 -経営方針「100の事業を創出し、10の事業を世に残し、1つの事業で世界を変える」 -世の中を変えるような何かを作りたい- 創業者の情熱から、ナイルは生まれました。 2007年1月、ナイルはこの世に産声をあげました。創業者は一人の大学生。当社代表の高橋です。高橋は幼い頃より一つの目標を持っていました。それは世の中を変えるようなモノを作りたいという目標。 「社会に根付く仕組みを作り、人々を幸せにする」という企業ミッションに表現されているように、私たちは、10年後・20年後に過去を振り返った時、「コレがあったから世の中が良くなった、みんなが幸せになった」と言われるような、社会の前提となる事業を作ることを目指しています。 これまで10年、デジタルマーケティングのノウハウを強みとした事業展開をしてきました。Web・アプリ領域で培ってきたアセットを活用し、今後さらに新しい価値を生み出すべく挑戦のフェーズに入っていきます。その第一弾として自動車領域での新規事業に取り組んでおります。

どうやっているのか

チームでディスカッションしながら仕事をします
懇親会など部署を跨いだ交流もあります
ナイルバリューに基づき、チームでディスカッションしながら仕事を進めるフェア&フラットなカルチャーです。 ■■バリュー■■ -全部、チャンス  全ての変化を楽しむと同時に、変化を好機と捉え、行動します。 -全てのコトは、自分ゴト  社内で起きる全てのことを、自分ゴトと捉え共感します。 -全社・全員・全力コラボ  相互の協力を大切にし、全員の力を結集して仕事に取り組みます。 -閃き・即行・完遂  「これだ!」と思った閃きを即座に行動に移し、最後までやり遂げます。 -脳は汗ダク?  粘り強く考えて、妥協のないアウトプットに努めます。 ☆カルチャーについてはこちらをご覧ください!☆ ”生のナイル”を発信するオウンドメディア『ナイルのかだん』 https://r-blog.nyle.co.jp/ ☆スマートフォンメディア事業部が求める人物像についてはこちらを御覧ください!☆ 『仕事に熱中できる環境にしたい。「全員企画・全員自走」を目指す事業部長の思い』 https://r-blog.nyle.co.jp/archives/2018/08/22/spm/ 『コードを書くだけのエンジニアはいない。求められるのは技術を手段として捉えられる力』 https://r-blog.nyle.co.jp/archives/2018/09/14/engineers/ 『これからのエンジニアに求められるのは、みずから考え、マルチに活躍できる力』 https://r-blog.nyle.co.jp/archives/2018/12/27/spm-sampei/

Page top icon