1
/
5

Excelはクリエイティブなツールだ!!!

【Excelはクリエイティブなツールだ!】

経理や会計で使うExcelに対して皆さんはどんな印象をお持ちでしょうか 数字を管理するツール、表にまとめて見やすくしてアウトプットする便利なツールなど様々な捉え方があると思います。 パーツワンではセールス、マーケティング、インサイドセールス、経理・会計、人事・採用、PR・広報全ての部署でExcelを使用します。 正確に言うとExcel的思考と言った方が正確かもしれません。 多くのビジネスパーソンや事務方の職務に付いている人で 「私はExcelができる」と自負している方も多いでしょう。 実態は、すでに出来上がったExcelのフォーマットに数値を当てはめるだけで Excelの組み立てや仕掛けを構築する考えを持った人は意外に少ない印象です。 数値を本質に捉えることができる人は、Excelの仕組みを活用しながら数値にアプローチすることができますが 多くの人が他人が作ったフォーマットに入力するだけしかできません。 それは本質的な部分の理解度が低いからです。

【一番最初の配属先は経理】

パーツワンは社員であろうとインターン生であろうと入社したはじめの配属先は会計・経理業務です。 会社と言う一つの箱を数値面からアプローチする。 そして一つ一つを細分化して行く思考を身につけることからスタートするのです。 物事を数値的に捉えることは 初めての案件や、未経験のプロジェクトなどを進めていく時に大きなアドバンテージとなります。 経験者は視野が広く、考えが深く、一つ一つの精度が高い。 簡単にその差を埋めることは容易ではありません。 しかし未経験者であっても物事を数値的に捉えることができれば 無駄な感情を排除し 多角的視点からアプローチすることが可能となり、ターゲットの行動パターンや考えを理解しどのような意図でどのような行動を起こすのか? 読み解くことができるようになります。 そのためにExcelの考えを理解した技を自由に使えるようになることが必要なのです。



【仕組み化がカギとなる】

また脱・感覚を図ることはビジネスに於いて非常に重要です。 ビジネスにはいくつかのステージがあります。 経験者の経験が重要視される時(デメリットとして新しい時代に遅れる場合がある) 一人のスバ抜けたセンスの持ち主がもたらすアイデアや勝負勘で会社が成長する時(個人に依存する組織になる)    いずれも個人の能力に頼ったもので仕組み化されていません。 会社は一つ一つの成功事例を仕組みにすることで、、多くの成果を得られるように成長していきます。 ビジネスは一人でできることは極わずかです。 一人の成功事例を正確にアウトプットし社内での共有につなげることができれば 次のステージではメンバーと協力し成功の仕組み構築に向けて動くことができます。 そのためには、誰もが理解しお互いの共通認識を図ることが大切です。 共通の理解ができるようになるためにはアウトプットされた内容を正しく理解し、 幅広い視点と自由な考えを持つことが重要です。 自由自在にExcelを操ることによってマネジメント層へ提出する資料作成をしたり、考えを理解することにつなげることができます。

【物凄い売上も1円単位から】

経理業務では1日単位の売上集計。これが1週間、一月、クォーター、決算とタイムスケジュールが伸びて行きます。 商社的ポジションのパーツワン業務では、売上に伴った仕入れが発生します。 これを1円単位でずれることなく管理することが求められます。 「数字は人が作りあげたモノ」という見方をすることができれば、数字を創った人の意図や考えを学ぶことができます。

【Excelを用いてビジネスを因数分解する】

数字から感情や意図を読み解くことができれば、正確な提案や新しい価値提供に繋げることができるようになります。 パーツワンが目指すスタイルは全員が数値から意図や感情を読み解くこと。 Excelを用いて分析することは専門的知識ではなく「会社としての差別化」を目指す中で必要なスキルとして位置付けています。誰かに頼ることなく見えない情報を顕在化させ「有益な情報」として共有し、仕組み構築につなげることは柔軟な経営スタイルを確立するのに役立ちます。 仕事の職域や限界を取り除くことによって当事者意識を持ち続け、個人の成長と会社の成長が同じ方向に向かうことです。



【オープンミーティングを実施しています】

水曜日のAM8:00よりパーツワンで各テーマに沿ったオープンミーティングを開催しています。 Excel講習やプレゼン、ディスカッションMTGであったりテーマは事前に決まっていますが 社会人や大学生、インターンをしてみたい人など自由に参加していただくことができます。 興味のある方は         jinji@partsone7.com までご連絡ください。知らないを知るに、自分の中に無かった考えを自分の中に。新しい価値を受け入れ自分を成長させる。自分の考えに柔軟性を持たせ大きく広げる場として活用して下さい。ポジティブな化学反応は新しい自分を見つけるのに役立ちます!

株式会社パーツワンでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング