1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

若手社員が第一線で思い切り活躍できる社風があります。一人一人が強い成長意欲を持ち、仲間と共に切磋琢磨しながら仕事に取り組んでいます。
タイとインドネシアにグループ会社を保有。今後も東南アジアを中心に、活躍フィールドを拡大していきます。
私たちは、自動車に関する複合的なサービスを提供する「オートモビリティ企業」です。 現在は、国内・海外合わせた合計17社以上のグループ体制で、従業員数584名(臨時雇用者を除く、グループ従業員数 _2020年12月末現在)の体制で展開しています。 2007年の設立以来、右肩上がりに成長中。 東証一部に市場変更した今でも、設立当時から大切にしているベンチャーマインドを大切に、 「変化を恐れない。変化を楽しむ」をテーマに業界に新しい旋風を巻き起こし続けています。 ー当社の事業紹介ー *オートクレジット事業 自動車を月々の分割払いで購入できるサービスのことです。 1回あたりの費用を抑えられ、手元資金を有効に活用することができます。 *「故障保証(ワランティ)」 自動車が故障した際に、無償で修理を行うサービスのことです。 いわゆる「アフターサービス」であり、事故に遭った際の保険適用とは異なり、通常の使用時の故障をケアします。 *海外展開 現在はタイ・インドネシア・フィリピンに事業展開しております。 成長マーケットである東南アジアを中心に、国内で培った「オート」と「ファイナンス」のノウハウを海外というフィールドにおいても積極的に展開していきます。 <今後の展開> プレミアグループでは、2020年2月に中期経営計画である「VALUE UP 2023」を発表しました。 既存企業の拡大はもちろん、海外展開、M&A、新規事業の立ち上げなど、「攻め」の経営を続けています。 http://ir.premium-group.co.jp/ja/library/plan/main/0/teaserItems1/0/link/final_J_mediumtermmanagementplan.pdf DX推進をはじめ、IT技術の投資は積極的に行っており、専門組織も立ち上げております。 社内生産性向上だけではなく、プレミアグループに関わる全てステイクホルダーとの距離を縮められる仕組みを作って参ります。 https://www.wantedly.com/companies/premium-group/post_articles/313639

なぜやるのか

"世界中の人々に最高のファイナンスとサービスを提供" するためです。 金融業界では法律による業務規制があったり、古い商慣習があるため、中々イノベーションを起こすのが難しいと言われています。 ただ、私たちは業界唯一の「独立系信販会社」というポジションのため、自由度の高いビジネス展開が可能なのです。 多様化するお客様のニーズにどうお応えするか?を常に考え、他社を寄せ付けない意思決定、実行力で、サービス拡充をして参りました。 プレミアグループだからこそ、お客様の「あったらいいな。」を実現することができるのです。 オートクレジット(自動車の分割購入)や、自動車の故障保証サービス(ワランティ)の拡充だけではなく、 オートモビリティ企業として、唯一無二の存在となり、「あったらいいな。」が「なくては困る。」に変わるその瞬間まで プレミアグループ は歩みを止めることはありません。

どうやっているのか

3つのバリューについての理解を深めるため、オフサイト型の研修を行っています。
私たちの価値観に共感し、仕事を通して成長したい方を求めています。
プレミアグループならではの強みを活かした事業ドメインを持つことも大切なことですが、 その屋台骨となっているのが「組織」と「人財」です。 私たちは2つ目のMissionとして「常に前向きに、一生懸命プロセスを積み上げることのできる、心豊かな人財を育成する。」を掲げています。 プレミアグループならではの革新的なアイデアや、ビジネスモデルが絵に描いた餅とならないように そこに携わる、「組織」と「人財」が同じベクトルに向かって協力しあえるよう、プレミアグループでは "強い・明るい・優しい" というバリューを互いに共有しています。 仕事において、自ら名乗りをあげれば若手にも責任ある仕事を任せるのがプレミア流。 会社の中心に立って、一生懸命に仕事に取り組みたいという強い想いを持った人財を、私たちは求めています。 【プレミアグループの良いところ】 #社長が全従業員の顔と、名前を覚えている #コア事業を着実に伸ばせている #前向きな失敗を肯定できる #スピード感のある意思決定と、実行力 【プレミアグループの課題】 #前向きな人しかフィットしない #新規事業立ち上げフェーズ #DX化 #変化が激しい=高い適応力が必要