1
/
5

英語漬けの学童保育で目指すは、頼れる先生!

こんにちは!採用担当シミズです。

本日は、19新卒の皆が取材をして、社内メンバーの情報をアップしています。第12弾です!今回はKidsDuoでバイリンガルスタッフとして活躍している社員をインタビューしております。


英語の学童保育「Kids Duo」(キッズデュオ)とは・・・

英語漬けの環境で、自然に身につく英語力。
自立的な成長を促し、グローバル人材の礎を築く。

英語漬けの環境で子どもたちをお預かりする、新しい学童保育Kids Duo(キッズデュオ) 。長時間にわたり英語環境で過ごすことで、自然に英語が身につきます。知育を取り入れた多彩なプログラムの中から、子どもたち自身が自分でやりたいことを選択することで自主性を養うとともに、多学年・多人数の環境の中で社会性や協調性、コミュニケーション力を磨きます。外国と日本の文化のそれぞれ良い部分を取り入れ、真の国際感覚を持った人間育成を目指しています。







【プロフィール】

Teacher Yuriko

やる気スイッチグループが運営する英語の学童保育「Kids Duo」(キッズデュオ)。 18新卒入社★Kids Duo東高円寺スクールにて、バイリンガルスタッフとして活躍中!

身近にあったKids Duo

本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!

まず、入社の動機やきっかけについてお伺いしたいのですが、Teacher Yuriko は初めから英語教育に興味をお持ちでしたか?

最終的には教員になりたいというのは決まっていました。ただ学校以外の社会を知らないで教員になるより、1回企業で働きたいとも思っていました。

そんな時に身近にあったのが、Kids Duoでした。大学の近くにスクールがあり、またKids Duoでアルバイトをしている友達もいました。就職活動のイベントに参加した際に、やる気スイッチグループのブースを遠目に見て、受けてみようと思ったのが最初の動機ですね。

ありがとうございます。私も教職課程をとりながら就職活動をしていた身なので、「学校以外の社会を知りたい」という点は共感できます!


リードとアシストの2つの役割

具体的な仕事内容についての質問なのですが、1日の仕事の流れはどのようなものなのでしょうか?

社員のシフトは基本的には12時から20時までです。授業は14時30分からなんですが、13時過ぎぐらいから子どもたちが来る曜日もあるので、その時は教材の準備などをしつつ、子どもたちと一緒に遊んでいます。

授業が始まる14時30分からは、私たちはリードとアシストという役割に分かれて授業をします。リードの先生が子どもたちの前に立って子どもたちを引っ張っていく役割で、アシストの先生が後ろに立ってリードの先生のアシストをする役割です。

例えば、ちゃんと座っていない子がいたら、“Sit nicely please”と注意をするなどしてリードの先生をアシストします。

クラス別で行う、多岐に渡るプログラム

またKids Duoはelementary(小学生)のクラスとkindy(幼稚園)のクラスに分かれています。スクールによって1日の間に両方のクラスを担当することもあれば、この東高円寺スクールのように1日ずっと同じクラスの担当ということもあります。それぞれのクラスで実際に行っているプログラムは、説明し出すと切りがないのですが、大まかに1stプログラムと2ndプログラムに分かれています。

例えばelementaryの場合、1stプログラムではクラフトやパターンブロックス(ブロックで図形を作る遊び)を行い、2ndプログラムではレベル別で、科学の実験をしたり、読み書きのワークシートに取組んだり、フォニックスを学んでいます。


ありがとうございます。今の質問と関連しているのですが、ハロウィンやクリスマスなどのイベントがある際は、プログラムは通常とは異なるのですか?

ハロウィンの際は、1stプログラムがハロウィン仕様になります。事前に私たちの元に教務部(本部)からいくつかのプログラムの案が送られてきて、その中から良いなと思ったものを選択していきます。

またそれとは別に、ハロウィンパーティーというものもあります。その時は全く別のスケジュールで、子どもたちと一緒に仮装やハロウィン関連のクラフトなどをしていきます。

その他だとハロウィン関連ではないんですが、長期休みの季節になるとシーズナルスクールがあります。シーズナルスクールは長期休みで子どもたちの学校がお休みになるので、午前中から子どもたちをお預かりしています。その時は、スプリングスクール、サマースクール、ウィンタースクールなどと言ったまた別のプログラムがあります。


子どもたちの成長を間近で感じられる仕事

Kids Duoで働いているからこそ感じられたと思う仕事のやりがいはありますか。

そうですね、英語だけで過ごすというのがKids Duoでは1番大きいと思っています。

最初英語で話しかけると「わかんない、わかんない」と言っていた子どもたちが、今では「Next week Halloween party」みたいな形で知っている単語を並べながら英語を堂々と話していて、その姿を見ていると子どもたちの成長を実感します。それが今の私にとってのやりがいですかね。子ども達の努力で短い間で英語の力がどんどん伸びていくのを見られることが嬉しいです


誰かのやる気スイッチを押せたのではないかと感じた瞬間はありますか。

そうですね、初めは泣いてばかりでKids Duoに来るのを嫌がっていた子が今は楽しそうに通ってくれている姿を見ると、「あの時に諦めずに関わっていて良かったな」と感じます。

ただKids Duoはティームティーチングで、先生たち皆で教えていくので、私だけが何か特別なことをしたということはありません。先生同士でバトンを繋いで、皆で押し続けたやる気スイッチです

スクールの発展に貢献し、頼れる先生に

最後の質問になるのですが、Teacher Yuriko が今後目指す姿はどのようなものですか?

私の姿ではないかもしれないですが、今私のいる東高円寺スクールは生徒数が少ないんですね。なので、子どもたちが体験に来た際には、私のリードやアシストを通してその子どもたちが楽しめるような環境を作っていきたいと考えています。そうすることで、スクール自体も大きくなり、子どもたちもいろんな子たちと関わることができると思います。

また自分の力量に関しても、私はまだ入社したばかりでこれまで先輩の先生方に頼って来たところがあるので、誰かが入社してきた時には今後は自分が頼れる先生でいたいです。あとKids Duoでは他のスクールにヘルプに行く時があるのですが、私はまだそれもやったことがないので、どこに行っても上手く子どもたちと関わっていけるような先生を目指していきたいですね。

インタビューは以上です!Teacher Yuriko、ありがとうございました!





19新卒Presents!#12 取材担当:水本 百合

19新卒が「やる気スイッチグループ」の社員へ体当たりで取材を実施!内定者から見たリアルな姿をご紹介いたしました!

株式会社やる気スイッチグループでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング