1
/
5

なにをやっているのか

新規施設続々OPEN。
個性あふれるメンバーと共に。
訪日外国人や国内のアドレスホッパーに日々ご利用いただいている簡易宿泊施設(以下、ホステル)の開発〜運営、それら不動産に併設する飲食店やBBQテラス、サウナルームの企画などを行なっています。 創業からもうすぐ5年となり、10棟を超える店舗の開業やコンサルティングに携わってきました。 コロナ禍の只中、旅行自粛の影響を受けながらもご利用者様に支えられ、平均6~8割の安定した稼働を続けています。急速に変化する生活様式を受け入れつつ不動産自体の価値を最大化できるよう、客室のかたちや設備なども見直しを行なっています。 また、昨今話題に上がっている多様性・持続可能性についても、アイコンのデザインやアメニティの見直し、難民支援協会への募金活動など一宿泊施設としてできることから少しずつアクションを開始しました。 早くコミュニケーションの場が戻ってくることを願いながら、多様化する需要にお応えできるよう、議論とアップデートの日々を送っています。

なぜやるのか

時代に即したやどづくりを進めています。
寝る間を惜しんで夢中になることができる、遊びと共に事業をなしたい。 世の中に & coを増やしたい。 そんな思いから、PLAY&coはスタートしました。 ホステルは人種も文化も言語も関係なく、いろんな人が集い、旅立つ瞬間で溢れています。 コロナ禍の影響を受け、来日してご宿泊される旅行者は減ってしまったものの、 国内のテレワーカーやワーキングホリデー、留学で来日している方を中心に、日夜交流は続いています。 そうやってご利用いただいている方はもちろん、 地域、建物、食、文化など、さまざまなもの・ことを巻き込み、同じチームとして歩みながら、世界を変える出会いを創出することを目標としています。

どうやっているのか

ゲストを連れて浅草寺に行ってきました。
弊社はこんな会社→https://www.wantedly.com/companies/playandco/post_articles/292382 社員の遍歴を辿ると実に様々です。 美容師に航空会社、人材派遣、日本語教師、果ては研究者まで。 一方でアルバイトスタッフの多くは、留学や他国への移住経験者、またはそれを控えて準備に勤しむ学生が多くを占めます。 多様な分野から人が集まり、意見を出し合い、より多くの方々に満足いただける施設を作り上げる。 会社自体の規模はまだまだ小さいですが、それゆえ風通しも抜群です。 訪日旅行者が多数を占める環境において、日本の常識は通用しないこともしばしば。 現場での事例をもとに、現場を統括する支配人とアルバイトスタッフからなる各店舗チームは、常に対応力をアップデートしております。 運営チームと、それをバックアップしつつ新規施設の企画開発を進める経営陣によって弊社は今日も成長し続けていきます。