AIベンチャーのキスモで、僕がwebエンジニアとして働く理由

こんにちは!コーポレート担当の三嶋です!
今回は、前回ご紹介した綾奈さんと同時期にジョインした、Webエンジニアの二葉知泰くんに話を聞きました。

自己紹介

三嶋:ではまず自己紹介をお願いします!

二葉:二葉知泰(ふたばともやす)といいます。現在は愛知県豊橋市にある、豊橋技術科学大学の学部3年生です。キスモではWebエンジニアとして働いていて、企業案件のフロントエンド実装を主に行っています。また、コーポーレートサイトもちょくちょく更新しています。名古屋大学内のオフィスには、週に1回のペースで行っていて、他に空いた時間があれば、リモートで作業をするようにしています。

興味を持ったきっかけ

三嶋:二葉くんはWantedlyを見て話を聞きにきてくれたと思うんですが、キスモに興味を持ったきっかけは何だったんですか?

二葉:2018年4月に広島から愛知にやってきました。現在AI産業が一般の方々にも注目され始めている流れですが、地方ではなかなか活用されておらず、それに関する企業がないなどの状態です。そのような時にWantedlyにてキスモを発見し、LeadAIなどのおもしろい試みをしていると感じました。
また、リモートワークを推し進めていることから、豊橋にいながらも仕事ができるところに魅力を感じました。

入ろうと思った理由

三嶋:どうしてキスモにジョインしようと決めてくれたんですか?

二葉:現在大学に通って情報工学等を学んでいるものの、世間で呼ばれているAIがどのように社会に生かされていて、どのような問題点があるのかが、講義等のみでは理解しづらいと感じていました。キスモで働くことで、先ほど言ったAIのメリット、デメリットを間近で感じることができ、自分の中のAIに対する意識を変えることができるのではないかと思いました。

ジョイン前の印象

三嶋:二葉くんは社内面談の直後に、そのままジョインすることが決まりましたが、キスモにジョインする前は、キスモに対してどんな印象を持っていましたか?

二葉:入る前の印象は正直覚えていないです。採用面談までとても緊張していたからだと思います(笑)
メンバーの大体が名古屋大学の方なので、初めてオフィスに行く際にとても緊張していたことは覚えています(笑)
ただ、ジョインする前に初めてオフィスに行き、一緒にお昼ご飯を食べた時に、メンバーみなさんの仲が良いなあと思いました。

ジョインして3ヶ月経ち、、

三嶋:とても緊張していたらしい二葉くんですが、3ヶ月経ってみて、キスモの印象はどうですか?

二葉:周りのエンジニアはすごい人ばかりで、自分も早くもっと成長したいと感じました。AI活用に対するリサーチ力も高く、目指すべき場所が見えているように思います。
全社会議なども定期的に行われていて、交流の場も多いのですぐに馴染めました。営業とエンジニアとの距離が近く、お互いのすごいところ、大変なところがすぐに分かるので、業種の違いがあれど、切磋琢磨していける環境であるといえます!また、裁量権がとてもあるので、自分の試してみたいことがすぐに試すことができます。

キスモでのこれから

三嶋:今後キスモでどのように働いていきたいですか?

二葉:今後はフロントエンドの業務を行いながらもAI関係の勉強も進めていきたいと思います。もちろんフロントエンドでの活躍を目指しています!

どんな人におすすめ?

三嶋:では最後の質問です!二葉くんが思う、キスモで働くことがおすすめな人はどんな人ですか?

二葉:裁量権がとてもあるので、挑戦心のある人がオススメだと思います。もちろんキスモはAIを取り扱っているので、それに強い関心を持っていて自分から動いている、動いていける人には素晴らしい環境なのではないでしょうか!

ありがとうございました!

↓ 二葉くん、綾奈さんの初出勤日の写真です

株式会社キスモ's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon