1
/
5

午前中を有効活用!全日空の客室乗務員時代とガラッと変わった、プログリットでの働き方!


こんにちは!プログリット採用広報 Sakiです:)

今回は株式会社プログリットで英語コンサルタントをしている、Mahoさんにインタビューを行いました!Mahoさんの前職は、航空会社の全日空で客室乗務員。国内外問わず多くのフライトを経験し、様々な国籍のお客様とコミュニケーションを取りながらお仕事をされていました。コンサルタントとして働く今、その経験はどう活きているのでしょうか?インタビューを通して、Mahoさんの仕事にかける想いを聞いてきました!

-現在の仕事内容について教えて下さい。

プログリット六本木校でリーダーを務めています。

2018年2月にコンサルタントとして入社をし、これまで新宿校、名古屋校、六本木校と3つの新校舎の立ち上げを経験させていただきました。

日々の業務は、リーダーとして校舎運営やメンバーのマネジメントだけでなく、コンサルタントとして生徒様との面談やカウンセラーとして新規お客様向けの説明会など多岐にわたります。また、TOEFL iBT(R)/IELTSコースの開設などの新規プロジェクトに携わっています。

-前職が客室乗務員とお聞きしました!

はい!新卒で全日空に入社し、客室乗務員として国内線・国際線に乗務しました。

親戚がアメリカに住んでいたこともあり、小さい頃から海外や英語に興味を持っていたことから、大学では英米文学を専攻。大学4年間の思い出は、勉強が楽しかったことに尽きるくらい、授業やゼミに夢中でした(笑)

そのまま進学も考えたのですが、「英語を使って海外と関わる仕事がしたい」という想いもあったため、憧れていたエアライン業界を最初の道に選びました。

-客室乗務員としてキャリアを積んだ後は大学院に通われたと聞きました!

はい。客室乗務員を卒業した後、プログリットに入社するまでの間に海外の大学院に留学をしました。

大学生のときに抱いた「海外で生活し、海外の大学で学ぶ」という夢をどうしても捨てきれず、いずれは必ず叶えたい!そして動くなら20代のうちに!と決めていたんです。

仕事を辞めるときはかなり悩みましたが、3年という節目でやっと決断ができて、オーストラリアに渡りました!

-オーストラリアの大学院では何を学んでいたのですか?

英語教育に興味を持っていたことから、応用言語学、その中でも英語教授法(TESOL,Teaching English to Speakers of Other Languages)という分野を学びました。また、オーストラリアを留学先として選んだ理由としては、TESOL研究で有名な大学があったからです。大学院での勉強や研究は想像以上に大変でしたが、現地での生活は最高の時間でした。様々な出会いが価値観を豊かにし、視野を広げてくれました。

-プログリットとの出会いについて教えて下さい。

帰国してから、海外生活の経験やTESOLの専門性を活かせる仕事をしたいと意気込んでいたときに、プログリットに出会いました。

インターネットで「英語 応用言語学 求人」で検索したら、ヒットしたんです。興味を惹かれて、エージェントを通さずに、直接、採用HPから応募しました。

※採用HP <https://recruit.progrit.co.jp/
※告知 PROGRIT キャリア相談会開催します!!
2月17日(月) 11:00スタート※日本時間 詳細は下記URLをCheck!
http://kikokugocareer-progrit.mystrikingly.com/

自分でも驚いたのは、面接をしたその日、その場で入社を決めたこと。大事な選択を直感で決めるなんてこれまではなかったのですが、今でもその決断は間違っていなかったと思っています。

-今回の本題の働き方について伺います。客室乗務員時代の働き方はどのようなものだったのですか?

国内線では、3泊4日の乗務パターンが多く、平均1日に3~4便乗務をします。国際線では、アジア・アメリカ・ヨーロッパなど全路線で、日帰り便から1泊3日や2泊4日のパターンなど様々スケジュールが組まれます。

1ヶ月に1度勤務スケジュールが発表され、OFFもその日に知らされます。

-1ヶ月先の予定はなかなか立てられないですね..

そうでしたね...外国や国内の地方都市にたくさん行けたのは本当に楽しかったのですが、早朝便や深夜便の乗務、時差で体調を崩すことも多かったので、長く続けるのは難しいかなとも思っていました。

また、固定の班フライトが定期的にあるものの、基本的には毎回「はじめまして」のクルーと飛ぶので、いつも緊張しながら出社していました (笑)

-それと比べていまはどうですか?

自由裁量のもと業務に取り組める環境なので、自分のペースでの働き方ができています!!

「出社する時に校舎のみんなに会いたいから、出社するのが楽しみ」という気持ちでいられるのは、本当に恵まれているなと思います。

飲み会をしたり、旅行に行ったり、プライベートでも同僚とは仲良くしてもらっています。

※名古屋校の立ち上げ時にみんなでいったごはん!

-12:00出社、21:00退社でのワークライフバランスはどうですか?

客室乗務員の時と比較すると、すごく身体が楽です!(笑)

前職が不規則な生活だったので、毎日規則的に過ごせるのは本当に良いことだなと(笑)

満員電車に乗ることもないので、快適に通勤しています。さらに、出社前にヨガやネイルに行ったり、午前中をうまく活用できる日は、一日がとても充実した気分になります!

-プログリットに興味を持っている方にメッセージをお願いします!

「世界で自由に活躍できる人を増やす」というミッションのもと、お客さまの人生を変える仕事をしているため、課題や問題とは常に向き合い続けます。ただ、フラットな環境で、常に意見に耳を傾けてくれる上司や仲間がいるので、がんばる力が湧いてきます!!経営陣との距離も近く、新しい挑戦を応援してくれる環境で働けるので、とても幸せです。魅力的な社員がたくさんいるので、きっと楽しいワークライフを送れると思いますよ!ご興味がある方、ぜひお待ちしています!!

株式会社プログリット's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more