【SDGs×スマートブルー】中小企業がやるSDGsへの取り組み



今月の社内研修も引き続きSDGsについて。

SDGs研修も今回で3回目となり、SDGsの大枠や取り組みイメージがつかめるようになってきました。

そんななかで今回はこれまでに比べより具体的に、

スマートブルーとしてどんな取り組みができるのかをグループディスカッションしました。

まずはスマートブルーの事業を片っ端から書き出します。

ソーラーシェアリング、産業用太陽光発電、W全量買取、農作物の生産・販売、

土地の有効利用コンサルティング、発電所運営、農場運営、メンテナンス、工事、草刈り

というように一覧にしてみると、いつの間にかこんなに広がっていたんだあと感じます。

続いて事業以外のところでは毎月の社内研修、社外研修の補助制度、地域清掃、社員旅行、

資格・免許取得の支援制度、男女を問わない産休・育休制度、インターンシップ受け入れ等々、

直接事業に関わらないところでも内外に向けて、色々と取り組んでいます。


一通り書き出した後は、その事業や取り組みがSDGsの17の目標で言ったら何に当てはまるかを話し合いました。

「ソーラーシェアリングは農作物とエネルギーを作っているから・・・・・・2【飢餓をゼロに】7【エネルギーをみんなに そしてクリーンに】、それと13【気候変動に具体的な対策を】?」

「地産地消とかを考えれば11【住み続けられるまちづくりを】とか12【つくる責任 つかう責任】にも当てはまりそう。。」

「磐田農場は先端ICT技術とか地域と防災拠点協定を結んでいるから9【産業と技術革新の基盤をつくろう】17【パートナーシップで目標を達成しよう】も。」

「地域清掃は1115【陸の豊かさも守ろう】、あと17も!」

「社内研修は色々やってるから、4【質の高い教育をみんなに】・5【ジェンダー平等を実現しよう】・8【働きがいも経済成長も】・16【平和と公正をすべての人に】・17もいけるよね

等々、1~17すべての目標に当てはまる勢いでした。


そして最後に、スマートブルーがSDGsアワードを受賞しにいくなら、どんなことに取り組むかを議論、発表しました。SDGsアワードとは、SDGsを推進するために外務省が創設したSDGsに優れた取り組みを行っている企業を表彰するもので、今年で3年目となります。

スマートブルーがSDGsアワードを受賞するための取り組みについて、各グループが発表していきましたが、

要約すると、

いまやっていることでいいんじゃないか? ということです。

ソーラーシェアリングでも磐田農場でもW全量買取でも、地域清掃でも社内研修でも、もうすでにSDGs的な取り組みをしているので、どの事業を中心にアプローチしていくか、はたまた既存事業をさらに発展させていくのか。

今後の【SDGs×スマートブルー】にますますご期待ください!

スマートブルー株式会社's job postings
Anonymous
547586 113972832075339 1137806402 n
1 Likes
Anonymous
547586 113972832075339 1137806402 n
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon