Kentaro F. Kuwata

FarmX / Imaging Scientist

Kentaro F. Kuwata

FarmX / Imaging Scientist

東京

Kentaro F. Kuwata

FarmX / Imaging Scientist

あなたも Wantedly で
プロフィールを作りませんか?

これまでの経歴を、あなたの想いや挑戦とともに表現しよう。

いますぐ作る

Improving myself consistently

シリコンバレーのスタートアップ、FarmXのソフトウェアエンジニア。

未来

この先やってみたいこと

未来

データ分析を極め、ビジネスに活かしたい。 これまで、衛星画像、気象データ、統計データなどを扱ってきた。 その他のデータを分析する能力を習得したい。 そして、その技術やノウハウを世界中に展開できるビジネスに取り組みたい。

2016年10月
-
現在
FarmX

FarmX

5 years

Imaging Scientist
現在

2016年10月 -

現在

・衛星データなどの分析 ・データプラットフォームの構築

2011年4月
-
現在
pasco

pasco

11 years

2011年4月 -

現在

2016年10月

東京大学大学院

工学系研究科社会基盤学専攻

2016年10月

後期博士課程において工学博士の学位を取得。 衛星データや気象データなどを深層学習で米国とうもろこしを推定し、農業保険の開発に取り組んだ。

空間情報を活用した農業向け インデックス型保険ビジネス

2010 ACRS, Best Paper Award

2011年4月
-
2013年10月
株式会社パスコ

株式会社パスコ

3 years

一般社員

2011年4月 - 2013年10月

・衛星画像を用いた、農業や防災コンサルティング ・自治体向けの衛星画像の販売業務 ・海外の衛星インフラ利活用の調査業務 ・中東での日本の小型衛星インフラシステム輸出可能調査業務

2011年3月

東京大学

社会文化環境学専攻

2011年3月

衛星画像と作物シュミレーションモデルを活用した、穀物収量の推定 ・衛星画像の大量処理 ・GISを活用した地理空間データの解析

2009年3月

筑波大学

生物資源学類

2009年3月

【研究内容】 衛星で推定した光合成有効放射量の水稲収量予測への有用性  衛星画像から日射量を推定し、水稲収量の関係性について分析した。  従来、水稲収量の推定にはアメダスの日射量を用いられてきた。  しかし、アメダスは観測間隔がまばらのため、推定精度に課題があった。

2005年

Ardsley High School

2005年


スキルと特徴

Python

0

Git

0

PostgreSQL

0

PostGIS

0

Scala

0

Publications

空間情報を活用した農業向け インデックス型保険ビジネス

Awards and Certifications

2010 ACRS, Best Paper Award

アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう