1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

出産直前に転職!オフィスから600km離れた島根県からリモートワーク!

こんにちは!株式会社Wizleapで採用広報をしている田原です。

先日の弊社サービスMOFFMEの紹介に続きまして、今回は、最近お子さんが生まれ、島根県からリモートで活躍している社員の向出さんのお話をお届けします!

転職を考えている方、子育てを目の前にしている方、フルリモートで働くってどんな感じだろう、と思っている方、ぜひお目通しください!

[向出裕之のプロフィール]

・数か月前にWizleapに正社員として入社

・現在、島根県からフルリモートで働く

・最近お子さんが生まれる

子どもが生まれる、という大きなイベントがあったからこそ、生活を見直すきっかけに

>子育てを控えた転職をされましたが、不安や大変さなどはありましたか?

大変さという点で言うと、保険証が使えない期間があるのはシンプルに大変でした。保険証がないと病院に簡単には行けなくなりますし、出産前というのもあって、コロナウイルスの感染対策にも敏感になっていたので、病気にならないように、という部分ではかなりシビアになっていましたね。

転職はしようと決めていたので、転職をすること自体への心配みたいのは特になかったです。むしろ、子どもが生まれるという大事な機会を目の前にしていたので、改めて生活を見直すきっかけになりました。



転職するときに大事にしたのは、環境と、人

>新しい職場を探すときに特に気にしていたことなどありますか?

妻が妊娠中なので、コロナや風邪を引くのをできるだけ避けたい、と考えていました。加えて、里帰り出産を希望していたので、地方から働きたいな、と。なので、仕事内容を第一に考えつつも、リモートで働くことへの理解があるところがあれば良いな、と思っていました。Wizleapもそのうちの一つとして見つけて話を聞いてみようと思いました。実際、この会社ではリモートで働いている方が多いですよね。

>最終的に決め手となったものはなんでしょう?

最終的には、Wizleapのビジョンに共感できたことが決め手となりました。Wizleapでは、金融リテール業界をシンプルに、という理念のもとサービスを提供しています。やっぱり保険のことって普通の人にはわかりにくい。金融リテラシーがない人やこれから学ぶ人にもわかりやすいようなサービスがあれば良いな、というのは自分の中でも思っていたところなので、Wizleapの目指すものに共感できました。

あとは、CEOの谷川さん自身に興味を持つことができたのも大きかったです。1時間の面談を2回して入社することとなりましたが、その時間だけでも谷川さんの人間性には惹かれるものがありました。





一緒に働く人と、素晴らしい関係を

>向出さんよりも10歳ほど年下のCEOの谷川さんはどんな方でしょうか?

入社しようと思えた一つの理由に谷川さんの人間性という部分がある、ということは先に述べた通りです。リモートで働くことへの理解もありましたし、これからやっていきたいことへのビジョンもしっかり持っているな、というのを入社前から感じることができました。

働き始めてからも、谷川さんのみならず、他の社員の方の人間性の良さを感じます。働き方への理解や、無駄なことでだらだら時間をかけないスピード感、といったところで信頼できる方と仕事をできている、と実感できています。そう思える相手と仕事ができるって、素晴らしい関係だと思うんですよね。




>Wizleapに少しでも興味を持っていただいた方へ

Wizleapでは、全職種募集中です。金融リテール領域の市場でチャレンジしたい方、大募集中です。

自分に合った働き方で仕事をしたい、スキルを活かしたい、という方はぜひWizleapに声をかけてください!Wizleapには様々な働き方で、自分の持つ能力を最大限活かし、成長している社員が沢山います。

元募集人の方でも、FPの方でも、金融業界未経験の方でも、お気軽にオンラインでお話ししましょう。


向出さん、インタビューありがとうございました!

「金融リテールをソフトウェアでシンプルにする」ミッションに共感した、wizleapのチームに興味を持った、Wizleapの事業に関わってみたい、という方はお気軽にオンラインでお話ししましょう!

株式会社Wizleapでは一緒に働く仲間を募集しています
36 いいね!
36 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう