1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

RPの働き方~スムーズにテレワーク移行できた3つのワケとは?!編~

こんにちは!ROBOTPAYMENT広報担当の高橋です!

本日は、この度の新型コロナウイルス感染拡大の対策として、
様々な企業で検討・実施されている「テレワーク」についてお話しさせていただきます!

弊社では、3月25日の東京都知事の会見を受け、26日に全従業員のテレワーク移行を決定し、
現在1日平均約92%の従業員がテレワークを実施しております!


全社会議もオンライン!(企業秘密・個人名はモザイク失礼します!)


表彰の様子です!(声が重なってしまうため、みんなコメントで祝福っ!!)


実はこのテレワーク体制、導入時は制度化されていなかったため、基盤としては0からのスタートでした。。。!!

そんな中で当社が、スムーズに移行できた3つのワケについてお話しさせていただきます!

その3つのワケとは!!!

①以前から、全社的にクラウドサービスを多く導入していたため

②会社の文化として社員同士のコミュニケーションが活発なため

③会社のトップ層が情報に敏感であり「社員のため」を考えてくれたため


それぞれ説明させていただきます!

①以前から、全社的にクラウドサービスを多く導入していたため

まずは弊社が15,000社以上のお客様を80名で支えているため、一人一人のお客様にしっかりと向き合えるよう作業効率化を重視しており、各部署で様々なクラウドサービスを利用させていただいております。

また、当社もSaaSプロダクトを開発・提供しておりますので、世の中の様々なクラウドサービスを使いこなせるよう積極的に調査・導入しています!

例)営業ではセールスフォースでの顧客管理、Miitelでのオンライン電話、管理部門ではジョブカンやクラウドサインなど


②会社の文化として社員同士のコミュニケーションが活発なため

当社はバリューとして「Play Together -仲間を大切にする」を掲げており、チームワークや組織文化をとても大切にしています。且つ、社内イベントも多く実施しているので、部署や役職関係なく、交流する場が非常に多いです!

また、仕事中の部署間連携として基本的にSlackを利用しております。

上記のようなリアルコミュニケーションも大切にしておりますが、オープンな組織を目指しているので、全社員が全社員の発言を確認できる状態にするため、オンライン上で会話することも多いです。

そのため、今回急遽テレワークとなりましたが、特にオンライン上での連携方法などにも困らず、社員同士の会話がスムーズに進んでいるのではないかと思います。

さらに、Slackでは各メンバーに#timesという独り言の場を設けていまして、そこで発言したことにそれぞれ反応しあったり、その際のリアクションとして使われているスタンプの数は現在1300種類以上もあります!(笑) 数えてびっくり。。!(笑)
(#timesとは https://qiita.com/tamoryo37/items/79be470ab12358311b95

このようにオンライン・オフライン問わず、会社としてコミュニケーション文化が強いということがテレワークをより浸透させているのではないかと感じております。



こちらは、2月に行ったバレンタインイベントになります!隔月でオフィスのセミナールームで全社イベントを開催してます💛(今はコロナで延期ですが。。。涙)

③会社のトップ層が情報に敏感であり「社員のため」を考えてくれたため

そして、何より会社の最終判断をするのは社長や経営トップになります。

そのため、経営トップがどれだけ情報に敏感であるか会社と社員のことをどれだけ考えているかで、こういった判断を下すスピード感というのは大きく変わってくるのではないかと思います。

実際に、テレワーク移行を決定する前から、社長や役員からの情報発信やテレワーク移行の準備の指示があり、安心して業務にあたることができていました。

また、弊社は「時事ニュース制度」という全員が毎朝気になるニュースを共有しあう制度があります。

以下のようにそれぞれが発信したニュースを一覧で確認できるようにしておりまして、
自分では知らないようなメディアサイトからの情報も知れたりするので息抜きに読んだりしています。(笑)



このようにトップ層だけでなく、全メンバーが最新の情報に触れていこうという習慣が身に付いていることも影響していると思います。


では、実際テレワークを行っている社員の声はどうなのか。。。??


詳細は次週投稿いたします!!!

みんなそれぞれどうやってテレワークしてる?というところや、テレワークをするうえで作業効率化するためのちょっとした工夫まで入り込んで紹介させていただきます!

お楽しみに~~~!!


==================お知らせコーナー=====================

このブログを読んで、ROBOT PAYMENTの働き方や文化に興味を持った方はこちらまでご連絡ください

https://www.wantedly.com/companies/robotpayment

緊急事態宣言後の当社サービス運営方針についてはこちら

https://www.robotpayment.co.jp/news/2020/04/08/

①「インターネット決済サービス」「請求管理ロボ」をはじめとした、当社サービス・サポートの安定稼働

② 500社以上の導入実績をもとに、請求業務の完全アウトソーシング・テレワーク体制を支援

ROBOT PAYMENTのエンジニアのテレワーク環境記事はこちら

https://tech.robotpayment.co.jp/entry/2020/04/10/110000

テレワーク環境にもそれぞれの個性が出ていて非常に面白いです。(笑)

気になった方はぜひご覧ください!!

株式会社ROBOT PAYMENT では一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう