ユーザーファーストを追求するMarketerたちVol.1 真のマーケターを目指して ~菅 小百合~

mission:現在マーケティングチームのリーダーとして、自社サービスのプロモーション及び自社サイト制作~運用まで幅広く携わる。昨秋から、それぞれの部署から代表社員が集まりサービスをグロースさせる事を目的としたクロスファンクショナルチームが立ち上がり、そこにマーケティングチームの代表としてジョインする等、会社の中核として事業創出に携わる。


――クイックに入社する前の経歴を教えてください。

新卒で大手Web広告代理店に入社し、ストラテジストとして約3年半、リスティング広告を用いてクライアントの課題解決を行っていました。


――転職しようと思ったきっかけは?

一番は、このままリスティング広告のスペシャリストになっても、つまんないと思ったからですね。リスティング広告ってWebマーケティングのほんの一部でしかなくって。もっと本質的な課題解決ができたり、マーケティングそのものの面白みを感じるためには、マーケティングの全体像を学べるようなキャリアを歩みたいと考えるようになりました。

あとは、女性にとって、30代は結婚や出産等でライフステージが変わる可能性も高いので、20代のうちに次のステージで力試しをしたいな、と。

そのため、代理店から自社サービスの企業に転職することを軸に、転職活動をスタートしました。


――そんな中、なぜクイックに興味を持たれたんですか?

人材ビジネスというマーケットが純粋に面白いと思ったからです。

というのも、自分の今後のキャリアを考えたときに、先ほど話した事業会社であることと併せて、「デジタルマーケティングがビジネスに直接的に寄与していること」を重要視していました。自分の仕事がビジネスの収益にインパクトを与えている方が、やりがいがあるのでは?と。人材業界は求職者に会社やサービスを的確に訴求し、利用していただくことが重要なビジネスです。なぜなら、サービス利用者がいないと成立しないビジネスモデルだからです。よって、マーケターとして自分の仕事の価値や、貢献度をダイレクトに感じることができるんじゃないかと考えました。そのため、他にはECやダイレクト保険の業界も併せて受験していましたね。



――複数社受験をされていたとのことですが、入社の決め手はずばり?

本質的なマーケティングに取り組む姿勢に心打たれたのと、女性だからといってキャリアを諦めたり、反対に無理をしなくていいと実感できたことです。

前者でいくと、当時の私に任されていた仕事って、貰った予算でいかにコンバージョンを取っていくかが全てでした。ただ、面接で現室長の小原に話を聞いて、自分の価値観が180度変わりました。というのも、クイックはマーケティング設計をする際に、まずはマーケット全体を時系列やストーリーで捉えることを一番に置いていたんですよ。小原が「転職希望者が何を考えて、どんな風に普段生活をしていて、どんな理由で転職するのか。ユーザーを思い、とことん考えて抜いてマーケティングをおこなっている。それをやり抜くことがマーケティングの本質だと思うんだよね。」と当り前のように話す姿を見て、レベルの高さを感じるとともに、ここなら本質的なマーケティングができると思いました。

後者については、当時28歳・独身・総合職というキャリアで、これから先どうなりたいというのが明確になくて。不確定要素が多い中で、できるだけ選択肢の多い道を選びたいと思っていたんです。クイックでは活躍している女性が多く、かつ、女性のライフステージに合わせて、一人一人のキャリアに柔軟に対応しているという事例を聞いて、女性でも自分の思うように働けるんだって。当時の私は帰りが遅い日が続いていて、結婚・出産してもこのまま無理してバリバリ働き続けるか、キャリアを諦めるかのどちらかしかないのかと感じていたので、非常に魅力的でしたね。このようなことから、もうここしかない!と思ってクイックに決断しました。



――仕事のやりがいや難しさは?

自分が「こうしたい!」と思ったことが、実現できるところです。事業に対しても、組織に対しても、いつでも提案と挑戦の機会が与えられています。正直、私って前職で目立って優秀だったわけでもなかったんですよ(笑)だから初めは、自分の意見が正しいのかどうか、自信がないことも多くって。ただ、クイックのメンバーは、私がするべきだと思ったことに対して、熱心に話を聞いてくれて、チャレンジさせてくれる。この会社の規模でそれができるって、単純にすごいし、ありがたいなと思いますね。

一方で、あまりの裁量の大きさに最初は戸惑い、悩みました。前職は、部署ごと・職種ごとに役割が決まっていて、誰かが指示してくれたり、TO DOとしてやることが明確になっている環境だったんですよね。でもクイックは、自分自身でやるべきことを考え、必要だと思う広告媒体もツールも自分で探してきて、自分で導入を決断するのなんて当たり前。最初はビクビクして手が震えたくらいでしたけど(笑)ただ、マーケットに対する感度が高い人が多いので、周りの力を借りてやれることが増えていき、今では裁量権をもらえることが楽しみに変わりましたね。



――入社して成長できたと思うことはありますか?

仕事が楽しいと心から思うようになったことです!(笑)というのも、見える世界が変わったんですよ。与えられた仕事と目の前の目標に向き合うのが精一杯だった私が、今では事業の社会的価値やビジョンを意識し、幅広い視点で物事を考えられるようになった。そこから、自分の仕事が社会にどう繋がるのかを考え働くようになり、仕事自体が楽しく感じられるようになりました。今は、営業やエンジニア等部署横断のクロスファンクショナルチームで、会社全体でサービスを生み出していくというミッションに携わらせてもらっているため、メンバーを巻き込みながら、チームでいい仕事をしていきたいです。私、これから先まだまだ事業も自分も成長ができると確信してるんですよね。こんな風に思えるようになったことが入社して成長できたことかもしれないです。


――今後の目標や実現したいことはありますか?

まずは、私が携わっている自社メディアを業界NO.1サイトにして、より多くのユーザーのために貢献したいです。そこから、マーケターとして、事業や社会に貢献をし、真の意味でマーケットを作り出すマーケターになることが目標ですね!

株式会社クイック's job postings
Anonymous
33f476a5 7703 4f57 91a0 86a5fcb2a7c5?1557895874
9b8bb1b5 e47f 4095 aca3 fef18b1746e6?1557912024
27095bdf 6425 4a26 a846 acd0600f588e?1557911351
Picture?height=40&width=40
219fb9f8 ca54 4d37 9a15 a5a67afc292b?1557989016
8 Likes
Anonymous
33f476a5 7703 4f57 91a0 86a5fcb2a7c5?1557895874
9b8bb1b5 e47f 4095 aca3 fef18b1746e6?1557912024
27095bdf 6425 4a26 a846 acd0600f588e?1557911351
Picture?height=40&width=40
219fb9f8 ca54 4d37 9a15 a5a67afc292b?1557989016
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon