1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

タメニーで3つのWinを実現したい!|21卒内定者 横田銀さん

本日より3日間に分けて、「タメニー21卒内定者に聞いた!就職活動インタビュー」を掲載します!

タメニーの魅力を内定者の方々が話していますので、就活生の方や転職活動中の方はぜひ参考にしてください。

初投稿は内定者としてインターンをしている横田さんにお話を伺いました。当初は教員の道を目指されていた横田さんが最終的になぜタメニーに入社を決定されたのかに迫っていきたいと思います!

教育学部で教員を目指していた

―自己紹介を簡単にお願いします。

埼玉大学教育学部4年の横田銀です。岩手県出身です。

教員を目指していたこともあり、アルバイトは塾講師をしていました。

年明けから就活を再スタート

―就活の全体的なスケジュールを教えてください。

開始したのは3年の9月からです。

スケジュールが合うものはすべて積極的に参加していました。

結果として、早期選考で年内に内定をいただけたのですが、当時は「早く内定が欲しい」という思いが先走っていたので、自身の就職活動を一度見直すことにしました。

やはり違和感があったので、「自分に正直になろう」と思い、年明け新たな気持ちで再スタートしました。

それからは軸を明確に設定し、軸に合った企業様を中心に就活を進めていきました。

他者の成長に大きく貢献できるか

―どのような就活軸で活動されていましたか

僕の軸は大きく分けて3つです。

1つ目は“他者の成長に大きく貢献できるか”です。

これは教員を目指していた当時とも共通するもので、僕の中で「成長=幸せ」と捉えていて、人の幸せにつながる企業に目が向いていきました。

2つ目は“裁量権”です。自分の中では「裁量権=自分に回ってくる仕事の大きさ」と定義していました。タメニーの“大きな靴を履かせる文化”がこの点にとても当てはまると感じました。

しかし最初から全てを上手くこなせるとは思っていなかったので、サポートする環境があると高田さん(採用担当)から聞いたときはとても安心材料になりました。

3つ目は“成長企業であるか”です。

これは自分の成長にも大きく関係していく重要な要素だと感じていたので、軸に入れていました。

未知の世界への挑戦

―他にどのような業界・企業を見ていましたか?

業界や業種では絞っていなかったので、特定の業界や業種を見るということはなかったです。

またアルバイトをしていた塾からはアプローチをいただいて

自身が勤めていた校舎はとてもいい環境でしたし、特に塾長がとてもいい人で、この人と本気で働きたいと思いました。

しかし自分が見たことのない世界で働いてみたいという思いが強くなり、最終的にはタメニーを選びました。

―教員の道にはなぜ進まない決断をされたのですか?

そもそも教員を目指したきっかけは高校時代の英語の先生でした。

プリントを擦りすぎて、腱鞘炎になるくらい生徒に対して熱心な指導をしてくれるような方で、当時の僕は強い憧れを抱きました。

しかし今振り返ってみると当時高校生の自分が働くことをイメージしたとき、頭の中に浮かぶのは直接的に長らく触れ合ってきた学校の先生と自分の親の仕事だけだったんですよね。

また教員に対するニュースを日々耳にする中で、自分の中で「教員ではないんじゃないか」っていう考えが芽生え始めたんです。

また自分が教育実習や学習塾でアルバイトをする中で、影響を及ぼすことができる範囲に限界があると感じて、民間の事業会社でより多くの人にインパクトを与えていきたいと思うようになってきました。

5月24日

―最終的にタメニーに入社を決意された時期はいつですか?

5月24日に内定承諾をしました。

私の場合、4月初旬に内定のご連絡をいただいたのですが、約2か月しっかりと考えました。

再スタート後選考を受けた会社自体は少なかったものの、軸に合った企業しか選考を受けていなかったので、納得した形で就活を終えることができました。

今振り返ると、時間のかかる就活でした。

ただ、本当に自分に合った企業に出会えたと思います。これは胸を張って言えます。

自分を信じる

―保護者の方や周りの方からの不安を感じることはありましたか

結論から言うと、誰にも相談をしていないのでそのような声を聞くことはなかったです(笑)

自分と近い人からの意見に流されやすい一面があることは自覚していたので、あえて誰にも相談をしないという選択を取りました。

だって相談すると、新しい葛藤が生まれるが生まれるじゃないですか(笑)

聞かなければ、自分の軸に沿った選択をすることができる。

ただそれだけなんです。

もちろん祖母からは「公務員になればよかったのに」という言葉をもらいました。

しかし時代も違いますし、自分の中でしっかり納得できていたので流されることはありませんでした。

Win Win Win!!

―今後実現していきたいことはありますか?

僕は3つのWinをかなえ続けたいと思います。

3つのWinとはWin(顧客)Win(タメニー)Win(自分)です。

僕はタメニーという会社に所属するものの、自分という個人の成長にもしっかり目を向けていきたいです!

この先の人生を方向づける大事な決断の時期

―最後に就活生にひとことお願いします。

就活って普段合うことができない人たちと出会える貴重な機会なので、ぜひ楽しんでください!

受験より短い期間でこれから先何十年の決めるかもしれない一つの機会、少し頑張ってみても損はないと思います。

このような状況下ですが、仲間を見つけて就活を頑張ってください!

6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング