バカンエンジニア吉野流「真面目に遊ぶ」のすすめーデバイス作りを趣味から仕事に昇華させませんか?

バカン創業当初からセンサー開発を担ってきたIoT Specialist吉野 貴史(よしの・たかふみ)。吉野は「エンジニアの人が、趣味でめっちゃ面白いもの作ってたりするんですよね。それが仕事になったら楽しいですよね。『真面目に遊びませんか?』って伝えたいんです」と言います。
吉野流「真面目に遊ぶ」とは? 

バカンエンジニアインタビュー第3弾では、ハードウェアチームのリーダー吉野へのインタビューを通じて、バカンのセンサー開発チームの様子もご紹介します。

―バカンで現在、どんな仕事していますか?
バカンは、「いま 空いているか、1秒でわかる優しい世界。」を実現しようと、AIやIoTを活用し、レストランやカフェ・トイレなどあらゆる空席情報をサイネージやスマートフォンに配信するサービスを展開しています。 このサービスは、空満情報をシステムで取得できるという特長があります。

<サイネージを見れば、どこのトイレが空いているかすぐにわかる。>


私は、空満情報を検知してクラウドにデータをあげるハードウェア側を担当しています。センサーの選定から、筐体の設計、組み込みプログラムまで、一気通貫で開発しています。ハードウェアチームのリーダーも務めています。


<自身が開発してきたセンサーを撮影する吉野。ハードウェア愛が止まらない>

―バカンに入社する前はどんな仕事をしていましたか?
パイオニア株式会社で8年間エンジニアをしていました。

パイオニア時代の研究開発を通じて、電気・電子製品の基礎を理解できたし、今の仕事に生きる多様な経験を積ませていただきました。

新人の頃は当時のメンターの方からアドバイスをもらいながら電気製品のシステムの基礎を勉強しました。この時にチームで開発することの基礎も教わりましたし、学習の時間をしっかり持てたのは今の自分の基礎として役立っています。

新規事業開発に関わってからは、自分で山登りのテーマで製品アイデアを考えたり、ポータブルオーディオのアイデアを上司に相談したり、ジャムセッションのためのiosアプリの開発をしたりなど、色々な人と関わって、モノを生み出す難しさも感じるようになりました。

開発部に異動してロードレーサー(自転車)向けのサイクルコンピュータに関わってからは量産や品質管理など製品化のために必要なプロセスについて色々な経験をさせていただきました。
開発に関わった製品が世の中に出ていくのも嬉しかったし、上海に単身で行って現地の人と一緒に開発したり、ベルギーのプロロードレーサーに直接製品を届けて意見聞いたり、その場その場で多くを学ばせてもらいました。

―サイクルコンピュータは実際に世の中に出て行ったのですね。どのような商品なんですか?
サイクルコンピュータは、自転車に取り付けると、トレーニング状況をリアルタイムにモニターできるという製品です。持久系トレーニングや瞬発系トレーニングが自分の思惑通りにできているのかをデータで分析、確認できるようになるツールです。

サイクルコンピュータはandroid osを組み込み機器に応用したもので、システム的にも面白い製品でした。発売したときには「これぞIoTの幕開けだ!」みたいなコメントをもらえたんですよ。


<吉野の愛車。 ペダル部とハンドル部に吉野が開発したサイクルコンピュータSGX-CA500を装着している。>


<吉野自身が2018年11月に参加したツールド沖縄 市民レース 140km 走行時のデータは上記リンクからみられます>


―バカンにジョインした経緯を教えてください。
直接のきっかけは、同級生であり、バカン代表取締役でもある河野から「IoTのデバイスを作ったりできないか?」 と聞かれたことですね。
そのときは英語留学の相談で電話したんです。話している中で、「もしかして、こんなの作れたりする?」と、チラッと聞かれた感じでした。

ちょうどその頃、「世間に3Dプリンターやレーザーカッターといった面白いツールがあるのに、自分の業務範囲だと、使える機会があまりないなあ」とじれったさを感じていたんです。色々な新しい技術を使ったら、あんなことが出来るなとアイディアだけが手元にある状態でした。

加えて、入社6年目くらいの頃、海外出張中に先輩から「30才くらいまでに何か行動をしないと、自分のやりたい仕事はできないよ」とアドバイスをもらっていました。これがずっと気になって何か自分から行動を起こしたいとも思っていたんです。

河野からの話が来たときにすぐ、開発のイメージもできたし、自分で采配を振るってものを開発することにも挑戦したかったので、「普通にできますよ!」と答えました。これが、バカンにジョインしたきっかけです。

でもね、実際に作り始めると、うまくいかないことも出てきて、苦労しましたよ。いくつもの山を超えて初めて基板が出来上がって手元に届いたときは嬉しかったですね。「ホントにできた!!!」と感動しました。他にも検討課題は色々ありましたが、苦労して、頑張って、達成して、喜ぶの繰り返しでした。

<バカンで使っている3Dプリンター。プロトタイプ作りには欠かせない>


―バカンに転職して仕事観は変わりましたか?
バカンのようなスタートアップでは、まだ世の中にないものをスピード感をもって生み出すことを歓迎しています。「ほぼ趣味」のような開発が、スタートアップでは本業になっている感覚があります。

今から思えば、前職にいた頃は「業務時間内に業務に直接関係ない試作を勝手にやるのは『遊んでる』と思われる。許されない」と思いこんでいた自分がいて、視野が狭かったかもしれませんね。興味をもっている新技術でどんどん遊んで、本業にどう活かせるか試行錯誤すべきでした。

これを私は「真面目に遊ぶ」って言うんです。サボっているのではなく、「真剣に」技術を駆使して遊ぶんですね。そんな「遊び」を続けていると、新しいアイディア・発想が生まれることはよくあるんです。

<吉野が生み出してきたハードウェア。自社開発しているからこそ、次々と新しいサービスを展開できる>


―ものづくりの聖地、ハードウェアのシリコンバレー「深圳」にも出張に行かれましたよね。それも「真面目に遊ぶ」ですか?
そうですね。以前から、自分の目で見てみたかったので、ワクワクしました。世界のハードウェアはこういう状況になってるんだとわかりました。出張記はこちら

LED部品の展示スペース1つとってみても、日本では、充実してる店舗でも両手広げたくらいの広さです。それが、深圳ではビル全部みたいなスケールなんです。

詳しいことは、私のブログでも紹介しています。


―バカンでの働きがいは初期の頃に比べて変わりましたか?
働きがいという意味では、シード期より増しています。 自分が成長しない限り会社は成長しませんので、自分のスキルをいかに高められるか、という意味で働きがいはありますね。 より責任は大きくなってますが、社会的に意味のあることをやっている自負はあります。

今までは、自分たちが「こういうサービスが社会の役に立つはずだ!」「これ良いサービスでしょ??」と思って作っていました。2019 年2月に初めて、過敏性腸症候群のMさんから応援メッセージをいただいたり、2019年5月にサイバスロンの会場で車いす利用者のビヨンドガールズさんから「全国に広めてください」とメッセージいただいたり、これめっちゃ嬉しかったんですよね。「やっと直接言ってもらえた」と感動しました。

Mさんのコメントには「行列がわかるサービスだったらもっと良い」と書かれていました。すでに行列を検知する技術は開発していたので、「やはり行列を知りたいと思われているんだ。開発の方向性は正しかったな」とわかりました。「バカンのサービスで困ってる人を助けられる」とわかってやりがいは益々大きくなりました。


―バカンのハードウェアチームのリーダとして心がけていることはありますか?
フラットに相談しあえる雰囲気作り、そして各自が自立して行動できる環境作りを心がけています。


ハードウェアに関しては機能などの企画から開発、量産まで各エンジニアが責任と裁量をもって最後までこなしてもらいたいと思っています。仕事を割り振る際には、「これは私のプロジェクト」という自覚をもってエンジニア各自が取り組めるように配慮しています。

<ハードウェアチームの斎藤と。量産も始まり、ハードウェアチームメンバーも増える予定>

エンジニア各自が、お客様と直接コミュニケーションするなどして社会の抱えている課題を感じ、アイデアの着想、必要な機能やサービスの実装まで一気通貫で関わることを重視しています。
加えて、特殊なスキルや専門性をもつエンジニアも今後必要になってきます。個々人が得意分野でチームの他者をサポートしているような状態・関係も構築できると良いですね。


―バカンに転職を考えているIoTエンジニアさんへメッセージをお願いします
今、働き方改革で自由な時間が増えてるエンジニアさんもいて、趣味でものすごく面白いデバイスを作ってたりするんです。
そういう方に「バカンのサービスに共感できたら、そんなエンジニアの方々が活躍できる環境がバカンにありますよ。趣味に留めず、有り余る情熱と才能を本職に向けてみませんか?」って言いたいです。

これから、どんどんIoT化を担うエンジニアさんの需要が高まっていきます。でも、ハードウェアとか電気回路って、奥が深いし、難しい問題なんです。電機メーカーなどのエンジニアさんは、その素地をすでに身につけていらっしゃいます。一時期、IT企業のエンジニアってなんかすごい華やかな時代を引っ張る職業みたいな感じでしたよね。IoT化とかAIを使ったテクノロジーを担うエンジニアさんってそれと同じくらい、華やかな職業だと思うんです。つまり、今、ハードウェア系のエンジニアさんって時代の寵児になれると思ってるんです。そのことに気づいてーーーって思いますね。

バカンはハードウェアのみのスタートアップ企業ではありません。でも、仕事のうちの1/3がハードウェアで、残りは、AIやIoTといった要素が絡んできます。ハードウェアの仕事をしながら、「モノのサービス化」をがっつりやっていけます。
ですから、バカンで働くと、最先端の領域へ視野が広がって楽しいのではないでしょうか。
これから入社する方も希望と職種に応じて、深圳へも出張に行って、視野を広げてもらいたいですしね。

<吉野が開発したハードウェア。自社開発するからこそ、圧倒的スピードで新サービスも展開できる>

バカンは新しいことに挑戦することに前向きなメンバーが多いです。そして、どんどんチャレンジしていける環境です。自分一人でやってると、アイディアも広がらないと思うけれど、バカンで仕事にしたら「ここにはもっとこんな部品を使ったらいいんじゃないか」とか言い合えます。スキルをもった先輩がいるので、大いに技を盗んでお互い成長していけたら良いですね。
何か不安や疑問があったら、ブログにメッセージ投げてもらえたら答えますよ(笑)


「実現出来たら良いなー」ではなく、「俺は本当に実現するよ!」と思っている方、まずは気軽にバカンに遊びにいらしてください。

吉野リーダー率いるハードウェアチーム関連の募集はこちら ↓ です


ハードウェアエンジニア
ハードウェアエンジニア募集!空き検知技術で混雑のない世界創りを!!
バカンは、「そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界」の実現を目指し、IoT・AIを活用した空席情報検索プラットフォームの開発・提供を行っている会社です。 2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に選ばれました。また、直近では大手企業やベンチャーキャピタルから、総額7.9億円の資金調達を実現。数多くのアクセラレータープログラムでも採択され、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。 そんな私たちの事業には、3つの柱があります。 (1) 「VACAN(バカン)」 レストランやカフェ、トイレなどの混雑状況を集約する空席検索プラットフォームを開発。「今、空いているか」が足を運ばなくても分かる世界を構築しています。すでにデジタルサイネージ版「VACAN for digital-signage」を公開。さらに、ポータルサイトの作成も進めていく予定です。 (2) 「THRONE(スローン)」 センサーとITを組み合わせて、トイレの空席情報をリアルタイムに利用者へ提供。1秒でトイレの空き情報が分かる便利なサービスとして、ユーザーのみなさんから高く支持されています。 (3) 「QUIPPA(クイッパ)」 スマホやパソコンでお弁当を注文し事前決済、あとはお店に取りに行くだけという「お弁当おとりおきサービス」を提供。日本経済新聞社とのコラボレーションで展開しています。 ▼海外に進出中! 混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出を目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。
株式会社バカン


組み込みソフトエンジニア
組み込みソフトエンジニア募集!空きを見える化して豊かな時間を生み出す
バカンは、「そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界」の実現を目指し、IoT・AIを活用した空席情報検索プラットフォームの開発・提供を行っている会社です。 2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に選ばれました。また、直近では大手企業やベンチャーキャピタルから、総額7.9億円の資金調達を実現。数多くのアクセラレータープログラムでも採択され、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。 そんな私たちの事業には、3つの柱があります。 (1) 「VACAN(バカン)」 レストランやカフェ、トイレなどの混雑状況を集約する空席検索プラットフォームを開発。「今、空いているか」が足を運ばなくても分かる世界を構築しています。すでにデジタルサイネージ版「VACAN for digital-signage」を公開。さらに、ポータルサイトの作成も進めていく予定です。 (2) 「THRONE(スローン)」 センサーとITを組み合わせて、トイレの空席情報をリアルタイムに利用者へ提供。1秒でトイレの空き情報が分かる便利なサービスとして、ユーザーのみなさんから高く支持されています。 (3) 「QUIPPA(クイッパ)」 スマホやパソコンでお弁当を注文し事前決済、あとはお店に取りに行くだけという「お弁当おとりおきサービス」を提供。日本経済新聞社とのコラボレーションで展開しています。 ▼海外に進出中! 混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出を目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。
株式会社バカン


品質管理・品質保証
量産化決定!品質管理・品質保証室立ち上げマネージャー候補エンジニア募集!
バカンは、「そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界」の実現を目指し、IoT・AIを活用した空席情報検索プラットフォームの開発・提供を行っている会社です。 2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に選ばれました。また、直近では大手企業やベンチャーキャピタルから、総額7.9億円の資金調達を実現。数多くのアクセラレータープログラムでも採択され、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。 そんな私たちの事業には、3つの柱があります。 (1) 「VACAN(バカン)」 レストランやカフェ、トイレなどの混雑状況を集約する空席検索プラットフォームを開発。「今、空いているか」が足を運ばなくても分かる世界を構築しています。すでにデジタルサイネージ版「VACAN for digital-signage」を公開。さらに、ポータルサイトの作成も進めていく予定です。 (2) 「THRONE(スローン)」 センサーとITを組み合わせて、トイレの空席情報をリアルタイムに利用者へ提供。1秒でトイレの空き情報が分かる便利なサービスとして、ユーザーのみなさんから高く支持されています。 (3) 「QUIPPA(クイッパ)」 スマホやパソコンでお弁当を注文し事前決済、あとはお店に取りに行くだけという「お弁当おとりおきサービス」を提供。日本経済新聞社とのコラボレーションで展開しています。 ▼海外に進出中! 混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出を目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。
株式会社バカン


インターン エンジニア
開発現場で成長できます! IoT/AI センサーエンジニア長期インターン
バカンは、「そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界」の実現を目指し、IoT・AIを活用した空席情報検索プラットフォームの開発・提供を行っている会社です。 2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に選ばれました。また、直近では大手企業やベンチャーキャピタルから、総額7.9億円の資金調達を実現。数多くのアクセラレータープログラムでも採択され、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。 そんな私たちの事業には、3つの柱があります。 (1) 「VACAN(バカン)」 レストランやカフェ、トイレなどの混雑状況を集約する空席検索プラットフォームを開発。「今、空いているか」が足を運ばなくても分かる世界を構築しています。すでにデジタルサイネージ版「VACAN for digital-signage」を公開。さらに、ポータルサイトの作成も進めていく予定です。 (2) 「THRONE(スローン)」 センサーとITを組み合わせて、トイレの空席情報をリアルタイムに利用者へ提供。1秒でトイレの空き情報が分かる便利なサービスとして、ユーザーのみなさんから高く支持されています。 (3) 「QUIPPA(クイッパ)」 スマホやパソコンでお弁当を注文し事前決済、あとはお店に取りに行くだけという「お弁当おとりおきサービス」を提供。日本経済新聞社とのコラボレーションで展開しています。 ▼海外に進出中! 混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出を目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。
株式会社バカン


インタビューを終えて・・・

エンジニアインタビュー第3弾、いかがでしたか?吉野は「とにかく、練習して何かが身につくってことが好き」なのだそう。高校時代はバンドを組んで毎日3時間以上はギター弾いたり、大学ではカヌー部に入って週末は川でキャンプして練習したり。社会人になってからは登山と多趣味です。

英会話のレッスンをバカンで誰よりも熱心に受けているのが吉野であることもかおりんは知っています。こんな吉野だからこそ「真面目に遊ぶ」という素敵な言葉が出てくるんだなーと妙に納得してしました。

吉野と話してみたい方、ぜひ、バカンに遊びにいらしてください。そのほかの職種をご希望の方も、話を聞きに行きたいボタンを押してくださいね。

株式会社 VACAN
大石かおり

☆ サービスの詳細お問い合わせは contact@vacancorp.com までご連絡くださいませ。

株式会社バカン's job postings
Anonymous
Anonymous
Anonymous
Bd3b0dc4 dac0 4b6d 9b24 5e5ba0efc88f?1536881672
Anonymous
Picture?height=40&width=40
21 Likes
Anonymous
Anonymous
Anonymous
Bd3b0dc4 dac0 4b6d 9b24 5e5ba0efc88f?1536881672
Anonymous
Picture?height=40&width=40
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon