1
/
5

【18新卒インタビュー①】"みんなのため"にPOWERがほしい!リジョブの"LOVE代表"☆ゆるふわ共感ガール奮闘記:竹本 未紀さん

「LOVE&POWER」という採用キーワードの元、リジョブでは毎年、全社的にエネルギーを注いで新卒採用を行っており、今年は9名が入社しました。全国各地から選りすぐられた新卒採用生の中には“経営幹部候補生”と呼ばれるメンバーがおり、新入社員ながら日々「経営視点」で物事を判断していくことを学び実践しています。…そう聞くと、なんだかとてつもない人達を想像しますよね。
※経営幹部候補生について、詳しくはこちらをご覧ください ↓



…そんな18新卒インタビューのトップバッターは、今年の「LOVE代表」と言われている佐賀県出身・竹本 未紀さん。いつも満開の笑顔で周りを和ませてくれる彼女に、リジョブに入社した理由や新入社員研修の事、等々を聞いてみました。

-竹本さん、一見ゆるふわ系ですが、かなりの根性の持ち主、と聞いています(笑)…。簡単に自己紹介していただけますか?

はい、よく言われます(笑)。はじめまして、美容求人メディア「リジョブ」の営業を担当している、2018年入社の竹本未紀です。18新卒同期は、とても優秀なメンバーばかりなんですよ。みんな「仕事を通してリジョブで実現したいこと」が明確になっていたり、先輩に言われたことのポイントをパっと一瞬でつかんだり、プレゼンがとても上手だったり。同年代なのにすごいなあ!といつもびっくりさせられています。

そんな18新卒の中で「末っ子キャラ」の私は、佐賀県ののんびりした地方都市で育ちました。自他共に認める「あまり要領が良くない」私ですが、「要領が悪ければ人の5倍努力すればいいじゃん!」といつも前向きで、「その図太さが竹本の武器だよ!」とマネージャーのAさんにも常にお褒め(?)いただいております。

※18新卒同期との写真です!

-なるほど、前向きですね!九州ではどんな生活を送っていたんですか?

小学校に上がるまでは落ち着きがない、いつも走り回っていて池に落ちたり、柱にぶつかって頭から出血…というおてんばな子供でした。小・中・高ではバスケ部に所属し、ウルフカットでブンブン走り回っていました。

※バスケ部時代。前列左から2番目が私です!

-パっと見、スポーツしているイメージが無いので意外ですね。お母さんがバリバリのキャリアウーマンだったとか?

はい、母は金融業界でバリバリに働くキャリアウーマンで、経済的にも精神的にも自立していて格好いい身近な憧れの女性でした。九州地方は“九州男児”と言われるように、男尊女卑のイメージがあるかもしれませんが、実際は「九州の女性は芯が強くて、しっかりと手綱を握っている」イメージがあります。リジョブの人事マネージャーを務めるKさんもそんな女性の一人で、面接でお会いしてとても影響されました。Kさんとは同じ大学出身でもあり、九州から出てビジネスの街・東京でこんな風に活躍できるんだな、と。本気でやるなら東京に行ってみて、私もこんな風に自立して仕事ができる社会人の女性になりたいな、と思ったんです。  

-そんな竹本さんは大学4年時に「学生が企業の前でプレゼンするイベント」で2位に選ばれたとか!準備もかなり大変だったと思うんですが、どうして2位になれたと思いますか?

私は何に対してもですが、「とりあえずやってみる!やるからには最大で楽しみたい!」と思うタイプなんです。そのイベントとの出会いも、偶然声をかけていただき、お!楽しそうという理由のみでチャレンジしてみました。2位になれた理由は…冒頭でもお話した通り、私は要領が悪いタイプなので「準備に人の5倍の時間をかけて臨んだ」からだと思います。準備にかけた時間では、他のどの参加者にも負けていなかったと思いますね。

そのイベントは、「経営者・採用担当者と1対1で面談し、企業から"スカウト"される」という就活イベントで、参加するために自己PR文章とプレゼンテーション資料を作り込みます。私は感覚的に人に共感すること・共感を得ることは得意なんですが、ロジカルシンキングが大の苦手で、担当のメンターさんにこのロジカル部分をガチガチに打ちのめされて、鍛えられました。この時のプレゼン資料は自分史上最高の出来でした!そしてこのイベントのお陰で、自分の強みについて徹底的に考えることができました。

※イベントの参加メンバーと記念撮影!

-リジョブの“LOVE代表”な「竹本さんの強み」って、何でしょう?

九州での大学時代、大学生協での商品提案インターンをしていたんですね。インターンとはいえ、2年目には100人規模の組織をマネジメントする必要があったんですが、「出来る子とできるまでに時間がかかる子」によって、それぞれ違う言葉がけやアプローチでモチベーションを持たせて巻き込んでいく、そういったところがとても得意でした。出来るタイプ、出来ないタイプ両方の後輩達に「竹本さんが言うんだったら、もうちょっとやってみよう」と感じてもらい→動いてもらうことが出来て、その年は過去最高の売上を達成できたんです。こういう、アドバイザー力というか共感する力、が私の“強み”なんだと思いました。

あとは、マネージャーのAさんにもよく言われますが、「めげずに図太く頑張れる所」でしょうか。失敗したり叱られてもくよくよせず、頭をパパっと切り替えていけます。

-確かに、いつも笑顔ですよね! どうしてリジョブに入社を決めたんですか?

リジョブと出会うまでは正直、就活をしていても全く「ピンとくる所」が無かったんです。「人を幸せにする仕事」に関わりたい気持ちはあったけれど、その想いを面接官にロジカルに伝えることも難しく、面接では「そんなのは学生の夢物語だよ」「会社はまず利益を上げないとね」と言われることが多かったんです。

人生の中で多くの時間を費やす仕事を通して「人を幸せにする仕事」「一緒に働くメンバーと自分も幸せを感じられる仕事」そんな仕事とめぐり合えたらいいなと思いながら就活を続けていました。しかし、リジョブと出会い、NPOではなくビジネスだからこそできることが何かを知り、とてもワクワクしたんです!それが、偶然ある求人媒体をきっかけにリジョブの説明会に参加し、「ビジネスの力で社会課題を解決すること」「心の豊かさあふれる社会を創るというビジョン」を聞いて”こんな会社があったんだ!”とびっくりしたんです。

その後、面接で大学の先輩のKさん、代表の鈴木さんと話をさせていただいて「ビジネスで人を幸せにするのは、ものすごくパワーがいることだよ。けれどリジョブでは、メンバーがみんな同じ想いを持って働いているよ」という言葉に共感して、リジョブへの入社を決めました。「LOVEを実現させるためのPOWERをつけていこう」と、覚悟したんです。初めは一人暮らし・ベンチャー企業ということで心配していた母も、一番の応援者になってくれましたね!

ー入社してすぐに行った新卒研修は、いかがでしたか?

正直、死ぬほどきつかったです。同期は1時間で終わらせられることに、自分は優先順位付けを間違って半日かかってしまったり、自分の仕事をとめたら誰にどの範囲で迷惑がかかるのか、想像できなかったり…。研修では各部署を3日程度ずつローテーションで体験したのですが、部署毎の仕事のポイントをつかむまでに時間がかかり、出来ないことが多くて悔しかったです。

ジョブローテーションを通して、自分の中ではお客様をサポートする仕事、助けてほしいという人に色々な案を提案する仕事が肌に合っていると思いました。けれど、母やKさんのような「自立する力」を身につける部分において、営業の力をつけていきたいと考え、配属希望を営業にしました。

※配属決定後、同期メンバー達と♪

ー営業に実際に配属されて、仕事を通してこれまで感じたことは?

以前から私は「共感してもらうことが得意かつ好き」なんです。営業としては警戒心を持たれないことが強みかな、と思います。今は「頑張っている新人の女の子」として、お客様から営業の秘訣をご指導いただいたり、今後の活躍を応援していただけることも多いです。この1年で、それだけではなくロジカル部分も磨いて、将来的に共感もロジカルもできるようになったら最強じゃん!と強気でいます(笑)

※リテール営業チームの写真です!

ーこれから、リジョブでどんな仕事をしていきたい・どんな日々を送りたいですか?

私は壮大な目標やビジョンを掲げてそこに向かってコツコツ努力するというよりも、目の前の仕事や人に必死で向き合うことで次のステップが見えてくるタイプなので、今は自分の幅をどんどん広げていく時期だと思っています。

学生時代から、人を勇気付け・モチベーションを上げて成果に結びつけるというマネジメントにとても興味があり、身近なマネージャーであるAさんを目標に、数値・メンタル両面のマネジメントがいつかできるように数字が弱い部分をつめていきたいと思っています。

その上で、リジョブの仲間たちとさらに「誰かの”人生にとって”プラスになる仕事」を数多くの方に提供していくこと、そして一人でも多くのが毎日を笑顔で楽しめるような社会が実現できたら最高ですね。

ー上司のマネージャーAさんへ、メッセージはありますか?

いつも、何度でも(笑)、愛を持ってご指導いただきありがとうございます!一日も早く営業メンバーとして一人前に、そしてAさんに安心してもらえる部下になりたいです!

≪Aさんから竹本さんへの応援メッセージ≫

竹本が配属されてきた時、「パッと見、ふわふわしているけれど芯は強く、そう簡単にブレない子が来た!」と思いました。

彼女は“LOVE代表”といわれる通り、お客様やメンバーにとっても愛されています!アルバイトさんも「竹もっちゃんのために頑張ろう」と思ってくれている方が多く、それは彼女の人柄が自然と周りをそうさせているんだと思います。

ただ、本人も言っている通り…もう少しロジカルさは求めたいところです…ね(笑)。。周りを圧倒するような結果が残せるよう、竹本らしくLOVEとPOWERにさらに磨きをかけてほしいですね。

※尊敬する、上司のAさんと!

…等身大でいつも笑顔満開、明るく(いい意味で)図太い”LOVE代表”の竹本さん。人前で弱音ははかないけれど、その憎めないキャラクターの裏側でもちろんしっかり努力していて、最近ではお客様からの評価も急上昇。気がついたらとんでもない景色を眺めていそうな、18新卒期待の女の子です。ぜひ、これからもリジョブの仲間たちと「誰かの”人生にとって”プラスになる仕事」に励んでくださいね。

株式会社リジョブ's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings