1
/
5

こてんぱんに失敗する想定から・・・


井上尚弥選手(ボクシングの)は、
怪物とかモンスターと言われるほど常識的ではないボクサーです。

全盛期のマイクタイソンのように、
素人の僕が観てもわかり易いほどに圧倒的に強いボクサーだと思います。

それでも井上選手は、完膚なきまで負ける想定し、
相手にボコボコにノックアウトされる想定をもって試合に臨む。
そんな記事をどこかで読みました。

まあだからこそ圧倒的に強い・・・

7月にリリースする当社クラウドサービスのAIRzは
失敗するパターンをいくつも想定はしていますが
僕自身の失敗の構想力まだまだ足りません。

そして構想は初期に深く行うべきで、
実践に入り、ある程度の時間が経ったときの失敗は
取り返しがつかないケースも多いと思います。

「やってみなければわからない。」それは事実です。

ただ、それを大きな声で言えるのは
失敗の構想を何度も何度も頭の中で重ねた人だけです。

新しい事業を進めるときはリーンスタートアップ方式の
仮説検証を実践し繰り返すやり方が良いと思います。

ただし希望的観測で入る実践と
事前準備をしこたまやった上での実践は異なります。

成果のためには実践が全てです。
でもそれを左右するのは準備。それが9割だと思います。

これら2つは対極にあるものではなく
1つの円でつながっているものです。

成功するためには失敗を心底恐れるべきで
そういった意味では、成功も失敗も一つ円でつながっているだけなのかもしれません・・・

技術者ブログへ >
コーポレートサイトへ >

シンプライン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング