旅行系ITスタートアップの社員合宿をお見せします!

カスタマーサービスチームに2018年4月に新卒として入社した山中が先日開催した社員合宿についてご紹介したいと思います。

トラベリエンスでは旅行系スタートアップということもあり、旅行者精神を忘れないように、毎年みんなで社員旅行(合宿)に行っています。ちなみに私が入社する前の2017年度は相模湖で行いました。(私もカヌーしたかった!)


まず簡単に会社についておさらいです。トラベリエンスは訪日外国人向けの観光事業を行っています。代表的なプロダクトは、 観光ガイドと訪日外国人をマッチングするツアーマーケットプレイス「トリプルライツ」です。他にも、映像で見る国内旅行ガイド「プラネタイズ」や、ガイド養成Eラーニング「通訳ガイドアカデミア」 などを運営しています。

社員は8名(社長を含む)で、内訳としてはタイ人2名(ホステルフロント、映像クリエイター)、台湾人1名(ホステルフロント)、ブラジル人1名(マーケティング)、アルゼンチン人1名(CTO)、日本人3名(カスタマーサポート、CEO)という国際色豊かなメンバーが働いています。社内公用語は英語です。今回の合宿もほぼ英語で行われました!

なぜ合宿をするのか。

トラベリエンスでは、下記の目的のために毎年合宿を行なっています。

  • 社員みんなが毎年楽しみになるような定例イベントを開催したい。
  • 普段の日常では目の前のタスクで忙しく、ゆっくり集中してみんなで語り合うのが難しいので、日常から離れたところで普段話し合えない重要なトピックについて語りあいたい。
  • みんなが自分の大切な人生をかけてもいいと思えるいい会社にしたい=みんなで会社(の文化や制度)を作っていきたい
  • 文化祭の前日の準備のような、みんなでいいものを作り上げようと一生懸命熱中しているような高揚感(=チクセントミハイの「フロー体験」※「フロー体験」という本は社長のおすすめの本です。ぜひご一読を!)を感じたい

今年の合宿では次の2つをゴールに設定しました。

1. 一緒に会社をより良い場所にする

・会社のビジョンとミッションを自分ごと化する

・バリューとプロミス(バリューを達成するための行動指針)をみんなで決める

みなさん、自分の働かれている会社のビジョン、ミッションなどを言えますか。今回のブログを書くにあたり、合宿前にまた聞かれましたがすぐに答えられず、社長にがっかりされてしまいました。今まで私は社長とのone on oneで聞かれるたびに、数学の公式のように覚えなければと思っていただけでしたが、今回の合宿を機に自分たちみんなで作り上げることで、会社のビジョンやミッション、バリューなどを自分たちのものだと思えるようになりたいと思っています。

2. お互いをよりよく知る

・積極的な自己開示

・相互理解

普段、業務で関わることについてはよく話をしますが、仕事の価値観やなぜトラベリエンスを選んだのかなどは普段あまり話すことはありません。なぜ旅行業界を選んだのか、なぜトラベリエンスを選んだのか、自分は何のために仕事をしているのか、この会社で自分は何を実現したいのか、他の同僚はどういう思いで働いているのかを、日常業務から離れた旅先でお互いを理解しあいたいと思っています。

どんなところで合宿を行ったのか。

さて旅行、ITを売りとしている私達がどんなところに泊まったのか?ですが、IT会社ですので、合宿をするにもまずWi-Fi、電源などの設備が重要でした。さらに、旅行したいと思えるような魅力的なお宿を!ということで、話題のCOLONY箱根を選びました。温泉があり、インスタ映えするお部屋や館内、美味しいご飯、さらにソフトドリンク、お酒飲み放題などなど魅力いっぱい。社長は暖炉が決め手だと言っていました!

どんなことをしたのか

事前に7つの事前ワークが出されており、それぞれが考えていたことを英語が得意なチームと日本語が得意なチームの2チームに分かれてディスカッションし、その後英語で全体にシェアしていきました。7つのワークは下記です。

  1. あなたの人生で一番思い出に残っている旅行はなんですか?
  2. どうすれば人はもっと旅をすると思いますか?
  3. 「旅をする人を増やす」ために、株式会社トラベリエンスとしてなにができる(何をすべき)と思いますか?
  4. 会社のビジョンやミッションを実現するために、自分はどんな役割を担っていこうと思いますか?トラベリエンスであなたは今後何を実現したいですか?トラベリエンスで働くあなたのモチベーションはなんですか?
  5. あなたが理想とする職場とは、どのようなものでしょうか?理想の職場の仲間はどんな仕事ぶりでしょうか?
  6. あなたの理想とする職場で働く、理想の仲間のバリューを3-5つ考えて発表してください。
  7. それぞれのバリューを出すにはどんな能力やスキル(コンピテンシー)が必要でしょうか?それぞれのバリューを出すためには日々何を心がけて行動したらいいでしょうか?

私達は「たくさんの人達にもっと旅をしてもらうことでもっと幸せになってもらいたい」というビジョンを持って仕事をしています。

そのビジョンを実現するために、「新しい旅のスタイルを創る」ことをミッションとして設定しています。

(詳しくはリクルート出身のCEO&アルゼンチン出身のCTOが率いる観光ツアーマーケットプレイス!をぜひご覧ください)

合宿ではまずこのビジョン、ミッションをどうすれば実現できるかについて話し合いました。


そのあと、理想の職場とそこで働く理想的な社員についてもみんなで話し合いました。

理想的な職場については少し夢のような話(オフィスに足湯を付けたい!プールがほしい!など)へ広がってしまいましたが、社長としてはみんなの希望が知れてよかったようです。(ちなみにフリーコーヒーは早速実現しました!さすが社長、仕事が速いです!ありがとうございます。)


理想的な社員の持つバリューは何か、どんな能力を持っているのかを話し、どんな行動を毎日すればその能力が身につくのかを話し合いました。その毎日の行動指針が社員の基本行動=プロミスです。

今回話し合って出た結論がこちら。

Passionate

  • Never stop learning(日々学び、成長を実感し続けていること)
  • Try harder, reach higher(高い目標に挑戦し続け、達成し続けていること)
  • Love what you do and do what you love(やる気に満ち溢れていて、仕事を楽しんでいること)

Professional

  • Quality at speed(スピードが速く、期日を守り、クオリティにこだわること)
  • Data driven(データに基づき、論理的に考え抜くこと)
  • Go global(グローバルNo1を目指すこと)

Teamwork

  • Listen to others(他者の意見をよく聞くこと)
  • Ownership(チームのことも全て自分ごととして捉え、責任感を持っていること)
  • Inspire each other(プロフェッショナル同士が互いに高め合っていること)

また、合宿の最後に社長から「一ヶ月連続休暇制度」という新制度の発表がありました。

トラベリエンスの社員は毎年1ヶ月好きな時に連続休暇が取れて、旅に行ける♪

私たちのビジョンである「たくさん旅してもっと幸せになる」ために、私たち自身もたくさん旅をして、幸せになりたいと思います。

自由時間

夜は懇親会♪ みんなのオフモードもどうぞ。



二日目の午後はみんなで岡田美術館へ。



合宿を終えて

今回の合宿では、ビジョン・ミッションを自分ごととして考えられるようになること、バリューとプロミスをみんなで設定すること、お互いをよく知ることが目標でしたが、バッチリ目標達成できたと思います。

みんなの感想をいくつかご紹介します。

ーーーーー

・この合宿でみんながもっとUnitedできた。

そしてみんなの様々な考え方がConnectしていることがわかって、感動した。

私達はみんな同じページにいて、同じゴールを見ていることを確認できた。

ここから会社がどんどん良くなるための良いスタートだと思う。

みんなにちゃんと受け入れられていることをさらに感じたので、今後は自分の疑問や課題をシェアすることを恐れず、みんなと協力して解決していきたい。社長の準備に感謝しています。

・みんなの感じている課題、考えを知り、シンクロナイズできた。自分の日々の仕事に反映していきたいと思う。

・この8人で来れたことは奇跡。

こういう機会は大切にしていきたい。

・ビジョン、ミッション、バリューというのは与えられたもので、実際にそれらをどうやってみんなで達成できるのか、というところまでしか今までは考えていなかった。

会社のビジョンやミッションなどに時間を取って深く考えることは、トラベリエンスという会社・組織に属しているという意識を再確認できる機会となった。

・今回の課題である、相互理解というのは終わることがないもの。

一人ひとりをもっと理解したいので、来年も開催したい。

私にとって一番良かったのは、 みんなが会社を良くしたいと思っていることがわかったこと。

みんなの希望を一つずつ叶えていきたい。

もっと会社を良くします。

ーーーーー

それと、トラベリエンスは今後海外展開(海外のガイドさんと海外の旅行者をマッチング)をしていく方針なのですが、合宿の最後には海外展開に関わる重大発表もありました。この発表は更に私をワクワクさせるものでした。(内容は言いたいけど今は言えません!)

今後もトラベリエンスの動向にご注目ください。

そしてトラベリエンスに興味を持たれましたら、ぜひご応募ください。

来年はさらに新しいメンバー(あなたと!)と一緒に合宿ができるのを楽しみにしながら、今年も頑張ろうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

山中

株式会社トラベリエンス's job postings
旅行系ITスタートアップの社員合宿をお見せします!
Hazuki Yamanaka
株式会社トラベリエンス / Customer Service team
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings