1
/
5

Onplanetz株式会社のAIインターン生、辻くんに聞く

Q:自己紹介をお願いします。

A:8月からOnplanetz株式会社でインターンをしています。現在は大学院の修士課程に在学しています。最近はさぼりがちですが趣味でブレイクダンスをやっています。

Q:どのような研究をしているのですか?

A:普段は培養皮膚に関する研究を行っています。将来的には、創薬やセンサとして活用できないかと考え、取り組んでいます。

Q: このインターンシップに参加しようと思ったきっかけは何ですか?

A:研究室がバイオ系のためプログラミングをする機会が少なく、また大学の授業では実プロジェクトのデータを触る機会が少ないと感じていたため、インターンシップに応募しました。学部時代にPythonやC++の経験はありましたが、インターンは今回が初めてでした。



24卒・リモート・未経験歓迎
AI事業開発を加速させるデータサイエンスティスト|AIエンジニア募集
◇会社概要 Onplanetz株式会社は、2017年に設立した、テクノロジーカンパニーです。 AI(機械学習)インテグレーションを事業ドメインをメインとしており、 メンバーは少数精鋭・社内メンバーのうち90%がAI(データサイエンティスト)エンジニアの組織構成です。 ◇AIライセンス事業 機械学習を活用し、業界や企業様に特化した課題を解決する為、機械学習システムを開発したり 新規事業に組み込む、実用化を進めています。 AIといっても、PoC(仮説検証)でプロジェクトが止まってしまう事も多い中、PoB(ビジネス化・事業化)を目指すべく、日々パートナー様と向き合い、事業を推進しています。
Onplanetz株式会社


Q:インターンシップでは、どのような業務に取り組んでいたのですか?

A:機械学習エンジニアとして、画像/点群データなどを活用し、自動車業界の業務改善を行うプロジェクトに携わりました。最先端の仕組みを活用しつつ、限りあるデータでどう要求を達成するか難しく、
やりがいがあると感じています。その後、実際に使用してもらうためのGUIを作成する機会も頂き、とても面白かったです。

Q: インターンシップでどのように成長しましたか?

A: 実データ、各種APIなど未経験のものに触れることが多く、良い経験になりました。また実際の業務ではデータ数や機器の性能、予算といった制約があるため、いかに工夫するか、頭を柔らかく保つかが重要だと感じるようになりました。

Q: 今後の予定は?

A: 新しいセンサーを使ってデータを取得し、同じような精度で検知をしていくことが目標です。

Onplanetz株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング