Haruka Kishimoto

株式会社雨風太陽 / 法人営業部門 企画推進部東京

Haruka Kishimoto

株式会社雨風太陽 / 法人営業部門 企画推進部

農から暮らしを良いものにしたい

東大農学部でフェアトレードを計量経済学的手法で評価する研究→大学院で玉野井芳郎の「生命系の経済」に関する事例研究→農学修士 在学中からインターンで(株)雨風太陽PR部のコンテンツ制作→現在は法人営業部門企画推進部で行政案件のディレクション

この先やってみたいこと

未来

・「生命系の経済」についてもっと考えを深めること ・「生命系の経済」を目指す実践を行うこと

株式会社雨風太陽の会社情報

株式会社雨風太陽3 years

法人営業部門 企画推進部現在

- 現在

法人営業部門では、会社のサービスやその知見を活かした行政・企業との連携事業を行っている。私は県・市町村の受託案件のディレクションを主に担当した。一部、企画提案や入札などの営業の領域や、登壇や執筆など案件実施の中身も担当した。

PR部(Intern)

大学・大学院で培ってきた食や農に関する専門的知識や経験を活かしつつ、会社のミッション・ビジョンを広く発信するためのコンテンツ制作等を主に担当した。

東京大学大学院2 years

農学生命科学研究科農学国際専攻

-

学部生の頃から引き続き、生産と消費の距離を近づけることで社会はよくなっていくと考えていたが、大学院ではその理論的背景となるものに出会った。それが経済学者玉野井芳郎の「生命系の経済」だった。

東京大学4 years

環境資源科学課程 国際開発農学専修

-

進学当初は、どうすれば肥沃でない土地で作物が育つようになるか、途上国で生産性を高められるかといった、「途上国」の「生産」について考えていた。しかし、勉強していく中で、もともと自給用作物を作っていた土地で輸出用作物を作ることになり、それが環境・労働問題を引き起こしていたり、そうして作られた食べ物が輸出先の先進国では一部捨てられてしまっている

教養学部前期課程 理科二類

東大では3年生から各専門の学部に分かれる。私は国際協力に漠然と興味があったが、医療や教育などアプローチは多様なので、途上国に行ったり様々な授業に出ながら学部決めることとした。

京都市立堀川高等学校3 years

自然探究科

-

堀川高校は、今では耳にすることが多くなった「探究学習」を先駆けて行っていた。当時の私は、探究学習は自分はおそらく苦手だろうが、その力は養っておいた方がいいのではないかと漠然と感じ、入学した。


アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう