「WinC」「エンゲージメント」「ビジネス創造」「最優秀プロジェクト」…さまざまな人が表彰されたキックオフをレポート!

こんにちは、スパイスボックス広報の松田です。

スパイスボックスでは、半期に一度、新しい期の方針発表、社員表彰を中心としたキックオフイベントを開催しています。今回は、10月1日(月)に行った2018年下期キックオフの様子をレポートしたいと思います。

会場は、六本木駅徒歩2分の「パラッツォ ドゥカーレ麻布」。普段は結婚式を行う会場で、十分な広さがありキックオフに最適でした。この写真↓は完全に結婚式バージョンのテーブル配置。(笑)


2018年上期振り返り&方針発表からスタート

普段とは雰囲気の違う場所で社員も気持ちを切り替えて、事業統括責任者 森竹さんや各事業部長の話に聞き入っていました。


事業統括責任者 森竹アル

今回は、2018年下期にスタートする新規事業や新しい営業チームについて、また、主に大企業の大型デジタルプロモーションなどを担当する「プロデュース事業部」が旗振り役となって進める新規プロジェクトなどについての話がありました。

「私たちにとっての自律組織とは?」を考えるワークショップを開催

方針発表の後は、会場を変えて「ワークショップ」を開催。テーマは「私たちにとっての自律組織とは?」。これからのスパイスボックスの組織のあり方について“クリエイティビティを発揮しながら”考える機会となりました。ファシリテーターは、人材・組織開発が担当で社内コーチなども務める人事の永井さんと森竹さん。

ワークショップの会場の様子↑

今回のワークショップは、チーム全員でのディスカッションの後さまざまな素材を使ってメンバー一丸となって作品を作り上げる形式。

真剣な顔でディスカッション中…


クラフト作り中・・・

正直、みんなめちゃくちゃ楽しそうでした(笑)広告会社の人間は、みんなモノづくりが好きなんですよね。

その後は、上期に象徴的な成果を残した社員の表彰タイムへ・・・! アワードの部門は5つ。

「WinC部門賞」

…「個のビジョンを実現するプロセスで、会社のビジョン遂行を全力で楽しむ」というスパイスボックスの人事理念「WinC」の体現者に贈る。

(※「WinC」について詳しくは)


受賞者は、韓国アイドルオタク系インフルエンサー「あくにゃん」としても活動する、阿久津愼太郎くん。

真ん中があくにゃんこと阿久津くん↑

子ども時代に芸能界入りし、TV、ラジオ出演や連載執筆などさまざまな活動をしているあくにゃん。最近ではスパイスボックス社員であることを公表し、インフルエンサー、演者としての自身の強みをスパイスボックスのプロデューサー業務にも活かしています。


「エンゲージメント部門賞」

…スパイスボックスの戦略領域である「エンゲージメント・コミュニケーション」(※)施策支援に関わることで大きな功績を残した者に贈る。

受賞者は、ブランドコミュニティ事業部部長の大月均さんと「THINK」(※)開発責任者の田宮賢太郎さん。さまざまなメディアにも取り上げられている「ソーシャルトライブ調査」の企画・開発が賛えられました!

(左)が大月さん、(右)が田宮さん

(※)スパイスボックスが持つ独自のソーシャルリスニングプラットフォーム。「エンゲージメント・コミュニケーション」施策支援の要。データアナリスト募集中です!

プランナー(データ分析経験者)
自分のデータ分析経験を広告コミュニケーション分野で活かしたい人募集!
2003年、デジタル広告の黎明期にデジタルエージェンシーとして創業したスパイスボックス。私たちは、いち早くデジタル・コミュニケーションの可能性を信じ、自分たちの手で道を切り拓いて来た会社です。これまで、日本を代表するさまざまな大手企業のブランディング、プロモーション施策を手がけてきました。 現在、私たちが事業の中心にしているのは、SNSなどのソーシャルメディアを通じて生活者に企業やブランドへの好意や共感を生む広告コミュニケーション「エンゲージメント・コミュニケーション」。ソーシャルメディア時代に強く求められる、広告コミュニケーション手法にオリジナルの強みを持つ会社です。 「エンゲージメント」とは、いいね!やリツイート、シェアなどSNSを含むソーシャルメディア上で発生する生活者の能動的なアクションのこと。より高いエンゲージメントを獲得する広告コミュニケーションをいかに生み出すか、その「戦略立案」から「クリエイティブ制作」、メディアへの「ディストリビューション(情報流通)」、独自のソーシャルリスニングツールTHINKによる「効果検証」までをワンストップで行っています。 具体的には、以下のようなサービスを通して、私たちは新しい広告コミュニケーションの可能性に挑み続けています。 ●●自社サービス ・『THINK』 開発を進めている【AI】×【エンゲージメント・コミュニケーション】 プラットフォーム。人工知能でソーシャルメディア上からイシュー(社会課題など生活者の興味・関心)を捉え、コミュニケーション施策の根幹をプランニングする。 ・『BRAND SHARE』https://www.spicebox.co.jp/services/brand_share/ ブランド・エンゲージメント調査(SNS上の生活者の口コミ、行動の独自調査)・分析、クリエイティブ制作、メディアプロモート、独自システムによる効果計測をワンパッケージで提供するシェア拡散型コンテンツマーケティング支援サービス) ・『Brand Community』https://www.spicebox.co.jp/news/2018/05/brandcommunity/ ソーシャルトライブ調査(企業やブランドがコミュニティ形成をする際にアプローチすべき「トライブ」や「TOL」、企業、ブランドの「ファン」などをInstagram、Twitter上から発掘できる)を活用したインフルエンサーマーケティング支援 ●●自社メディア ・『DiFa』(デジタル×ファッション専門メディア)https://www.difa.me/ ●●事例 ・広告コミュニケーション施策事例 http://www.spicebox.co.jp/works/
株式会社スパイスボックス


「ビジネス創造部門賞」

…この半期最もビジネス創造をした者に贈る。

受賞者は、メディアコンテンツ事業部の小谷哲也さん。複数の新規大型案件を受注し、大きな活躍を見せてくれました! しかも、今期もすでにさらに大きな数字が見え始めているとのこと!

ちなみに小谷くんは、パナソニック様の先進的な採用広報活動支援も担当している人です!(プレスリリースURL:https://www.spicebox.co.jp/news/2018/07/saiyo/


最後は、「最優秀プロジェクト部門賞」!!!

優秀プロジェクト賞を受賞した5プロジェクトの代表者によるプレゼンを経て、全社員のスマホ投票で「最優秀プロジェクト」が決定されました。

今回受賞したのは、入社2年目の原良太君が中心となって進めたプロジェクト! 案件の詳細はお伝えできませんが…(重ね重ね残念…)。日本を代表する“あのキャラクター”も関わる案件で、今後世界規模でのプロモーションにもなっていくかも…!?

このドヤ顔!! 賞の名に恥じない表情です(笑)まだ2年目の原くんですが、常日頃から「将来的には会社を背負う人間になる」名言していて、頼もしい限りです!


最後は、内定者のみんなも参加してのパーティで締めくくり。


変顔・・・ww


以上、2018年下期キックオフのレポートでした♪ 今期のスパイスボックスにもぜひご注目ください!!

株式会社スパイスボックス's job postings
Anonymous
D6af748b f13d 4609 859a 1bbed4d2ec86?1548404394
Picture?height=40&width=40
400803 271353796260513 1377727215 n
14316944 876918682442515 9184665378403192504 n
8c63b51f 81a1 4fc7 87ca 0db67599e3bd
9 Likes
Anonymous
D6af748b f13d 4609 859a 1bbed4d2ec86?1548404394
Picture?height=40&width=40
400803 271353796260513 1377727215 n
14316944 876918682442515 9184665378403192504 n
8c63b51f 81a1 4fc7 87ca 0db67599e3bd
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon