1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メイクに疎く美容医療の知識はほぼゼロ。それでもトリビューに入社し活躍できた訳とは?

こんにちは、トリビュー広報の本田です。

『トリビュー』は「ありたい自分でいれる世界を実現する」というミッションのもと、美容医療の正しい情報を伝え、ユーザーに適切な選択を支援することを目的とし、多くの方にご利用いただいている美容医療の口コミ・予約アプリです。

今回は、トリビューに入社をして1年が経ち、現在は新部署の立ち上げ真っ只中の東倉さんに、これまでの経歴やトリビューに入社した経緯をお伺いしました。

これまで様々な会社で経験を積んできているとのことですが、改めて今までのキャリアを教えてください

大学を卒業後、デジタル広告の代理店に営業職で入社しました。とにかくどこにでも通用するスキルを身に付けたかったので、1年間がむしゃらに働きました。当時は、テレアポを1日120件していたりしましたね(笑)ここで営業の基礎を全て学ばせてもらいました。もともと1年で辞めると会社にも宣言をしていたので1年経ったタイミングで退職をしました。

退職後、中学生の頃から音楽業界に携わりたいという気持ちが強く、音楽業界で何かできることはないか探していたところ、音楽専門出版社の広告営業職に空きが出て入社しました。中学生の頃から読んでいた雑誌だったので内定が出た時はとても嬉しかったですね。営業活動だけでなくフリーペーパーやWEBサイトを立ち上げたり、編集長と一緒に誌面企画を考えたり様々なことに挑戦することができました。入社して3年が経つ頃、音楽業界は狭いと感じ転職を考え始めました。衣食住に関わるサービスに興味を持つようになり、その中でママ・プレママ向けのサービスを運営している会社に営業職として入社をしました。ナショナルクライアントを中心に広告提案や大規模プロジェクトに携わりながら、個人の年間売上を120%達成したり、クライアントが求めた目標KPIを自分の手で8倍以上の成果にしたりと非常にやり甲斐のある仕事を経験することができました。この会社で培った経験は、トリビューの仕事でも非常に活かせていると思います。

とにかく私は思い立ったら即行動するタイプで何度か転職を経験してきたのですが、冷静に自分を見つめ直し、何をやりたいのか、何をすべきなのかを考えていた時に、前職で一緒に働いていた村田さんにトリビューを紹介してもらいました。代表の毛さんと話をする中で会社のビジョンや美容医療業界に可能性を感じて興味を持ち、2020年1月に入社をしました。


「美容に疎く興味がなかった」のにトリビューに入社した理由を教えてください

入社を決意したきっかけは毛さんから、会社としてどうしていきたいのか、業界をどう変えていきたいのかなどの話を聞いてビジネスとしての可能性に非常に興味を持ったからです。美容に疎くメイクも最低限しかしないタイプなので、美容医療の知識はほぼ無かったのですが、業界に対しても、トリビューに対しても今後の可能性を強く感じました。

やりたい職種よりも自分の能力を軸に会社探しをしていたのですが、トリビューでは今までの経験を活かしつつ、新たな市場を作り上げていくことができるのではないかと思ったんです。正直、美容医療業界に対して閉鎖的なイメージがあり、どちらかと言うとポジティブなイメージがなかったので、毛さんの話を聞いて業界全体をトリビューとして変えていけるのではないかと確信した瞬間でもありました。


トリビューに入社をして1年経ちますが、これまでやってきたことを教えてください

セールスチームの中でも、新規とカスタマーサクセスチーム2つに分かれており、私はカスタマーサクセスチームで1年ほどクリニックの課題解決や集客のお手伝いをしていました。当時は3人チームだったので、私は50院ほど担当していました。入社当初は、美容医療の知識があまり無かったので、美容医療の知識はもちろん、クリニックを知ることから始めました。

カスタマーサクセスチームは、どうしたらクリニックの予約数が増えるのか?ドクターの特徴をどのように伝えたらユーザーに興味を持ってもらえるのか?など、コンサルティングのようなことをしていて、ユーザーの気持ちを知るために患者としてもクリニックに足を運ぶことも多かったですね。

入社当時、アプリ経由での予約数は1日数件しかなかったのですが、1年経った現在は1日の予約数や売上も10倍にまで伸ばすことができました。要因としては、クリニックの課題解決目線でのプロダクト改善と、契約クリニックのフォローに力を入れたことです。各クリニックの持つ課題や魅力をヒアリングし、モニター募集やクリニックページのリニューアルで訴求することを強化しました。その結果1年でここまで伸ばせたと思っています。

現在は、新メンバーも増えてきたので、私は新部署である営業企画チームの立ち上げを今年の1月から任されています。今までは人数が少なかったので、暗黙知で進めてこれた部分がありましたが、しっかり組織として強化していくために、様々なルール作りや戦略設計などを考えています。もともと、0から1を作り上げていくことや売上の仕組み作りをやりたいと思っていたので、やることが多く大変ではありますが、日々楽しみながら様々なことに挑戦しています。


今後の目標はありますか?

直近は脱属人化を目指し、チーム全体の業務量をコンパクトにすることを目標にしています。

新しいメンバーが増えているので、全員の知識レベルを揃えるためにクリニックへのフォロールールや体制を整えたり、新メンバーの教育をどうしていくか、どう売上を作っていくかなどを考え、進めています。まずは優先度が高いものから整備をしていき、組織として強くしていきたいですね。

また、少し長期的な目標にはなりますが、会社としての売上、規模、業界としての立ち位置はNo,1を取りたいと思っています!


セールスチームではどのような方を求めていますか?

スタートアップならではの醍醐味ではありますが、良くも悪くも自由なので何事も自分で考え行動できる方を求めていますし、トリビューには向いていると思います。ルールも自分たちで作っていくので、既に決まっているルールの中で働きたいと思う方には厳しいかもしれません。

更に言うと、数字に貪欲な方がいいですね。KPIを達成した後、達成して終わりではなく次のアクションはどうするのか?を考えて、新たに数字を作っていける方が理想です。セールスはポテンシャルがあれば未経験の方でも活躍できると思うので、セールス経験がない、美容医療の知識・経験がないなどの理由でエントリーすることを躊躇している方は是非エントリーしていただきたいです。

株式会社トリビューでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう