急成長している採用支援の仕事から『定着』業界という未開拓の分野を志した本当の理由

私たち、株式会社Take Actionでは、創業以来、おかげさまで、採用支援、外付けの人事部としてお仕事をさせて頂き、創業以来8年間売上、利益ともに右肩上がりで順調に会社を成長させることができました。それはもちろん、クライアント様のおかげ、社員のみんなのおかげで、本当にいろんな人に支えられて今があります。嬉しい限りです。ただ、僕は3年前くらいから、ある疑問を持つようになりました。

それは採用をゴールとして考える業界全体、そして採用成功の定義について、疑問を持つようになりました。

『採用成功って入社をさせた段階なのかな?』

『経営者の方が望んでいることって、本当に採用がゴールなのかな?』

そう考えるようになりました。

僕が小さな会社の経営者として想うことは、採用した人材が定着し、活躍する。

これが本来のゴールで経営者として求める理想。そう考えるようになりました。

そして、僕はある決断をします。

そうだ!採用会社から脱却をしよう!そうやって生まれた言葉があります。

↓↓

『定着業界をニッポンの新基準にする!』

この想いです。

定着業界という言葉もちろん聞きなれない言葉かもしれません。

そうだと思います。

僕が作った言葉ですから。笑

ただ、新卒3割以上が3年で会社を退職し、離職が当たり前。そして退職が何故かキャリアステップのようにも捉えられることがあるそんな時代ですが、その会社に帰属する社員が、高い志で会社のビジョンや理念を理解し、

高いエンゲージメントで会社を良くしたい!と本気で想う。僕らはそんな会社を1社でも多く創りあげたいと思っています。

それが株式会社Take Actionのミッションであり、僕たちがこの国に与えたいインパクトです。

それが株式会社Take Actionのミッションステートメントでもある

『採用だけでは終わらせない採用の専門家』です。

これから必ず日本を代表する会社になります。

株式会社Take Action’'s job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings