社歴最長のマドンナが語るTRASTAの進化と変わらない魅力 | 労務 木田夏世

こんにちは!広報インターンの真木です。

桜の満開も束の間、花冷えの季節になりましたね。。。
みなさんGWの予定は立てられましたか?^^

今回の紹介記事は、TRASTAでは最長の社歴であり、会社のマドンナと呼ばれる木田さん!
入社当初からバックオフィスとして会社を支えてくださる、TRASTAにはなくてはならない存在です!

目次

1.接客業から偶然の縁で労務職へ
2.社員全員の充実と感謝をやりがいに
3.今の自分にある全てのことへの感謝

接客業から偶然の縁で労務職へ

ー学生時代は経営学を学ばれていた木田さん。そこからどういった経緯でTRASTAへ入られたのでしょうか。

一言でいえば、友人を通じた縁ですね。
実家が飲食店を経営していて、大学卒業後しばらくはそこを手伝っていました。
通っていたのが短大だったので、最初は四年制の大学に編入したいと思っていたのですが試験がうまくいかず…。

周りの友人たちはすでに就職活動が終わっていたので、その時期から始めるというのが厳しく、ひとまずは実家で店を手伝うことにしたんです。なので会社に入る前は、接客業でした(笑) 

その後、そろそろちゃんと企業に就職したいなと思っていたときに、友達の紹介がきっかけでTRASTA(旧社名株式会社BIJ)に事務として入ることになりました。当時は、総務などの事務を募集していると聞いたんです。私もちょうど事務の仕事を探していたので、面接に行ってその日に採用して頂きました。
なのでもうここに入社して6年目です。TRASTAでは長いほうです。入社当時は7名だったのに、今はもう社員70名。日に日に大きくなっているなと感じます。


ーTRASTAの本当の走り出しからジョインされていたんですね。具体的にはどんな業務をされているのですか?

主に給与計算・勤怠管理などの労務周り全般、取締役会・株主総会の資料作成をしています。毎月の給料日前や取締役会前は忙しくなります。私の業務はミスがあってはならないので、本当に一つ一つ慎重に進めないといけないと思っています。
私自身はO型で結構大雑把な性格なので(笑)、なおさら仕事には気合を入れて、わからないことがあったらその都度確認して進めるよう心がけています。


社員全員の充実と感謝をやりがいに

ーバックオフィスというポジションとして、どんなことにやりがいや喜びを感じますか?

管理部の働きによって、社員のみなさんが働きやすいと感じてくださることが何よりのやりがいです!
バックオフィスはまさに縁の下の力持ちだと思います。会社のビジョン実現に向けて走っていく中で、社員のみなさんがオフィスで感じる課題や不便を解決して、ひとつずつ会社の成長に繋げていく。
まだまだやらなければならないことは多いですが、自分たちの頑張りで会社が良くなっていくのを感じられるのはとても嬉しいですし、存在意義を感じます。

また、バックオフィスという立場であっても決して受け身にならず、バリューの一つである「攻め」の姿勢でありたいと考えています。自分から改善点や課題を見つけて提案し、新しい取り組みを始めてみたり。
管理部にいると、直接会社の事業に関わることがどうしても少なくなりますが、だからこそ部署関係なく全員で同じ目的に向かって、同じ思いでやっていきたいなと思っています。


ーTRASTAの様々な変化を見てきた木田さんだからこそ感じる、TRASTAの変わらない魅力って何だと思いますか。

何よりの魅力は、人がいいこと。
面接のときから慎重に向き合っているというのもあると思うんですけど、TRASTAは本当にいい人が集まってるなって思います。専門やバックグラウンドも多種多様ですが、みんなそれぞれ魅力的ですね。

あとは、すごく自由を認めてくれるカルチャーがあると思います。自分の意見を尊重してもらえて、それがすぐ経営陣に伝わって取り入れてもらえたり、制度として導入されることがあります。もちろんそういった自由度の高さは、各々の責任を果たすことが前提です。
今後も、よりよい環境づくりのために色んなことが実現されていくと思うので楽しみです。

プライベートの時間を充実させられるのも、魅力の一つだと思います。土日はしっかり休めるので、家族や友達とゆっくり過ごしたり、有休をとって旅行に行ったりしています。
先日導入された「旅好き補助制度」のおかげで有休が取りやすいですし、社内のみなさんもぜひ有効活用して、毎年旅行に行ってリフレッシュしてほしいです!私も今年もまた海外旅行に行きたいなと考えています。


今の自分にある全てのことへの感謝

ー木田さんは昨年のTRASTA賞1位を受賞されたそうですね。それを受けていかがでしたか?

正直、私が頂けると思わなかったので驚きました…!
TRASTA賞は、その1年間で感謝したい人に社員全員が投票して決まるんですけど、1位をいただけたときは本当に嬉しかったです。
私は普段から前に立って何かをしたり、新しいことを企画したりするよりも、陰で支えていくような仕事が向いていると思うのですが、未熟な部分もまだまだあります。だからこそ、どんなことも謙虚に誠実に取り組む姿勢だけは忘れずにやってきたつもりで、それを評価していただけたのは純粋に嬉しかったですね。こうやって、みなさんからの「ありがとう」を感じることができて、より一層この会社のために頑張っていきたいって思いましたし、これまでやってきて良かったと達成感を感じました。
私にできることは、みなさんが毎日充実して仕事ができるようにサポートしていくことだと思います。なので、少しでもそんな自分に近づけたら嬉しいですし、もっとみなさんの役に立てるよう努力していきたいです。
ちなみにこの受賞の景品として旅資金5万円を頂いたので、これを使ってゆっくり旅行に行こうと思っています(笑)


ー普段、仕事プライベート関係なく、どんなことを大切にしていらっしゃいますか?

シンプルなんですけど、常に感謝を忘れないこと。
感謝の気持ちを忘れてしまうと、どうしても愚痴になり、環境のせいにしてしまうことがあります。
でも、こうして今TRASTAで働けていることも、労務を担当させてもらってることも、何一つ当たり前じゃないなって。あのときのおかげで今の自分がいるって考えると、今の状況すべてに感謝しなくちゃいけないなって思いますね。
これからも、忙しかったり大変なことがあるときこそ、原点に戻って今の環境への感謝を忘れずにやっていきたいです。


ー将来の夢や今後の目標はありますか?

直近だと、衛生管理者第2種の資格を取りたいです。今ちょうど勉強しているので、まずはそれに早く合格したいと思います。それ以外にも、労務に関わる勉強をもっと踏み込んでやってみたいです。

将来的にはもちろん自分の家庭も大事にしたいのですが、やっぱり仕事をしっかり続けていきたいので、今もスキルアップを目指して頑張りたいです。
TRASTAに来る前は、ここまで自分が仕事を好きになるとは思っていなくて、いずれ家庭をもって幸せに暮らせたらいいなくらいにしか思っていなかったんですけど、今は仕事でもっと成長したいって思います。そんなふうに思えているのも、みなさんからの感謝の気持ちが私の頑張るエネルギーになっているからです。
バックオフィスという形で、これからますます大きくなっていくTRASTAを支えていけるように、私にできることを精一杯頑張っていきたいです!

株式会社TRASTAでは一緒に働く仲間を募集しています

BizDev(事業開発)
新しい旅のスタイルを創出!画期的なサービスの拡大を担うBizDev募集!
私たちは「Tourism innovation -観光産業に革新を-」というビジョンを掲げ、テクノロジーやデザインの力を使って観光産業に大きな価値を生み出す TRAVEL Tech事業を核にIPOを目指すスタートアップ企業です。 インバウンドの増加、2020年の東京オリンピックなど活気あふれる観光産業は日本にとって、ますます重要な産業となっていく中、TRAVEL Tech事業を核とし、観光におけるタビマエ、宿泊、タビナカ、タビアトそれぞれの体験をリデザインし、次世代の旅行体験を作りあげるべく、TRASTAでは現在3つの事業を展開しております。 ◯ STAY CYCLE事業 旅のスタイルは代理店一括手配から、好きなものを自由に組合せるものへ変わりました。 私たちは更にその先の旅行体験を定義し、実現していきます。 第一手目として、「直感だけで "行ける旅" に出会える」旅マエのサービス『intrip』を2019年4月にリリースしました。 https://intrip.jp/ ◯ STAY PACKAGE事業 旅行者のための「新しい宿泊体験」を描き、実現に向けた仕組みを構築します。 長い間変化のなかった/見られなかったホテルにおける宿泊体験に対して、運営者側の働き方や仕組みから変えていくホテル運営のSaaSプロダクトを開発します。 ◯ ホテル事業 ホテルの企画から運営を行い、旅行者のニーズやインサイトを抽出します。 それらフィードバックをホテル内外の体験に活かし、旅行全体のサービスデザインを行うことで旅行体験の向上を実現するホテルを作っています。 https://stay-hotels.jp/ STAY CYCLE事業が最高の旅行体験を、STAY PACKAGE事業が最高の宿泊体験を、ホテル事業で最高のおもてなしを提供することで、旅行全体の体験を新しいものに変えていきます。 事業のビジョンに向かって明確な戦略を描き、日々ブラッシュアップを行い、全社員が高い自走能力と向上心を持ちながら日々の業務を推進しています。 2017年8名だった社員数も2019年4月時点で60名を超え、2020年には運営ホテルはおよそ16軒となります。
株式会社TRASTA
経理
旅をもっと面白くするスタートアップ!IPOに向けて基盤づくりを担う経理募集
私たちは「Tourism innovation -観光産業に革新を-」というビジョンを掲げ、テクノロジーやデザインの力を使って観光産業に大きな価値を生み出す TRAVEL Tech事業を核にIPOを目指すスタートアップ企業です。 インバウンドの増加、2020年の東京オリンピックなど活気あふれる観光産業は日本にとって、ますます重要な産業となっていく中、TRAVEL Tech事業を核とし、観光におけるタビマエ、宿泊、タビナカ、タビアトそれぞれの体験をリデザインし、次世代の旅行体験を作りあげるべく、TRASTAでは現在3つの事業を展開しております。 ◯ STAY CYCLE事業 旅のスタイルは代理店一括手配から、好きなものを自由に組合せるものへ変わりました。 私たちは更にその先の旅行体験を定義し、実現していきます。 第一手目として、「直感だけで "行ける旅" に出会える」旅マエのサービス『intrip』を2019年4月にリリースしました。 https://intrip.jp/ ◯ STAY PACKAGE事業 旅行者のための「新しい宿泊体験」を描き、実現に向けた仕組みを構築します。 長い間変化のなかった/見られなかったホテルにおける宿泊体験に対して、運営者側の働き方や仕組みから変えていくホテル運営のSaaSプロダクトを開発します。 ◯ ホテル事業 ホテルの企画から運営を行い、旅行者のニーズやインサイトを抽出します。 それらフィードバックをホテル内外の体験に活かし、旅行全体のサービスデザインを行うことで旅行体験の向上を実現するホテルを作っています。 https://stay-hotels.jp/ STAY CYCLE事業が最高の旅行体験を、STAY PACKAGE事業が最高の宿泊体験を、ホテル事業で最高のおもてなしを提供することで、旅行全体の体験を新しいものに変えていきます。 事業のビジョンに向かって明確な戦略を描き、日々ブラッシュアップを行い、全社員が高い自走能力と向上心を持ちながら日々の業務を推進しています。 2017年8名だった社員数も2019年4月時点で60名を超え、2020年には運営ホテルはおよそ16軒となります。
株式会社TRASTA
不動産販売担当
業界経験を活かしTech企業でステップアップ!不動産契約・決済担当者募集
私たちは「Tourism innovation -観光産業に革新を-」というビジョンを掲げ、テクノロジーやデザインの力を使って観光産業に大きな価値を生み出す TRAVEL Tech事業を核にIPOを目指すスタートアップ企業です。 インバウンドの増加、2020年の東京オリンピックなど活気あふれる観光産業は日本にとって、ますます重要な産業となっていく中、TRAVEL Tech事業を核とし、観光におけるタビマエ、宿泊、タビナカ、タビアトそれぞれの体験をリデザインし、次世代の旅行体験を作りあげるべく、TRASTAでは現在3つの事業を展開しております。 ◯ STAY CYCLE事業 旅のスタイルは代理店一括手配から、好きなものを自由に組合せるものへ変わりました。 私たちは更にその先の旅行体験を定義し、実現していきます。 第一手目として、「直感だけで "行ける旅" に出会える」旅マエのサービス『intrip』を2019年4月にリリースしました。 https://intrip.jp/ ◯ STAY PACKAGE事業 旅行者のための「新しい宿泊体験」を描き、実現に向けた仕組みを構築します。 長い間変化のなかった/見られなかったホテルにおける宿泊体験に対して、運営者側の働き方や仕組みから変えていくホテル運営のSaaSプロダクトを開発します。 ◯ ホテル事業 ホテルの企画から運営を行い、旅行者のニーズやインサイトを抽出します。 それらフィードバックをホテル内外の体験に活かし、旅行全体のサービスデザインを行うことで旅行体験の向上を実現するホテルを作っています。 https://stay-hotels.jp/ STAY CYCLE事業が最高の旅行体験を、STAY PACKAGE事業が最高の宿泊体験を、ホテル事業で最高のおもてなしを提供することで、旅行全体の体験を新しいものに変えていきます。 事業のビジョンに向かって明確な戦略を描き、日々ブラッシュアップを行い、全社員が高い自走能力と向上心を持ちながら日々の業務を推進しています。 2017年8名だった社員数も2019年4月時点で60名を超え、2020年には運営ホテルはおよそ16軒となります。
株式会社TRASTA
マーケ・販売企画(OTA運用)
販売戦略のカギを握る!OTA運用・管理担当募集
私たちは「Tourism innovation -観光産業に革新を-」というビジョンを掲げ、テクノロジーやデザインの力を使って観光産業に大きな価値を生み出す TRAVEL Tech事業を核にIPOを目指すスタートアップ企業です。 インバウンドの増加、2020年の東京オリンピックなど活気あふれる観光産業は日本にとって、ますます重要な産業となっていく中、TRAVEL Tech事業を核とし、観光におけるタビマエ、宿泊、タビナカ、タビアトそれぞれの体験をリデザインし、次世代の旅行体験を作りあげるべく、TRASTAでは現在3つの事業を展開しております。 ◯ STAY CYCLE事業 旅のスタイルは代理店一括手配から、好きなものを自由に組合せるものへ変わりました。 私たちは更にその先の旅行体験を定義し、実現していきます。 第一手目として、「直感だけで "行ける旅" に出会える」旅マエのサービス『intrip』を2019年4月にリリースしました。 https://intrip.jp/ ◯ STAY PACKAGE事業 旅行者のための「新しい宿泊体験」を描き、実現に向けた仕組みを構築します。 長い間変化のなかった/見られなかったホテルにおける宿泊体験に対して、運営者側の働き方や仕組みから変えていくホテル運営のSaaSプロダクトを開発します。 ◯ ホテル事業 ホテルの企画から運営を行い、旅行者のニーズやインサイトを抽出します。 それらフィードバックをホテル内外の体験に活かし、旅行全体のサービスデザインを行うことで旅行体験の向上を実現するホテルを作っています。 https://stay-hotels.jp/ STAY CYCLE事業が最高の旅行体験を、STAY PACKAGE事業が最高の宿泊体験を、ホテル事業で最高のおもてなしを提供することで、旅行全体の体験を新しいものに変えていきます。 事業のビジョンに向かって明確な戦略を描き、日々ブラッシュアップを行い、全社員が高い自走能力と向上心を持ちながら日々の業務を推進しています。 2017年8名だった社員数も2019年4月時点で60名を超え、2020年には運営ホテルはおよそ16軒となります。
株式会社TRASTA
ホテル統括マネージャー(京都)
最高の京都宿泊体験を創る!自社ブランドホテル3軒の統括マネージャー募集
私達は「Tourism innovation -観光産業に革新を-」というビジョンを掲げ、テクノロジーやデザインの力を使って観光産業に大きな価値を生み出す TRAVEL Tech事業を核にIPOを目指すスタートアップ企業です。 インバウンドの増加、2020年の東京オリンピックなど活気あふれる観光産業は日本にとって、ますます重要な産業となっていく中、TRAVEL Tech事業を核とし、観光におけるタビマエ、宿泊、タビナカ、タビアトそれぞれの体験をリデザインし、次世代の旅行体験を作りあげるべく、TRASTAでは現在3つの事業を展開しております。 ◯ STAY CYCLE事業 旅のスタイルは代理店一括手配から、好きなものを自由に組合せるものへ変わりました。 私たちは更にその先の旅行体験を定義し、実現していきます。 第一手目として、「直感だけで "行ける旅" に出会える」旅マエのサービス「intrip」を今春リリースします。 ◯ STAY PACKAGE事業 旅行者のための「新しい宿泊体験」を描き、実現に向けた仕組みを構築します。 長い間変化のなかった/見られなかったホテルにおける宿泊体験に対して、運営者側の働き方や仕組みから変えていくホテル運営のSaaSプロダクトを開発します。 ◯ ホテル事業 ホテルの企画から運営を行い、旅行者のニーズやインサイトを抽出します。 それらフィードバックをホテル内外の体験に活かし、旅行全体のサービスデザインを行うことで旅行体験の向上を実現するホテルを作っています。 https://stay-hotels.jp/ STAY CYCLE事業が最高の旅行体験を、STAY PACKAGE事業が最高の宿泊体験を、ホテル事業で最高のおもてなしを提供することで、旅行全体の体験を新しいものに変えていきます。 事業のビジョンに向かって明確な戦略を描き、日々ブラッシュアップを行い、全社員が高い自走能力と向上心を持ちながら日々の業務を推進しています。 2017年8名だった社員数も2018年12月時点で50名を超え、2020年には運営ホテルはおよそ20軒となります。
株式会社TRASTA

その他の職種も募集中!

株式会社TRASTA's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more