~プロになって10年、初心に戻れる場所~ SEQSENSE member interview#1

こんにちは、SEQSENSEの非エンジニアメンバーの金 成在(キム ソンジェ)です。Wantedlyをご覧の方に弊社のことを知っていただくため、社員紹介も兼ねたインタビューを連載することにしました。まず第一回は、クラウドシステムエンジニアの朝香です。職人肌の彼がどのようにしてSEQSENSEのメンバーになったのか聞いてみました。

-自己紹介をお願いします。
朝香貴寛(あさか たかひろ)、クラウドシステム担当です。
工学系大学院を卒業後、独立系SIerのR&D部門でキャリアをスタートしたのち、ITベンチャーでWebサービスの構築を経験しました。その後、ひと段落した時点でSIer時代の人脈を通じてSEQSENSEをしり、2017年に入社しました。社会人歴 =エンジニア歴、今年で10年目になります。

-SEQSENSEに入る前はどのようなことをしてましたか?
新卒で入社したTIS社では、R&D部門に配属されて、その当時話題のAndroidアプリ開発やスマートフォンに最適化されたWebアプリ開発手法などの調査・技術評価などを行っていました。新人のときから最新の技術や言語を貪欲に吸収しないといけない環境に加えて、周りの先輩たちから“いつ会社がなくなっても自立できるように実力をつけろ。”と言われて育ってきました。Android/iOSアプリ、Webアプリを作っていくうちに新たなサービス型の新規事業を生みだすチームに配属しました。そこでは自らプロトタイプを作ってビジネスモデルを作るという業務をしてきました。しかし、SIerとしてはBtoBのサービスモデルが求められていくなか、個人的にはBtoCのビジネスに興味がわいてきました。
そんな中、ビジネスモデルの参考として見ていたキュレーションメディアへの転職を決めました。それまではネイティブアプリの開発がメインでしたが、アプリのバックエンドも自分で実装しててサーバサイドのほうが性にあってる気がしたのでサーバサイドエンジニアとして転職しました。

-なぜSEQSENSEに転職したのか?
急速に伸びて聞くサービスの中で3年間ほどがむしゃらに働いたのち、ある程度落ち着いた段階で次のステージを考え出したところ会社のマネジメント交代もありそれを機に再度転職を決意しました。そのタイミングでもともとTIS時代に一緒に働いていた油谷さん(SEQSENSE社外取締役)から声をかけていただき、この会社と出会いました。学生時代に自律移動ロボットのソフトウェア開発にかかわる研究をし、人生で初めて没頭した研究だった一方で、やり切ったとは言えない部分があったので、当時、空想の世界で考えていたことが現実になる場面を見れると思いSEQSENSEに参画しました。



-この先、何をしたいですか?
自律移動ロボットの実社会への導入と実用化ですね。IoTサービスのようにインターネット経由でモノを管理・操作できるものはありますが、実物(ロボット)が動き回り、ネットワークの状態も常に変化する環境にありながら、サーバのような役割までも果たす物を管理するシステムはあまり多くないので、そういったシステムを作りこんで実用化することを達成したいですね。ありふれたものでないが必ず必要なものである以上、どこまで作りこむと充分かわからず、手探りな部分も多いが、未知なるゴールを目指して必要な技術を取り入れて進めていくことにやりがいを感じています。


-どんな人と一緒に働きたいですか?
エンジニアリングを生業(なりわい)としている or していきたい人ですかね。自分はエンジニア=技術者として生きていくという覚悟を持った人がいいですね。エンジニアからスタートして経験を積んだあとプロジェクトマネージャーを目指すというようなキャリアプランも1つの道ですけど、生涯現役エンジニア宣言をしているような人のほうが相性がいいと思いますね。そういう人は自然と必要な技術や新しい技術に対して貪欲に探し求めて吸収していくと思います。
エンジニアとして生きてていくには、使う使わないにかかわらず新しい技術をウォッチして自身の問題解決の選択肢の幅を広げていかないといないとだめだと思っています。ただ当たり前ですけど、単に新しい技術好きじゃダメで、その技術が現在や将来的にプロダクトに必要な技術なのか、コストに見合うのかなどを考慮して適切に導入できる力も必要だと考えていて、そういったことを考えられるようになって初めて自立したエンジニアになれると思うし、そういった人と一緒に働きたいですね。

-あなたにとってSEQSENSEとは?
ちょっと照れ臭いですが昔夢描いていたことが実現できる場所ですかね。大学時代に没頭していたことを、10年たって再度挑戦できてると思っています。言ってみれば“10年目にして初心に戻る場所”ですね。

今回はクラウドサイドエンジニアの朝香のインタビューでした。職人エンジニアの人となりが伝わったでしょうか?今後もSEQSENSEのメンバーを紹介していきますので乞うご期待ください。

SEQSENSEでは次世代ロボットをともに作り上げるエンジニアを募集しています。

ロボティクス・サーバーサイドエンジニア
フロントエンドエンジニア
話を聞きたい、一回見て見たいという方は是非一度ご連絡ください。

SEQSENSE株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more