【アソビューと私】変化→チャレンジ↑成長 を繰り返す

プロフィール

  • アソビュー株式会社 テックリード(フロントエンド)やってます
  • 私大学部卒。理系だったが情報系ではなく、開発は社会人から
  • 大学では音楽に打ち込み(ジャズドラム)卒業単位取得ギリギリの戦いを繰り広げた
  • 結婚5年目
  • 子供二人(♂×2)
  • 趣味は基本インドアメイン(音楽鑑賞、楽器演奏、映画、車)だが最近ボルダリングに開眼。子供もいるし徐々にアウトドアに進出したい
  • 感情の起伏は緩やか。基本にこにこ。めったに顔に出ない。たまに口が悪い
  • 痩せ型

これまで

大手SIer時代

NTT系のSIerです。

上流工程がメインのSIerだったため、ベンダーマネジメントや開発要件整理が中心。一部Javaを使ったアプリケーション開発はしていたものの、開発者としてここなら自信ある!というほどの技術領域は出来ておらず、そこで何を作りたいのかどういうエンジニアになりたいのかというイメージも湧いていなかったため、将来に向けて漠然とした危機感を覚えていました。

リクルート時代

このまま行動しないと、中途半端にしか成長できず、会社の歯車になって埋もれるのでは!という危機感から転職を決意。

自分は追い込まれたほうがトルクを発揮するタイプだというのが分かっていたため、前職とは全く真逆で、とにかく厳しくて成長できそうな環境に身を投じようということで(そういう印象の強い。実際そうだったと思います。)株式会社リクルートに入社しました。

環境を言い訳にしたりするのは良くないですが(某草◯少佐も言ってます)、個人的には自分の能力や性格を理解して、プラスに働くのであれば環境を変えるのは悪いことでは無いと思ってます。

リクルートではひょんなことから担当することになった、Webフロントエンド領域の技術に取り組むチャンスを得て、それまでは経験も知識も無かったですがのめり込んでいきました。

仕事内容としては、リクルートグループの事業会社に向けて表示速度についての改善のコンサルや計測ツールの開発と提供を行ったりしていましたが、さらにそこから発展して、フロントエンドの開発効率や品質を改善するための基盤改善コンサル活動・技術支援なども実施していました。

そういった活動をしている中で声をかけられ、リクルートライフスタイルのとある新規PJのフロントエンド横断リーダーをやることになり、今度は事業にフォーカスしたプロダクト群の開発をする大きな組織の中で、フロントエンド基盤構築、品質管理、エンジニアマネジメント、採用、チームリーダーなどなどをするという機会を得ました。

これらそれぞれの活動は常に未経験、未開拓なことが多かったのですが、やらねばならぬ状況を良いチャレンジの機会と捉えて勉強したり、周りの優秀な人達(エンジニア、非エンジニア含む)から技術力やその他のスキルを吸収して成長することができたと思います。

やりたいことは何か

ある程度事業に近いところで開発の仕事をしている中で、サービスや事業を作るということ自体への思いが日に日に強くなってきました。新卒の頃、人々の生活にインパクトを与えるような仕事をしたいという気持ちが実は有ったことも思い出されます。

新卒のころ、一回目の転職の頃とは違い、それなりに知識、能力がついて、Webサービスやそれを取り巻くビジネス環境、自分の技術レベルなどについても理解が深まりマッピングできるようになったこのタイミングで、今一度本当にやりたいことを振り返りました。

自分がエンジニアとして何を作りたいのか、どういうチャレンジをしてどう成長したいのか、どういう場であればそれができるか、などを考えて色々な会社の話を聞いた中で下記のようなポイントが見出されてきました。

  • 世の中に、人々の生活にインパクトを与えるサービスを作っている
  • サービスや事業、会社自体の成長と自分の成長が合致しそうなフェーズにある
  • 作ろうとしている世界観やサービス、プロダクトに共感できて好きになれる
  • 自分のやったこと、作ったものの影響が良くも悪くもダイレクトに見える

それらを突き詰めると、今まさに成長期にあり(今この瞬間は)それほど大きくは無い(がこれから大きく成長するであろう)ベンチャーに自然とターゲットが絞られてきました。



これから

アソビュー株式会社にて

そういった思いを元にいくつかの会社を見た中で、上記ポイントに最も合致し、最もチャレンジングな環境に置けそうであった、アソビュー株式会社へ入社しました。

フロントエンドのテックリードという役割でやらせていただいてますが、そもそも入社時点ではフロントエンド専任は私しかいませんでした。(前任者の退職などにより。積極採用によって今は増えてきました!)にも関わらず、事業の成長にともなって多くのプロダクトの改修、新規開発など目白押しで手は足りないし、開発基盤もまだまだ整っていないという状況。⇒やりがいと伸びしろならいくらでもある!

そんな中で今はサービス、プロダクトをグロースするための機能や施策を考えて実装したり、新規プロダクト開発においてユーザーストーリー、UI/UX検討から仲間と喧々諤々議論したり、はたまた中長期的な組織拡大のためのエンジニア採用やそれに備えた開発基盤の構築、整備、エンジニア教育をやったり、PWAの実験や、lambdaを活用して表示速度計測ツール作って社内公開したり。。(この辺は半分趣味)などなど。

とにかく色々なことをやっており、これまでの経験や知識を活かしつつもそれだけでは足りず、新しいことも貪欲に学んで成長しなければならない、本当に環境は願ったり叶ったりで、何よりエキサイティングで楽しいです。

これからも、この環境をフルに活用して、変化を楽しみながらも技術、事業、組織のそれぞれの面でチャレンジを繰り返し、最高にいいプロダクト、いいサービス、体験を世の中に送り届ける。また、それらを通して自分を成長させるということももちろん意識ながら、がむしゃらに邁進していきたいです。


エンジニアのみんなと、社内アソビュー*で陶芸体験にチャレンジ!

*「社内アソビュー」の詳細はこちら!

アソビュー株式会社's job postings
45 Likes
45 Likes

Weekly ranking

Show other rankings