Web × リアルサービスのマーケティングをやってみて驚いたこと

この記事はWHITEPLUS Advent Calendar 2017、20日目になります。

こんにちは。

株式会社ホワイトプラスでマーケティングを担当している、飯田です。

調子にのって書く!といったものの、何を書いたらよいかけっこう迷いました。

僕はヒップホップが好きで、趣味でラップをしているので、最初は「ヒップホップマーケティング」というテーマで記事を書こうかと思っていました。

ラップをしながらマーケティングの説明をするというやつです。

最初はそれで考えていたのですが、僕の内側からほとんどラップが出てきませんでした。すいません。

ダジャレみたいなリリックしか出てきませんでした。

なので、一旦真面目に書きますね!

この記事では、そんな僕がWeb × リアルのホワイトプラスのマーケティングをやってみて、驚いたことを紹介したいと思います。

Web × リアルのサービスに関心がある人に、そんな感じなんだーと思ってもらえるといいなと思います。

簡単な自己紹介

僕は今、新卒2年目です。

学生のときは、webサービスのベンチャーのインターンでデジタルマーケ的なことをやっていて、広告運用をしたり、Google Analyticsを見ながらサイト改善をやったりしていました。

ホワイトプラスに入ってからは、初めからマーケに所属しました。

入社前のインターンの時に、すでにけっこう費用を使ってFacebook広告の運用とかをしていて、入り口からハードだった記憶があります。

とにかくなんでもやらせていただいて、かなり幅広く経験できたと思います。

今まで僕のやっていた仕事はこんな感じです。

  • Facebook広告の運用
  • アフィリエイト広告の運用
  • リスティング広告の運用
  • ディスプレイ広告の運用
  • LPのCVR改善
  • CRMのメールキャンペーン
  • リピート促進施策
  • アプリのリニューアル
  • アパレル企業様との共同キャンペーン
  • シミ抜き品質改善

マーケティンググループとしてやっていることは、SEO以外一通り一回経験したといってもいいかもしれません。

さらにマーケティンググループらしからぬこともやっていたりします。

今は新規ユーザー獲得とその後のリピート促進を全体的にやっています。

Web × リアルサービスのマーケティングをやってみて驚いたこと

ここから、いくつかWeb × リアルのサービスならではなのかなと感じたことを書いていきます。けっこう当たり前のことも多いんですが、個人的には驚いたのと、そこに難しさとやりがいを感じたので、少しだけご紹介します。

注文が入れば入るだけよい!ではない!

普通は注文が入れば入るだけよいですよね。

ところが、リネットはクリーニングサービスなので、実際に工場でクリーニングを行わないといけません。

当然、工場は無限にクリーニングを処理できないので、注文を受け付けられる上限数が決まっています。

そこをうまくコントロールしながらマーケティングを行わなければいけません。

ここはWebのみで完結するサービスとのかなり大きな違いです。

デジタルマーケだけが販促ではない!

Webサービスであれば、デジタル広告やSEOはメインの集客経路であることが多いのではないでしょうか。

リネットのマーケティングも、もちろんそこは大事です。

しかし、みなさんはクリーニングをするときにネットで検索されますか?

街を歩いていて、自然に見かけることが多いのではないかと思います。

クリーニングのニーズのある顕在顧客は、Web上には多くいません。何かしらの形で、オフラインでの接点も活用していく必要があります。

そこで、「リネットキット」というパッケージ型商品を開発し、実際に店頭で置いてもらえるようなものを作成しました。

広告の運用しかやったことのなかった僕にとって、こういう手段もあるのかという驚きがありました。

データが取りづらい!

Webサービスであれば、サイト上でのユーザーの行動データからわかることもいろいろあると思います。

リネットは数クリックで簡単に注文ができるので、ユーザーはほとんどサイトに滞在しません。ユーザーへの価値提供の大きな部分を、工場でのクリーニング工程が生み出しています。

しかし、工場での作業は手作業もまだまだ多く、すべてがデータで管理できているわけではありませんし、その工程をユーザーは直接体験しないのです。

ユーザーがどこに価値を感じているのか、利用データからわからないことも多いです。

そこをどのように明らかにしていくのかということが、難しいけど面白いところです。

サービスの機能追加・変更が簡単ではない!

Webサービスであれば、機能を追加・変更する際に一旦やってみて、ダメなら元に戻すことも比較的やりやすいかと思います。

リアルのサービスでは、機能を追加・変更することは必ずしも容易ではありません。機能を追加したり、変更することで、工場でのオペレーションも変わってしまいます。その影響も考えた上で実行しなければなりません。

しかし、だからこそ確実に改善していくことが競争力の源泉になります。

色々と書きましたが、難しいハードルがあるからこそ、工夫のしがいもありますし、今まで多くの企業ができなかったことをブレイクスルーするチャレンジもできます。

マーケターとしては、このような会社で仕事をするのも多くの学びがあって、楽しいと思いますよ!

リネットでのマーケティングや、僕のヒップホップマーケティングに興味のある人は、ぜひ一度遊びに来てみてください。

株式会社ホワイトプラス's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings