Takara Hamaguchi

株式会社サイバーエージェント / AIオペレーション室・ソフトウェアエンジニア東京都世田谷区

Takara Hamaguchi

株式会社サイバーエージェント / AIオペレーション室・ソフトウェアエンジニア

わくわくを全世界の誰もが体験できるような世界を作りたい

「わくわくを全世界の誰もが体験できるような世界」を作るために、日々誰かに活用してもらえるシステムを開発しています。

  • Teamsの課題情報APIの開発

    MS Teams(学校用)にて配布される課題の情報を提供するAPIの開発を行いました。学生アカウントではMicrosoft Graph APIを使用できず、公式に課題情報を取得できないため、課題情報スクレイピングライブラリdevoirs-coreを使用してAPIを自作しました。devoirs-core内部で呼び出すChromiumの最適化や、課題情報のキャッシュ化などを行い、APIサーバーが高負荷にならないように工夫しました。 〈開発人数〉 1人(私) 〈私の担当〉 全ての実装 〈使用技術〉 バックエンド: TypeScript / Express / devoirs-core / Firebase / TypeScript / App Engine ツール: Git / GitHub

  • 視覚障がい者セーリング支援アプリの開発・運用

    視覚障がいをお持ちの方がセーリング(ヨット競技)を行うのを支援するスマートフォンアプリを開発しました。競技中、指定されたマークまでヨットで向かうとき、音声で方向ナビゲーションを行うことで、走行を支援します。マークは風や波の影響で位置が変わるため、最新の位置情報をリアルタイムに選手スマートフォンに送信します。実際に大会で使用していただき、競技をサポートすることができました。 〈開発人数〉 7名 - 実装: 1人(私) - プロジェクト管理: 1人 - テスト: 他の方(6名) 〈私の担当〉 全ての実装 〈使用技術〉 モバイルアプリ(Android): Dart / Flutter / Riverpod / Firebase Crashlytics フロントエンド(Webアプリ): TypeScript / Next.js(React) / Tailwind CSS / Cloudflare Pages バックエンド: Go / Gorilla WebSocket / Gin / Cloud Run / BigQuery ツール: Git / GitHub / Figma 〈意識していること〉 ・説明書を見なくても使用できるデザイン設計(トップページからワンクリックで操作完了できるように) ・ネットワークが途絶えても、レースを続行できるような実装 〈学んだこと〉 ・早期にプロトタイプを作り、現地テストを行うべき ・使用者(視覚障がい者)と積極的に意見交流すべき ・急な仕様変更に備えて、シンプルな実装を心掛けるべき

この先やってみたいこと

未来

業種の指定はありませんが、多くの人に使用されるアプリのフロントエンドまたはバックエンドを実装してみたいです。

株式会社サイバーエージェントの会社情報

株式会社サイバーエージェント2 months

AIオペレーション室・ソフトウェアエンジニア現在

- 現在

鳥羽商船高等専門学校5 years

情報機械システム工学科

-

株式会社ithink3 years

業務委託

-

こどもプログラミング教室 株式会社ithinkで週数回授業を行っていました。

株式会社サイバーエージェントの会社情報

株式会社サイバーエージェント2 months

AI事業本部・内定者アルバイト(バックエンド)

-

GoやSQLの知識を活かし、実務の環境でシステムの機能改善や機能追加を行いました。 実務のチーム開発に必要な技術やコミュニケーションを学びました。

株式会社FIXERの会社情報

株式会社FIXER

2weeksインターンシップ

クラウド技術を活用したシステム開発 ~課題解決型実践開発(企画→提案→開発→実装)~ 主に実装担当として、アナログ規制に対応するシステムを開発しました。 期間が短いプロジェクトでも、設計を行う大切さを学びました。



言語

  • Japanese - Native

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう