350万人が利用する会社訪問アプリ

Fumihiro Naganuma

国立大学法人東北大学 / 特任准教授(客員)/ コミュニケーションアドバイザー東京都 新宿区

Fumihiro Naganuma

国立大学法人東北大学 / 特任准教授(客員)/ コミュニケーションアドバイザー

すぐやる必ずやるできるまでやる

大手製造メーカーでの広報担当や五輪メダリストのマネージャー業等を経て2015年からアステリアに参画。テレワーク、LGBT、FinTechなど旬の話題に絡めた「お茶の間にもリーチするPR活動」を展開中。東京五輪に向けて創設した「働き方デザイン委員会」では委員長を務め首都圏における通勤ラッシュなどの交通混雑緩和に向けた活動にも注力。2017年1月に開講した「広報勉強会@イフラボ」の主催者でフォロワー約1,500名のコミュニティ

この先やってみたいこと

未来

ソフトウェア開発企業なので、社会に対して新たな価値観を提案したり、新たな需要を喚起できるような広報やマーケティング活動に注力しています。最近のメインテーマはニューノーマル(新常態)、ブロックチェーン、エッジコンピューティングなど。先端テクノロジーや社会課題と絡めた注目度の高い話題発信を通じて、沢山の潜在的なユーザーとの出会いができればと思っています。

国立大学法人東北大学1 year

特任准教授(客員)/ コミュニケーションアドバイザー(Side)現在

- 現在

認定特定非営利活動法人 アースウォッチ・ジャパン3 years

理事現在

- 現在

ネイチャーポジティブな社会啓発を推進する団体の理事。広報担当としても活動中。

広報勉強会@イフラボ7 years

主催者(講師)現在

- 現在

「お茶の間にもリーチする露出戦略から逆算した広報活動」をテーマに掲げる広報勉強会(フォロワー数:約1,200名)です。『攻めの広報』から謝罪会見などの『守りの広報』まで1年間のカリキュラムを通じてプロの広報担当として必要な知識が学べます。四半期ごとに参加メンバーによる成果報告会も開催。また、メンバー限定の『オンラインサロン』では日々の報道から

(一社)ブロックチェーン推進協会:BCCC8 years

事務局長現在

- 現在

ブロックチェーン推進協会(BCCC)は、ブロックチェーン技術の幅広い普及推進を行う団体です。ブロックチェーンの最新情報や基礎知識の取得技術者や企画者の育成、ネットワークの形成意欲的な実証実験や実装の実施ブロックチェーン関連のビジネスを広く市場に告知しブロックチェーンの様々なビジネスへの普及を推進しています。

アステリア株式会社9 years

執行役員・コミュニケーション本部長現在

- 現在

コミュニケーション本部長

広報IR、コーポレートブランディング、BizDev等の責任者

広報・IR室長

YKK AP3 years

住宅・ビル建材メーカーの広報担当

-

YKK2 years

ファスナーメーカーの広報担当

-

日本電産サンキョー6 years

電機部品メーカーの広報・IR担当。スポーツアスリートのマネジメント。

-

アイシーエス5 years

ITサービス企業、人事労務担当

-

企業からスカウトをもらいましょう