株式会社リブ

LiBz Members

Trending
Trending Posts

選択が人生をつくると気づいた偏差値30の私。生きるためだけに働くことは嫌だった自分が選んだ「選択肢をつくる環境」

私は昔から、「みんながやっているから」という理由だけでは努力できない子でした。常に「自分なりの目的」がないとうまく走れなくて、向上心や競争心を原動力に成長していく生き方とは無縁でした。 そんな私...

食べられない寝られない勝手に涙が出る。そんな絶望を乗り越えて、いま僕が仕事をする意味。

これまでのキャリアの明るめな側面 中学はバスケットボールで県選抜候補選手、高校では部員数100名を超す強豪野球部に入部。甲子園に出れませんでしたが、最後の夏の大会にはレギュラーとして試合に出場で...

特別ではない自分だからできる、泣いても悩んでも楽しいと感じられる仕事やキャリアと向き合うメディア創り

「夫が倒れた時にも、家庭を支えられる経済力を身に付けたい」 私は新卒の時に大手人材企業の代理店に営業職で入社しました。 営業職を選んだのは、昔からなぜか「結婚して、夫が倒れた時にも家庭を支えられ...

「最悪の場合、母子ともに危険」。順調だった社会人10年目に訪れた転機と、今後のキャリアで大事にしたいこと

社会人生活10年を終えたタイミングで、LiBへ 僕は福岡で生まれ、高校卒業までの18年間を福岡で過ごしました。そして、大学を卒業した2006年4月にNECに入社。NECで法人営業を2年間経験した...

リリース時点がスタート地点。徹底的に数値にこだわる、事業を伸ばすためのサービスエンジニアとしての組織作りの方法

徹底された「数値で判断」される仕事から学んだ、事業を伸ばすためのエンジニアの在り方 新卒時には内田洋行という会社に入社し、LEDの制御や画像圧縮・ディスプレードライバーなど、いろいろな開発をして...

Latest
Latest Posts

「誰でも出来る仕事」に私の経験をプラスしたら「私の仕事」になった経理担当のハナシ。

はじめまして。株式会社リブの堀江と申します。 時短勤務社員として、リブの経理業務を担当しています。 世の中には「誰にでも出来る」とか「替えがきく」と表現される仕事があります。 これは、そう表現される仕事についた私が、「これが私の仕事です」と言えるようになるまでのお話です。 ー新卒時代に感じた働く喜び、そして悩みー...

富士通の営業だった私が感じた、人と企業を繋げるリブの法人営業の魅力

富士通の営業→リブにジョイン 富士通の営業から、2017年にリブへ入社し、現在は法人営業の担当をしています。何故リブに入社をし、今どのような仕事をしているのか、今までの私のお話と株式会社リブについてお話します。 バトミントンから学んだ「責任感」と「めげない力」 遡ると中学から大学まで一貫の私立学校に入り、学生時代...

専業主婦歴10年は生きるための自信。時短でも手に入れられる、会社に貢献することの満足感と生産性を高める秘訣

子供たちのそばにいると決めた10年間 私はしばらくの間、子育てのために専業主婦をしていました。子供を保育園に預けて働くことも一度は検討したのですが、近所の園はすでに待機状態で、「空きがでたとして...

相手の予想を少しだけ裏切る。ピンチの場面で仲間を守る。些細なことから生まれる信頼。これまでのそんな経験を総動員して育てたい新しいメディア

スパイスは“ほんの少しの裏切り” 大学では「マスメディアの法と倫理」を研究するゼミに所属し、ひらすらディベートを行っていました。例えば「おバカブームに賛成か反対か」(当時はおバカブームの全盛期で...

「最悪の場合、母子ともに危険」。順調だった社会人10年目に訪れた転機と、今後のキャリアで大事にしたいこと

社会人生活10年を終えたタイミングで、LiBへ 僕は福岡で生まれ、高校卒業までの18年間を福岡で過ごしました。そして、大学を卒業した2006年4月にNECに入社。NECで法人営業を2年間経験した...

リリース時点がスタート地点。徹底的に数値にこだわる、事業を伸ばすためのサービスエンジニアとしての組織作りの方法

徹底された「数値で判断」される仕事から学んだ、事業を伸ばすためのエンジニアの在り方 新卒時には内田洋行という会社に入社し、LEDの制御や画像圧縮・ディスプレードライバーなど、いろいろな開発をして...

5年間のキャリアブランク、家族の大反対からスタートした正社員への道。成し遂げたい事業テーマに出会えた私のチャンスを掴む方法

道がないなら私が作る。悩めるママさんに、キャリアの選択肢を持ってほしい。 5年もの離職期間の後、縁あって参画したLiBプロジェクトにかかわって早3年。アルバイト、業務委託、契約社員、正社員と少し...

食べられない寝られない勝手に涙が出る。そんな絶望を乗り越えて、いま僕が仕事をする意味。

これまでのキャリアの明るめな側面 中学はバスケットボールで県選抜候補選手、高校では部員数100名を超す強豪野球部に入部。甲子園に出れませんでしたが、最後の夏の大会にはレギュラーとして試合に出場で...

選択が人生をつくると気づいた偏差値30の私。生きるためだけに働くことは嫌だった自分が選んだ「選択肢をつくる環境」

私は昔から、「みんながやっているから」という理由だけでは努力できない子でした。常に「自分なりの目的」がないとうまく走れなくて、向上心や競争心を原動力に成長していく生き方とは無縁でした。 そんな私...

弁護士の道を捨てても進みたかった「事業づくり」の舞台。焦りの中から導き出した4つの価値観とは

今後どういうことをしていきたいか 「夢中になれる何か」を探して焦り続けていた学部時代 私は高校生の頃から哲学に興味を持っていて、「神さまは本当にいるのか?」というようなことを考えてはノートにまと...

特別ではない自分だからできる、泣いても悩んでも楽しいと感じられる仕事やキャリアと向き合うメディア創り

「夫が倒れた時にも、家庭を支えられる経済力を身に付けたい」 私は新卒の時に大手人材企業の代理店に営業職で入社しました。 営業職を選んだのは、昔からなぜか「結婚して、夫が倒れた時にも家庭を支えられ...

絶望的に自信がない私でもできた未来を創る方法。「誰でもできて誰もやりたがらない仕事」の積み重ねと少しの勇気

「明日死ぬかもしれないなら、好きなことをやりたい。」私が憧れだったリブに入社したきっかけ 両親の勧めで情報学部へ進学し、大学ではプログラミングや経営学などを学びました。その後、就職活動の面接でま...

ボードメンバーのポジションを捨てゼロから学びたい。そう思わせたリブが大切にする“コトに向かう”力とは

順調すぎる出世のなかで生まれた、出口の見えない「焦燥感」 「自分の能力が役職に見合っていない気がする。」 前職では退職前の1年間、ずっとこんなモヤモヤを抱えていました。 社内での評価が上がり、そ...

企画立案から効果検証まで!サービスを「創る」だけではなく「成長させる」エンジニアの仕事とは

「サービス」だけでなく、「組織」の成長にも関わりたい 事業会社を退職後、就職するかフリーランスになるかを悩んでいる時に、CTOの米山と社外取締役の堀内が登壇したエンジニアイベントに参加したのがリ...

web業界未経験デザイナーが楽しみながらウェブメディアを創りつづけられる理由

紙媒体からweb業界への転職 前職は広告代理店でデザイナーとして提案、企画、制作をしていました。デザイナーといってもwebではなく、紙媒体です。平面から立体まで幅広いデザインに携わっていましたが...

Followers
Posts
23
Likes
406
About
LiBz Members
「生きるをもっとポジティブに」このVISIONを軸に、<多様な働き方のプラットフォーム創り>と<ライフキャリア支援事業>に挑戦しています!❖ キャリア女性のための会員制転職サービス『LiBzCAREER』❖ 女性によりそう転職エージェント『LiBzPARTNERS』❖ 働く...
Writers