内に秘める闘争心 土台をなす3つの基本 ~ 前編 ~

スマートバリューで働くメンバーを紹介する「 SVパーソン 」。

今回は、新卒で入社し、モビリティサービスセクション プロダクト開発グループのGroup Leaderとして頑張る吉川に、現在の仕事やこだわりについて伺いました!

吉川 航平( よしかわ こうへい ) 2012年入社 奈良県出身・29歳 
新卒で入社し、モビリティサービスセクション プロダクト開発グループのGroup Leader
システム提案営業およびマネジメント業務に従事。休日は子どもと遊びながら、フットサルを楽しむ。
会社でもフットサル部を立ち上げ定期的に汗を流している。

新卒で入社されたとのことですが、入社から現在にいたるまで、どのような仕事をされてきましたか?

エンターテイメント系のシステム開発フロントからキャリアをスタートさせ、システムの提案、要件定義~仕様設計までを半年間担当しました。その後、テレマティクスサービス「 CiEMS 」「 CiEMS 3G 」の立ち上げから関わり、企画・販売・広報業務に約5年間従事してきました。

販売においては全国を担当し、代理店パートナーやOEMパートナー企業を開拓し、サービス拡大の基盤を形成してきました。

「 CiEMS Report 」においては、サービスの企画からリーダーとして従事し、5万人以上が使うサービスに仕立てあげました。

その後、モビリティIoTに関わるシステム開発フロントを担当し、担当事業をGroup化、現在はそのGroup Leaderを担当しています。



現在はどのような仕事を担当されているのですか?

モビリティIoTの領域に関わるシステム開発の提案をメインで実施しています。

現在は主に、「 車両の予防整備 」「 テレマティクス保険 」「 シェアエコノミー 」のデータ利活用分野にフォーカスし、H/Wやネットワーク、サーバ、アプリケーションの実運用を一括もしくは一部分に分け、ユーザニーズに合うシステムを提案しています。

クライアントは、自動車メーカー、リース会社、ディーラー、Sier、シンクタンクと幅広く、モビリティサービスとして構築されるプロダクト開発が案件の大多数を占めています。

仕事には多くの課題がありますが、どのように解決しようと心がけていますか?

日々様々な課題と向かい合い、業務をこなしています。

現在は、担当業務の定型化や組織化が課題ですね。その中で今後のステップとして、IoTサービスの構築における業務設計構築を実施していきたいと考えています。

個人のパフォーマンスを組織全体で統一し、対応案件数の増加を図っていきたいと考えています。そして、個々の案件における対応品質を標準化していきたいです。すでに、提案における各業務プロセスを見える化し、経験則で実施している業務を手順書に落とし込む作業を実施中です。

また、規模を拡大させていくためには組織化も必須となります。そのためにも、今後はモビリティIoTの主戦場である東京の人員を増加させつつ、技術者とのリレーションを円滑にしていく仕組みも構築してきたいです。


入社からこれまでで一番印象に残っていることは?

2015年にリリースした、「 CiEMS 3G 」サービスに関わったことです。新規構築から販売、広報業務まで携わり、非常に印象深く残っています。

当時はあまりなかった「 3G回線を搭載しているが、車両への設置は非常に簡便 」という点で差別化を図り、初年度で過去のCiEMS累計契約件数を上回る結果となりました。市場の声を取り入れ、新規プロダクトを企画し開発したり、手探りで広報していく業務は大変でしたが、非常に面白く、自身のキャリアの財産になっています。

現在では、契約台数が15,000以上、代理店パートナーは500社以上となり、メインプロダクトに成長しています。

システム開発フロントや新規サービス構築業務に携わってきた吉川。現在は管理職としてチームの作業効率も考えながら日々業務をこなしています。より高いパフォーマンスをあげるためにこだわっていることとは?

吉川の「 仕事のこだわり 」は、後編で!

スマートバリューが展開するモビリティサービスはこちら

インタビュー後編はこちら


SVパーソンまとめ記事で公開されているインタビューを一気にチェック!

株式会社スマートバリュー's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings