【社員インタビューvol.5】キャンプが大好き!キャンプ愛と知識を武器に、『CAMP HACK』の編集に挑戦

こんにちは。採用アシスタントの小野です。社員インタビュー第5弾。今回はキャンプWebメディア『CAMP HACK』で編集を務める白石萌さんにお話を伺いました。キャンプが大好きな白石さん。メーカー販売を経て、『CAMP HACK』にジョインした経緯、編集としての役割など、キャンプに対する熱い想いを伺いました。


幼少期のキャンプ体験をきっかけに、コールマンの店舗スタッフへ

芸大を卒業後、バイトをしながら制作活動をしばらく続けていました。専攻は版画。大好きな版画制作をしながらも、「このままでいいのかな」とモヤモヤした気持ちを抱いていました。絵を描くなどのインドアは好き。でも、今までと全く違うことがしてみたい。そのような時に目に入ったのが、アウトドアブランド「コールマン」の販売スタッフ募集の広告でした。小さい頃から家族でキャンプを楽しむなど、生活の中に当たり前にキャンプという存在がありました。また、今までのインドアな生活環境を変えてみたいという気持ちも後押しし、飛び込んでみることにしました。

コールマンの販売の仕事は、とっても楽しかったです!来店されるお客様は、これからキャンプを始めてみたい初心者がほとんど。「キャンプを始めるにはどうしたらいいの?」というお客様には、自身の体験を交えながらじっくり接客して、不安や疑問を解くお手伝いをしました。また、リピーターのお客様は商品の感想を伝えに来てくださる方もいるなど、キャンプを通じて様々な方と関わることができたのがとても楽しかったですね。

コールマンでは、テントの設営なども任せてもらえました。大型テントは設営が難しいと思われがちですが、私のような女性でも設営可能だと実演することで、納得して購入していただくお手伝いができたかなと思っています。おかげで、大型2ルームテントを1人で建てられることが特技となっています!

キャンプの入門情報を、もっと多くの人へ伝えたい

コールマンでの接客を通じて、私自身が幼少期に体験したキャンプをもっとたくさんの人にしてもらいたいと強く思うようになりました。また、コールマンに訪れるお客様の多くは「どうやってキャンプを始めるの?」という疑問や不安を抱えています。そのようなキャンプの入門情報が、どこかまとまった場所にあったらいいのに…。それらの課題を解決するために、次のステージとして「CAMP HACKの編集」にチャレンジすることを決意しました。

現在は、キャンプ専門Webメディア『CAMP HACK』の編集に携わっています。それまで編集は未経験だったのですが、キャンプに関する知識と「キャンプが大好き!」という気持ちは誰にも負けない自信があったので、挑戦することに不安は感じなかったですね。コールマンでの経験も、現職にとても役立っています。例えば「テントの建て方レクチャー」や「製品の仕様を伝えるポイント」などは、メーカーならではの情報なので、接客で伝えていたことが役立っています。相手が「お客様」から「読者さん」に変わっても、キャンプユーザーであることには変わりません。自身の経験を活かして、キャンプユーザーが欲しい情報を幅広く伝える工夫をしてます。逆に、「お客様」と「読者さん」の違いもあります。お客様は自分に必要なギアの情報を求めています。一方読者さんは、最新のキャンプギア情報を求めている傾向があります。コールマン時代よりも、幅広くスピーディな情報収集が重要だと実感しています。

編集部の中では新製品のリリース担当として、各キャンプメーカーさんから最新情報をもらう役割も担っています。やりとりしているメーカーさんは100社程度。鮮度の高い情報をいただくため、綿密なやりとりは欠かせません。各ブランドの展示会にも参加します。最新のギアを誰よりも早く見られるのは嬉しいし楽しいですね!『CAMP HACK』は各ブランドの広報のような機能もあるので、メーカーさんのお手伝いができるのもやりがいに感じています。

元編集、元広告代理店…個性豊かでスキル豊富なメンバー

『CAMP HACK』チームは現在8名。様々なバックグラウンドをもったメンバーがいて、私自身とても勉強になります。Mさんはリサーチ力がすごいんです。アウトドアに関係なさそうなメディアの情報も網羅していて、その情報を共有してくれます。また、Tさんは大手広告代理店出身なので分析が得意。数字からユーザー動向や傾向を分析し、コンテンツ企画に活かしてくれます。Fさんは編集経験が豊富なので、言葉の言い回しや文章表現力が誰よりも長けているんです。編集長は『CAMP HACK』の可能性を広げるための活動に尽力し、私たちメンバーをまとめ牽引する存在です。

チームミーティングでは、みんながしっかりとフィードバックを返してくれるため、編集未経験だった私も回数を重ねるごとにスキルアップできていると感じています。個人的には、頑張りを評価いただき月間の表彰もいただきました!今後もキャンプの楽しさを『CAMP HACK』を通じて、たくさんの人に伝えていきたいですね。そして、『CAMP HACK』=プラットフォームとして、アウトドアの情報がいつでも見られるような仕組みを作っていけたらと思います。また、大きな目標としては、いつかキャンプ場で仕事がしてみたいと考えています!読者さんとキャンプイベントを企画するなど、Webサービスの枠に捕らわれない幅広い活動をしていきたいですね。

株式会社スペースキー's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more