Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

日本で唯一のGoogle公認トレーナー(G Suite Authorized Trainer)に認定。そのほか、Googleから過去4度の表彰実績
企業や教育機関に対する研修を全国的に展開している
ストリートスマートは、”これからのワークスタイルをリードする”というビジョンを掲げ、従来のクラウド活用支援に加え、どのようにすれば働き方をより有意義なものへと変革していくことができるのか研究に取り組み、企業やそこで働く人たちのよりよいあり方そのものを追求しています。 弊社が提唱するクラウドを活用するワークスタイルの変革とは、時間と場所の制約を解決すること。「いつでも」「どこでも」「どんなデバイスでも」業務を進められる環境を作り、多様な働き方の実現を進めています。 具体的には、Googleクラウドによるグループウェア、ソフトウェアスイートである『G Suite』を中核に、クラウドツールの最適な活用手法の提案や研修、導入後サポートなどを行なっています。また、ツールの導入だけでなく、組織内で新たな働き方を推進するための体制構築の支援や、制度設計、社員教育など、組織を根底から改革するための支援まで行なっています。 弊社の強みは、日本で唯一のGoogle公認トレーナー(G Suite Authorized Trainer)に認定されていること。世界においても、弊社とブラジルの会社の2社しか認定されていません。そのほか、Googleから過去4度の表彰実績があり、確固たる地位を築いています。 また、近年では企業のクラウド活用支援に続き、教育機関への導入支援もスタートしました。 世界では教育へのICT導入が進んでいます。日本は遅れをとっていますが、2020年から次期学習指導要領がスタートすることもあり、ICT教育が注目を浴びつつあり、Googleが開発したOSを搭載したChromebookというPCや、クラウドで管理ができるG Suite for Educationという無料の教育用ツールが普及し始めています。その導入や活用のサポートをするため、弊社では教育機関での研修や、教科書の販売、eラーニングの提供、PCの保証サービスなどを展開し、成長事業のひとつとなっています。

なぜやるのか

at Will Work 2018のカンファレンスには来場者約800名が訪れた。
代表松林。自身の経験から「人を大切にする」を信念に経営を行い、それが現場社員にも浸透している
【これからのワークスタイルをリードする】 日本には現在、長時間労働、女性活躍推進の遅れ、要介護者の増加、少子化、高齢化など、働き方を取り巻く様々な課題があります。 国内の企業は、これまで長らく硬直的な組織と体制で突き進んできました。しかし、時代の変化に伴い、これまでの常識では立ちいかなくなってきています。そんな潮流を考察しながら自らが先頭に立ち、これからのワークスタイルをリードするためにさまざまな取り組みを行っています。 ワークスタイルをリードするため、自社内でも働きやすさのための制度を導入しています。時間や場所を問わない勤務体系である「フレキシブルデー」。街中のカフェなど、社外で勤務した場合に1日上限1,000円が支給される「カフェ制度」。事前承認を必要とせず、メンバー自身でスケジュールを考えながら、効率的な仕事の手段として利用されています。また、「読書奨励金」では、書籍の種類を問わず、購入費用を会社が負担しています。 また、2016年にはat Will Workという一般社団法人を設立しました。「働き方を選択できる社会へ」という理念のもと、働き方に関する多様な議論ができるカンファレンスの運営や、働き方についての取組みのアワード「Work Story Award」を運営しています。働き方を変える上で、ツールの導入や制度設計だけでなく、人々の意識改革までもが必要だと考えた結果、情報のプラットフォームであるat Will Workを設立することになりました。 働き方の改善には、トップの意識変革が必要不可欠なため、経営者を支援する事業も行っています。 また、これからの社会を担うのは20代の若手だという考えの元、アントレプレナーが活躍するためのコミュニティGlobal Leadersを今年はじめに開設。その他、関西の経営者の方々と若手起業家をつなぐ大規模サミットも開催の準備も進めています。 そのほか、日本だけでなく世界のどこでも、テクノロジーの活用は必須とされているため、海外展開にも積極的で、2014年にはタイ法人STREET SMART(Thailand) Co.,Ltd.を設立しました。 このように、事業活動にとどまらず、様々な角度からワークスタイルを考え、変革に取り組んでいます。

どうやっているのか

2018年長野県に茅野オフィスも開設
タイ法人 STREET SMART(Thailand) Co.,Ltd. のメンバー
まだまだ小さな会社ですが、全員が非常にスケールの大きい仕事をしています。有名な大手企業のお客様に対して、それぞれの会社に合った適切なクラウドサービス活用のための設計からアドバイス、トレーニング、プログラム開発などを通じて中期的に支援しています。 メンバーは非常に個性的で温かい人が集まっており、誕生日や結婚を皆でサプライズでお祝したりと明るく温かい雰囲気の会社です。大阪、東京、タイ、地方と拠点が離れていますが、定期的に開催されるレクリエーションや合宿を通じてコミュニケーションを取り、コラボレーションしながら仕事を進めています。週に1度は全拠点をオンラインでつないで情報共有をしたり、情報共有のための取り組みについては、いろいろと改善をしながら力を入れて取り組んでいます。 働きやすく穏やかな社風と聞くと夢のような環境に聞こえるかもしれませんが、自由は「責任と自律」がベースにあってこそ成り立つものだと考えています。そのため、仕事には結果、メンバーには成長が求められます。個性豊かでバックグラウンドもさまざまなメンバーが、日々切磋琢磨しながら業務に取り組んでいます。