1
/
5

森田ドラゴンのインターンシップ ~27日目~ python debug

高知からリモートインターンしている森田ドラゴンです。昨日のインターンでは3時間ほどしか作業できなかったので、今日まとめて記事を書きます。やっていたことは、pythonのテストコードを書きながらのdebugです。テストコードを書くことよりも、pythonのdebugに結構ハマりました。

ハマったこと

pytest ,ファイルがimportできない

とりあえずpytestが動かないと話にならないので、pytestを実行してみたものの、moduleが存在しないよ〜、とエラーが。

ModuleNotFoundError: No module named 'app'

app.pyというメインファイルは存在しているし、実験的に作った他のファイルでのテストと同じコードを書いているはずなのに、なぜか動きませんでした。

調べていくと、下記のコードを書き込んで、モジュールとして認識させる必要があるみたいです。他のファイルで試した時は、下記の処理を書いていないので、なぜ通ったのかは謎です。これをする必要はないと思うので、また調べる時間を作って勉強します。

import sys
sys.path.append('/課題/weather-api') #フルパス

loggerを動かしたい

pytestは実行できるようになったものの、エラーが発生した場合に、元のページのコードが見える処理を書いていないので、logを出力する必要がありました。loggerをimportすれば動かせそうだったんですが、ファイルに出力する設定を書かないといけないみたいです。

今後、aws リソースとpythonをテストしていくことを考えると、logファイルを作ったほうが良さそうでしたが、今回の場合はコンソール場で表示したいだけだったので、色々と試していました。テストの度に cat test.logと打ち込むのは面倒ですし、logが積み重なっていくと見づらくなることを嫌ったからです。

悔しいことにできなかったので、ファイルに出力するやり方でlogを確認することにしました。(こちらは記事がたくさんありました)

logging.basicConfig(filename='test.log', level=logging.DEBUG)
logger = logging.getLogger("output")

APIレスポンスの形式はbyte型

debugを始めて最初につまったのが、livedoor お天気apiからのレスポンスの形式です。前調べではjsonファイルが返ってくると公式サイトに書かれていたのですが、実際に返ってきたデータはbytes型で、jsonとして利用できずデータが取り出せませんでした。

最初はレスポンスの型が原因だとは思わなかったので、気づくまでに時間がかかりました。bytesからjsonに変換するコードは以下になります。一度、str型にしてあげる必要があるようです。

json_data = json.loads(body.decode()) # decode()で bytes -> strの変換

urllibのエラーをキャッチする

森さんからプログラムの正常ルート、エラールートについて教えていただいたので、try catchで例外処理を追加しました。詰まったのは importした urllib ライブラリで出力された、エラーを検知する方法です。

logを確認すると、エラー自体はレスポンスとして返しているようなので、「レスポンスをエラーとしてキャッチするにはどうすればいいか?」という切り口で考えていました。実はそんなことしなくても logに出ていたエラーコードを貼り付けるだけでよかったんですけどね。

 try:
   with urllib.request.urlopen(req) as res:
body = res.read()
 except urllib.error.HTTPError as e:
print(e)
return "E002"
 except Exception as e:
print(e)
return "E000"

例外処理は始めると切りがなさそうだったので、予想できないエラーが起きた場合の処理も追加しました。ちなみにリターンで返しているE002というのはエラーコードです。ただ、エラーコードと正当なコードを同じレスポンスとして返すのは、なんだかなあという感じがします。API GWの設定で、404エラー等を返せるようにしたいです。

感想

やっとまともにデバッグができるようになったので、pythonコードを(おそらく)完成させることができました。次はAPI GWをSAMでデプロイすることです。問題は、

・POSTのデータマッピングをどう設定するか
・Swaggerを読み込ませるコードを書く

Swaggerは単純に仕様書の役目かと思っていたら、SAMでは記述しきれない細かな設定を定義できる、テンプレートの役割も担っているようです。こちらはimportすればできそうです。

POST形式のAWS SAMの設定の仕方が調べても出てこなくて、API のサンプルを調べてみようかなと思ってます。

株式会社サーバーワークス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more